プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    期待値

     渡米してドクターマセソン達の治療を受けよう、と決意して治療される方々の中で、期待値がちょっと高すぎるかな、と思う事が何度かありました。

    ・渡米して治療したら、アトピーがすっきり治ってしまう。もう、悩む事はない。
    ・ドクターの言われた通りにしていれば、必ず治る。
    ・現地で、すぐに症状が取れ、痒みなどが全くなくなり、帰国時は生まれ変わった肌になる。
    ・ついでに、アトピーで悩まされた人生から解放され、帰国後はアトピーとは無縁の世界で生きる事が出来る。そして人生やり直せる。

     そんな風に思って行かれる方もいるようです。

     でも、現実はそんなに甘くないかも。

     ドクターの治療に疑念の余地はありません。今思い返しても、ぞくっとするほど完璧な治療だったと思います。
     でもアトピーは生まれ持った素因と、環境要因が重なって発症するもので、そこへ間違った治療歴が更に問題を複雑化している、という日本独特の経緯を持った患者さん達が渡米するのです。アトピーの状況、アトピー歴、治療歴、トリガーも人それぞれです。
     単純に考えても、何年も、何十年もアトピーに悩まされてきた人が、渡米して4週間であっさり治ってしまう、と考える方が不自然、と思います。(でも、あっさり治る人もいますけどね、結構…)

     渡米して現地で治療している間は、皮膚を休め、回復する力を作る時間なのです。
     ですから、私もそうでしたが、痒みが取り切れなかったり(もちろん軽減しますよ)、脱皮する筈の皮膚が思ったより多くは脱皮しなかったり、眠り方も普通通り7~8時間だったり、と、人によってはイメージしていたよりは症状の変化が少なかった、という人もいます。
     
     帰国後は、トリガーだらけの家や環境の中に帰るわけですから、仮に現地で症状が無くなったり、軽減したとしても、再発してくる人は当然いるわけです。
     しかもアメリカにいる間は、アドバイザーの人にいつでも気軽に質問できるし、ドクターの診察も週に1度はあるし、何か問題が起こっても、すぐにドクターに連絡が取れる環境の中にいます。
     けれど帰国後は、定期的な診察もないし、誰もトリガーを指摘してくれる人はいないし、定期的に「どうですか?」と言ってくれる人も誰もいません。声を上げなければ、AAJ側には関知されません。
     受け身では、誰もどうしてもくれません。そうして再発を重ねてパニックになる人もいます。

     先程も書きましたが、ドクター達の治療に疑念の余地はありません。
     治る道はある筈なのですが、見えていないだけなのです。

     ですから私としては、渡米する前に、帰国後、再発して悪化する事をイメージして欲しいと思います。
     帰国後にショートバーストを繰り返す例は2~3割、と聞きますが、渡米する時点でどちらに自分が入るのか、わからないのです。しかも大金をかける治療ですから、失敗は許されない状況の人もたくさんいます。
     ですから、最悪を想定して、対策を立ててから渡米する事をお勧めします。
     帰国後悪化したら…、と思うと、まず最初に何をやるか、とか、トリガーをどう探せばいいのか、ショートバーストって何だろう?日常気をつける事は何だろう?悪化してきたら、いつのタイミングでドクターに連絡すればいいんだろう?どう書けば、伝わるんだろう?そういう事を頭の中でシュミレーションしておく事はとても大切です。そうすれば、現地にいる間にアドバイザーやドクターに直接疑問をぶつけて回答を得ておく事が出来ます。もちろん、下準備としてアトピーにどうしてなるのか、なぜ悪化してしまったか、ドクター達の治療法はどういうものか、を正しく理解しておく事は当然、とても大切な事です。(渡米前のカウンセリングで、説明があると思いますが)

     渡米さえすれば何とかなる。

     そんな足元が危うい思いでは、帰国後に想定外の再発が起こった時に、対処できません。アトピーが酷い状況では、思考もままならないかもしれませんが、この治療を最後にしよう、アトピーとの戦いに終止符を打とう、と思っているのなら、渡米は「賭け」ではなく、完治へのステップにしなくてはなりません。
     ずっと心配し続けてくれた家族や友人、一生懸命貯め続けてくれたお金を治療費として出してくれる人の気持ちを考えたら、裏切る結果に終わる事は何としても避けねばなりません。
     治療に必要なのは、気合いだけでなく、正しい知識と迅速な行動力も必要です。

     それと、ドロップアウトされる方にほぼ共通されているように思うのが、一人で悩みを抱え込む、という事です。相談しない、または相談のタイミングを逃すのです。

     わからない事は、考えても分かりません。

     シンプルです。
     質問や相談する事は恥ではありません。アトピーについて学び、生活環境を改善していくは、新しい言葉を勉強する事と同じ事だと思います。今までわからなかったから、アトピーが酷い状態が続いていたのです。渡米する事は、アトピーの治療学校に入学する、といったイメージを持たれるといいと思います。 
     
     アトピー改善は人生の中で一科目に過ぎませんが、それを通してたくさんの事を学べるといいと思います。
     ドクター達の治療を受ける事に期待する事は良い事だと思います。大いに期待し、完全に治す決意を固めてください。ただ、それと自分の思い通りに事が運ぶ、という事は別問題です。
     思い通りに治らない=ドクター達の治療が悪い、とすぐに考えないでください。そもそも人生なんて、思い通りにいかないものです。では、どうしたら思い通りにする事が出来るのか、それを考える事が大切です。
     自分の期待通りに治る事、完全に治す事、それを通して負けっぱなしの人生を逆転させる事、それらをどう実現していくか、それは自身にかかっています。
     ドクターをはじめAAJや他の先輩患者さん達もサポーターに過ぎません。でも、サポーターは応援してくれますよ。ドクターは「先生」ですし。
     期待通りに事が運んでいない方は、どうか、相談してください。そしてアトピー治療学校の卒業に向けて、頑張って欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。