プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    先手必勝

     涼しくなってきたら風邪をひいてしまったようで、久しぶりに病院へ行ってきました。
     といっても自分の勤務先ですが、風邪を口実に、風邪薬のみならず、ヘルペスの薬やクラリティンも。風邪が口実だと内科を受診できるので、皮膚科に対して偏見のある私としては、内科をつい、好んでしまいます。
     ヘルペスは出たりでなかったり、で、やっぱり常備薬は持っていないと、と思って。

     病院は緊張しますね。
     親しい医師の診察だったら良いのですが、今の病院は医師とともに仕事をする事がないので、全く他の患者さんたちと同様に見てもらいました。
     私の場合、「この薬がほしい」というはっきりとした目的を持っているので、希望通りにしてもらえるか、が、すごく気にかかって神経質になってしまいます。
     基本的に、すごく医療不信なのだと思います。
     日本の病院で、納得できる診察・治療をしてもらった、という記憶がほとんどないせいもあるかも。
     医師と、一触即発になりそうになった事も何度かあります。
     そのためか、自然と身構えて診察に臨んでしまうのです。そうすると、医師と看護師って、すごく高い壁に見えるものですね。

     ヘルペスの薬はアシクロビルを希望したのですが、取り扱いが既になく、バルトレックスに切り替わっている、という事なので、バルトレックスにしました。
     バルトレックスはアシクロビルの「プロドラッグ」と呼ばれるものです。
     アシクロビルよりも量が少なくて、よく効く、と言われています。問題なさそうなので、私も飲んでみました。
     確かに、アシクロビルよりもよく効く気がします。スパッと症状がなくなる、というか。
     でも、日本の情報ではちょっと不安なので、一応今、安全性に対してAAJの明石さんに質問しています。

     でも今のヘルペスの症状は、早めに抑えているので皮膚に症状は全くありません。自分でいつも出る右の脇腹がピリピリしたり、過敏になったりするのが分かるので、そのタイミングで薬を飲んでいますが、薬が切れると症状が現れたりするので、しばらくは継続して飲んだ方が良さそうです。
     ちょっとびっくりしたのは、今回受診した医師にも、
    「しばらく飲んだ方がいいかもね」
    と、さらっと言われた事です。
     早期に薬を飲む、長く飲み続けても構わない、そういう知識がやっと普及してきたのかな、なんて思いました。
     薬は少なければ少ないほど良い、という考え方も、徐々に改められてきているのかもなぁ、なんて思いました。比較的、若い医師の診察だったのも良かったのかもしれません。

     病気は先手必勝な事も少なくありません。
     単純に風邪だけをとっても、一昨年、夫が風邪をひいて吐き気を我慢していたら、あっという間に脱水症状を起こしてしまい、介助なしでは歩けなくなってしまった事がありました。「吐き気」は、早目に薬を飲んで抑え、十分な水分補給が大事なのです。吐き気による脱水を起こしてしまうと、もう点滴をしないとダメだし、内服薬も全て吐いてしまうので、坐薬、もしくは点滴による投薬をしないとダメです。他の症状も出てきてしまうし、薬も他に必要になってしまいます。治すのにも時間がかかり、かえって体に負担です。
     風邪もよく休む事が基本ですが、私は酷くなる前に、寝る前に鎮痛剤と睡眠薬を飲む事をします。風邪による熱は、決して悪いものではなく、むしろ体内の菌を殺すのに役に立つと言われていますが、私は免疫力が低いせいか、発熱する力が弱く、微熱程度しか出ません。菌を殺せないのに我慢していても役に立たないし、体がしんどくて夜ゆっくり眠れない方が却って免疫に良くない、という気がしているので、独自のやり方ですが、痛み止めを飲んで体を楽にしてしまい、睡眠薬で強制的に熟睡する、という方法の方が、うまく治ります。
     結果として、鎮痛剤と睡眠薬1錠づつで済み、あれこれ飲まなくても済んでしまいます。

     ドクターマセソンの方法も、とにかく早め、早めの対処、薬の我慢はダメ、という指示です。これは理にかなっています。
     今思えば、アトピーの場合は自分でアトピーとわかるので、様子を見る事はあまり意味がなかったなぁ、と思います。
     日本の場合は、医療の現場でも「様子見」という言葉がよく使われるし、政治の世界でも同じで、対応が後手後手ですよね。「様子見」が好きなのは、一種国民性なのかしら。そのせいで、「西洋薬絶対悪」「自然治癒力」という言葉が好まれるのかもしれません。食事も「医食同源」の考え方があるから、「食事で治せる」という考え方がよくなじんで、アトピーを我慢するのでしょう。
     でも、違う考え方も受け容れてもいいと思います。世界はグローバル化しているのだし。
     ちなみに、医師不足問題。外国人医師の導入はダメなのでしょうか?どこの国籍の医師でも、優秀な医師なら問題ないと思うし、言葉も通訳をつければ良いのでは?と、思います。古い知識でヨロヨロ診察されるより、グローバルな視野を持ち、確かな知識を持った医師の方を私は選びます。優れた医師は洞察力も優れているので、言葉の問題は減るように思います。日本人のブランクの長い医師を高給で掘り起こすより、通訳をつけてでも現役の優秀な外国人医師を雇った方が、患者にとっても恩恵が大きく、かつ、安上がりなんじゃない?なんて思います。
     ドクターマセソンももドクターベイカーも外国人だったけど、全然問題なく良い医療を施してくれたし、漢方薬を使っていた時も中国人の医師だったし。イギリスでも一度、イギリス人の医師にかかった事があったけれど、問題はなかったです。
     ロンドンの中華街で見てもらった最初の中国人医師なんて、英語は本当に片言だったけれど、最初からピタッと処方を当ててきました。
     
     考えを新しくしていくのは、メリットもたくさんあると思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
    スポンサーサイト

    COMMENT

    脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・

    はじめまして・・お願いします!自分のブログも見続けてやって下さい・自分は静岡県駿東郡在 住 先月40歳になりました。現在は建築現場監督休業してますが・18歳時、大学入学前に交通事故にて脳挫傷で1ヶ月意識不 明・・CT(脳のレントゲン)では、一時・脳が半分になった程でした。大学復帰したが、人からは分かりにくい障害持ち奇跡の復帰!大学では頑張りました。しかし.社会に出て絶えない苦 労ですが、楽観主義で闘ってます!まだ学生編ですが、よかったら自分のブログも事故発生の始めから読んでやって下さい。尚、ブログには、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。 <m(__)m> 尚、左下のボタンを(「脳・神経・脊髄」「理系大学」「病気プログ」「サラリーマンブログ」)プチプチ押して下さったら幸いに感じます・

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント