プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    体力低下について

     最近、「渡米したいのだけど体力低下が酷くて…」というメールをいくつか受け取りましたので、これについて。

     まず、とにかく食べてください。

     明らかにアレルギーと分かっているもの以外は、きちんと食べてください。

     アトピーは消化器の病気ではありません。ですから、食べられる筈です。

     体がしんどいと食欲も落ちくるのはわかります。私もそうでしたから。それが重なると、体重が落ち、体力がどんどん落ちてきます。食べる事自体が、しんどくなったりもします。箸の上げ下ろしもしんどいほどになるかもしれません。
     でも、食べてください。でないと、治るものが治りません。
     前にも書きましたが、栄養状態が悪い方は、薬が効きません。治る力もなくなるのです。
     食べて体力をつける事が、治療への第一歩だと思ってください。

     渡米してドクター達の治療を受けたい、と思ったら、食べて体力を付けてください。アメリカに、ポートランドに着かなかったらどうしようもありません。

     アトピーは、強い炎症や痒みを主な症状としますから、何もしなくてもかなりエネルギーを使われてしまいます。炎症って、すごく体が疲れるのです。しかも痒みで眠れないですしね。
     ちなみに水分もすごくとられます。熱も水分も皮膚表面からどんどん抜けて行ってしまうのです。
     渡米前、ワセリンを使っていた時もありましたが、皮膚が塞がれて熱がこもってしまい、かえって辛くなったのを思い出しました。治療後はそんな事はなかったですが。
     ですからアトピーが酷い人は、水分も不足しやすくなると思います。水治療が良い、と言う人がいるのは、そのせいなのかもしれません。

     渡米する方の多くが、体力が既に弱っていらっしゃるように思います。
     私が知っている方でお一人、歩行も難しいかも、という事で、ドクターが、日本から付き添いがあれば治療依頼を受ける、という条件になり、奥様が付き添われて行かれました。現地で元気になって、奥様と楽しまれたようです。
     その時、アトピーのために新婚旅行も行かれなかった、という事だったので、奥様に、
    「新婚旅行みたいになりましたね」
    と言ったら、
    「治療と新婚旅行は別です~っ!!」
    と言われて、笑いました。
     歩行困難だったのに、すっかり笑い話になりました…。
     
     あとは渡米前のカウンセリングの茅ケ崎に辿り着くのが大変で、結構皆さん、休み休み行かれたり、渡米の時は、成田で一泊してから行ったりしているようです。

     私も一番酷い時は、箸の上げ下ろしが辛くなって、一口食べる度にため息でした。泣けてくるし。。。泣けてきて、また更に食べるのが嫌になって、家族に当たって、落ち込んで、また更に食欲がなくなり…。
     ご相談頂くまでそんな事があったのも忘れていました。
     確かに、当時を知っている友人は、
    「言えなかったけど、拒食症だと思っていた」
    と言っていた人が、何人もいてびっくり。私に言ってくれた人が何人もいたって事は、言えなかった人は何倍もいたって事ですよね。

     今はもう、そんな頃の面影もなく、普通の立派な中年です。だから当時着ていた洋服を見て、びっくりしますけどね。服、5号とか3号でしたから。
     まさか肥満を気にしないといけない日が来るなんて、思ってもみませんでした。
     結婚前の写真を夫と見ていて、やっぱり
    「詐欺じゃん」
    と、言われました。
     笑い話になる日が来るものですね。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。  
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    yukaさん
    食べてくれて、どうもありがとうございます。食べる楽しみを思い出してくれたみたいで良かったです。食べるの、私も大好きです。
    患者の会にも入られたようで、一歩一歩踏み出されているようで良かったです。渡米も具体的になってきているようなら、ポートランドで何をするか、も、考えるといいと思います。現地、結構暇になりますから。観光情報なども調べておかれるといいと思いますよ。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ゆかりさんこんにちは。
    今ゆかりさんに言って頂いたとおり一生懸命食べてます。
    好きなものを食べてます。
    好きなもの食べるって幸せですね、たのしいですね。
    長い闘病生活の中でも最低体重を更新してしまっているのでとりあえず頑張って太ります。(あんまり太りたくはないけど…苦笑)
    患者の会にも入りました。
    少しずつ渡米に向けがんばろうと思います。

    かえるさん
    え~!かえるさん、意識を失うほど食べなかった時期があったんですね。危なかったですね。今、生きててくれて良かったです。
    乗り越えれば、「あぁ、あの時は…」って思えるけど、今現在渦中の人もいるから、それを考えると胸が痛くなります。

    確かに食べることは大切ですね。
    私も1日1食で、サンドイッチのランチパックに入っている1つだけ食べてた時期がありました。
    よく意識失ってたなぁ。
    そんなときって、食べることすら苦痛で興味が無くなっていく状態だから余計良くないんですよね。
    ちょっと昔のことを思い出しました。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。