プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ステロイドによる月経異常

     渡米してドクターマセソンの治療を受ける女性の場合、結構生理のトラブルを訴えられる方が多いです。

     現地ではステロイドを筋肉注射しますから、生理が来る人が多いと思います。
     ステロイドはホルモン剤なので、様々な効果を持ちます。アトピーに関する期待される作用は、炎症を止める作用ですが、他にも色々な作用を併せ持っていて、その中の一つに生殖系への作用がありますので、それで生理に対して影響が出てきます。
     私もアメリカ滞在中、2回、生理が来ました。中頃と終わり頃だったように思います。排卵して約2週間で生理は来ますから、ステロイドの注射によって排卵して、生理が来たのだと思います。
     帰国後も、ショートバーストをすると生理が来ました。
     私は元々「多嚢胞性卵巣症候群」(帰国後の不妊治療で分かった)という、非常に排卵しにくい体質だったので、生理が来るのはWelcome!でした。東洋医学での「お血」もたくさん溜まっていただろうから、生理の出血は悪いのが出て行くようなイメージがあったので苦にならず、、出血量もしっかりあって、気持ち良かったです。たくさん出るから、ちゃんと食べなくちゃ~、と思って、しっかり食べましたし。(そしてしっかり太りましたし…)

     生理のトラブルで怖いのは、出血が続く事による貧血です。
     女性の体は元々生理・出産の為に出血に強い体にできていますが、それでもじわりじわりと出血が長期に続く場合、やはり貧血の症状が出てきます。
     ですから出血が数カ月続く場合は、血液検査をされる事をお勧めします。ついでにみなさんおそらく、婦人科検診もしていらっしゃらない方も多いでしょうから、これを機会に検診もされるといいと思います。
     じわりじわりとした出血が長期に続く場合、自覚症状がなくても貧血になっている場合があります。 病院でケアに当たった患者さんは、血液検査するとびっくりするような数値なのに、本人は
    「ちょっと息は切れやすかな」
    位の自覚でびっくりした事があります。もちろんアカンベーをしてもらうと、下まぶたの裏、真っ白でしたけど。

     ステロイド使用による月経異常ですが、アトピー治療を優先させる限り、どうしようもないです。
     治療には優先順位がありますから、アトピー治療をトップに掲げるであれば、それによる月経異常、食欲や気分にむらが出来る、などの影響は諦めるしかないでしょう。
     ご存じの通り、アトピーの炎症はハンパじゃありません。必要な量のステロイドは使わざる得ないです。
     ステロイドの注射は現地で一度ですし、ショートバーストも1~2年でしかも頻度はどんどん減ってきますから、人生の中で一時的な出来事です。なので月経がおかしくなってしまう方は焦らず、出血が続く方は貧血に気をつけながら、しっかり食べて出血に備えていくといいと思います。

     この副作用は、当然ながらドクターの想定内のものですから、びっくりしなくても大丈夫です。

     これから渡米される方は、生理用品を多めに持っていかれるといいかもしれません。
     もちろんアメリカの生理用品を試すのも楽しいので、現地で買ってもいいのですが、私は通気性や肌への影響では日本製のが優れているように思いました。
     
     女性の方は生理のトラブルが出やすいので、頑張ってケアして、早く良くなってショートバーストしない体にしたい、と思われる方が多いのですが、男性の場合、生理がないので副作用を自覚する機会が少なく、自己ケアが大変なこともあってショートバーストに頼ってしまう方もいらっしゃるようです。
     昨今、そういう患者さんの場合、ドクターが治療を中止する、という事もあるようです。

     ステロイドの全身投与はあくまでも一時的な治療で、アトピー治療の優先順位が高い時の方法です。頼りすぎるのも問題ですし、拒否しすぎるのも問題です。
     副作用も怖がりすぎないでくださいね。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    リラさん
    こんにちは。
    皮膚が薄くなると、ステロイドの吸収率が上がるから、生理が来ちゃう事もあると思います。リラさんだけが特別、じゃなくて、もしかしたら他の人はステロイドと生理が結びついていないのか、声を上げないだけじゃないかと思いますよ。
    リラさんみたいに、みんな「自分だけが特別過敏…?」って思っちゃっているのかなぁ。
    なんか、そうやって孤独になっちゃったりするのかしら…。悲しいわ。。。

    こんにちは。私はステロイドを全身に塗るとすぐに生理が来てしまいます。デルモベートなんて塗ると一発です。多い時は1ヶ月に3回も(>_<)生理痛もつらいし、勘弁してーって感じです。でも皮膚科医は「外用剤で生理不順になることは考えにくい」って言うし、自分が特別に過敏なのか…不思議です。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。