プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    助言は難しい

     私の知人でアトピーの人がいます。私は彼女の皮膚を見て、アトピーだとすぐにわかったので、アトピーの話の機会を見て、
    「私、アトピーでアメリカに行って治療してきたの」
    と言いました。
     そして彼女が悩んでいる手のアトピーについて、少し助言してみました。
     けれど彼女は後日、
    「今週、○○市にある皮膚科に行ってくる。評判いいって言うし。」
    と言いました。そして彼女の行動から、私の助言は無視された、と思われました。
     
     私は渡米しての治療を勧めたわけではありません。
     彼女の症状は手湿疹が主で、あと、顔に出てきている状況でした。まずは簡単にできる雑菌を含む接触性のトリガーを疑って、日常生活を徹底的に見直す事から始める事が大事だと思いましたが、それより病院に行く事を選択したようです。
     もちろんその事について詳しく聞いてはいませんが、良くなった様子はありません。

     彼女が仕事ができないほどの状態であれば、まだ耳を貸してもらえたかもしれませんが、そうでなかった事もあったのでしょう。
     本当はアトピーは症状が小さいうちに徹底して治し、予防をしていく方が断然良いのです。
     けれど、ほとんどの方はそう言っても放置、そしてステロイドを塗って日常をやり過ごしていきます。

     私はこうして助言が無視されるのは仕方がない、と思っています。残念だけど、むしろそれが自然だろう、と。
     ただ、酷くなるのを黙って見ているのは自分の二の舞になるのではないか、と心配してついつい言ってしまうだけなのです。

     アトピーブログを見ていると、切なくなる事が多々あります。
     以前はコメントに渡米治療の事を書いたりした事もありましたが、やめてしまいました。
    「辛いです。」
    「疲れました」
    「ここのところ酷くなり、ブログをしばらく休んでいました」
    「今日は汁が止まりました。体が動きます。良くなってきたのかも!」「今日は汁が多くて包帯巻いてます。悪化しました。皮膚に服がくっついて痛いです。」
     そういうブログを読んでは切なくなります。
     そしてそういうブログに
    「脱ステはそういうものです。がんばれば、新しい皮膚が下からできてきますよ。時間はかかりますけど。私も頑張って良くなりましたので、あなたも良くなる筈です。」
     そんなコメントが入っていて…。
     切ないです。
     余程、その方に宛てて渡米治療の事を書こうか、とも思いますが、大きなお世話だな、と思って、ぐっと我慢します。

     ブログといっても日常全てが見られるわけではなく、自分の思いと自分の生活の本当にごくわずかな部分を切り取った一部でしかないので、その水面下にはどれだけの苦労と思いがあるのかしら、と思うと、胸が痛いです。
     
     でもそういうブログを読んでは、AAJのHPの次の治療チームのスケジュールを見ては、この人、今から手続きすれば、来月はぐっすり眠れるのになぁ~。一人じゃなくなるのにな~、なんて事をいつも思います。
     
     以前勤めていた精神科のじいちゃん先生は、
    「人にモノを言う時は、言う人とタイミングが大事だ」
    と言っていました。
     本当だ、と思います。
     
     求めなさい。そうすれば与えられます。
     捜しなさい。そうすれば見つかります。
     たたきなさい。そうすれば開かれます。

     これは聖書の言葉で、有名な一説ですよね。
     私はアトピーで苦しかった時、疑いながらも心に持っていた言葉です。

     求める事を恐れないでください。
     探す事を諦めないでください。
     たたく勇気を持ってください。

     求める事をやめてしまった人には、どんな言葉も届かないし、探していなかったら、与えられる人があなたを見つける事が出来ないでしょう。叩かなかったら、ドアは開かれません。
      
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  


     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    はるくん
    コメントどうもありがとう。
    そんなに褒められると、恥ずかしくなっちゃいます(*^_^*)
    でもはるくんは、マイナスをプラスに変える力がある人だから、
    それってすごい事ですよ。
    そういう人には、絶対良い事がたくさんあります。

    そのじいちゃん先生、昔風に威張っちゃったりする先生だったけど、偏屈さ加減とかが悪くなくて、情も厚くて、今、なかなかいないタイプの人でした。
    きっとはるくんの周りにも、ちょっと尊敬しちゃったりする人や、尊敬する瞬間がたくさんあると思います。

    聖書の言葉にしても、昔の人の知恵や言葉って教訓がたくさん含まれているから、見回すのって大事ですよね。

    まりんママさんへ
    なんだか切ない話ですよね。
    あれがいい、これがいい、っていうのは、私達も苦しめられてきた分、簡単に人に言う事が出来ないですよね。
    ただ酷くなるのがわかっていて眺めているだけ、というのは、ドクターの治療を知ってしまうと、とてももどかしいですよね。
    本人が求めてくれると、こちらもわかりやすく説明できるけれど、
    次はステロイドの難関、っていうわけですよね。。。
    その人の人生だから…、と、諦めるしかないわけですが。

    助言って、ほんとうに難しいですね。

    主人の会社の人で息子さんが酷いアトピーで、まりんがアメリカで治療をした話を耳にして、主人に聞きに来たそうです。
    話の中で「ステロイドは使うの?」と聞かれ、使う事を告げると、「そう」と、それ以上の質問はなかったそうです。

    まりんは、学校でアトピーの子を見ると家に帰って「○○ちゃん、アトピー結構ひどいんだよね・・・」とだけ言います。

    そういう事が起きるたびに、外出先でアトピーで辛そうな人を見るたびに、伝えられないもどかしさで、何ともいえない気持ちになります。

    ちょくちょく拝見させていただいてます。
    応援ポチッ!!!

    ほんとにアトピーって勉強になりますよね。
    (多くの病気にも言えると思いますが。)
    最近、つくづく感じます。

    「人にモノを言う時は、言う人とタイミングが大事だ」
    「求めなさい。そうすれば与えられます。
     捜しなさい。そうすれば見つかります。
     たたきなさい。そうすれば開かれます。」

    正にそうですよね。
    なんだか、すごく感動しました。
    ありがとうございます!
    最近やっと気づいたのですが、アトピーで学んだことって、
    生きる上で大切なことがいっぱいありますよね。

    まあいまだからそう思えるのですが。。
    ゆかりさんってすげー!といつも感心してしまいます。

    失礼しました~

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。