プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療のセカンドオピニオン2

     日本において、真の意味でのアレルギー科がない以上、日本人医師のアレルギー治療に対してセカンドオピニオンを言える人は誰もいない、という事はお分かり頂けたと思います。

     アメリカ滞在中に、ドクターマセソンとドクターベイカーの治療を受けた方で、アメリカのアレルギー科の医師にセカンドオピニオンをもらった方もいらっしゃいました。
     アトピーにアレルギー注射は効果がないと言われているので、賛成できない。出来ればそれらをやめて自分の所で自分のやり方で治療をして欲しい、と言われたそうです。
     この辺りになると、その医師はアレルギー科の医師なので、一考に値するセカンドオピニオンのように思います。

     で、ドクターマセソンに直接質問したところ、日本人のアトピー重症患者は間違った治療(主にステロイド)方法などによって、アメリカのアトピーの常識とは全く異なった状態になっている事。(こちらをご覧ください)故にアメリカの通常のアトピー治療からもっと工夫をした治療が必要な事。
     またドクターベイカーは開業しているものの研究開発などもしており、前線で仕事をしていて、自分と話し合い、日本人の状態に合わせた治療方法を見つけて行っている事、そして結果がきちんと出ている事などが話されたそうです。
     日本人の重症アトピー患者を見るのが初めての医師と、既に何百人か治療している医師の意見のどちらを取るか、と言われたら、当然後者の意見なわけで、ドクター達が自分たちの意見を押し付ける事なく、この患者さんは治療を信頼して、継続する事にし、現在私と同様、アトピーをコントロール下において元気に過ごされています。

     こうして考え併せると、日本人で重度アトピーのケースは、とても特異的で、誰でも治せるものではない、と分かって頂けると思います。
     セカンドオピニオン、と言っても、有効な意見とゴミの様な意見もあります。
     ゴミの様な意見によって、治療をやめ、今も苦しみの中にいらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

     多くの方がゴミの様な意見とドクターハラスメントによって傷ついてきた、という患者さん達の傷を思うと、私からのアドバイスとしては、
    ・日本人医師に相談しない事。
    ・AAJの資料をきちんと読み、理解する事。
    ・わからない事は、AAJに聞く事。
    ・カウンセリングを一人でなく、家族の誰かについてきてもらって二人以上で受ける事。
    を、お勧めしています。
     ご自身のこれまでの苦しみの中で、疑問に思った点、おかしいと思った点、それらは素直にカウンセリングの際にカウンセラーに質問されればいいです。そしてご自身の常識で判断されるのが良いと思います。
     
     日本でのアトピー治療は呆れる事の連続ですが、それを言い出してもキリがありません。ドクターマセソンとドクターベイカーは、毎月やってくる信じがたい状態のアトピー患者を目の当たりにしていて、内心の怒りはいかほどかと思います。でも、日本での治療を非難しても仕方ない事はわかっているので、ドクターの講演会でも一切言いませんでした。とてもスマートだと思います。

     治りたい人は、とにかく行動して欲しい、そして、きちんと治してほしいです。
     このブログを知った方、アトピーアソシエイションのHPに出会った方は、本当に奇跡のような機会を得た方だと思いますし、神様から垂れられた、一筋の救いの糸だと思います。
     私もその機会を得た一人で、あの時の治療がなかったら、今日のこの穏やかな暮らしは無かったです。
     
     ドクターマセソンやドクターベイカーの治療で治った人達を「洗脳された」という表現をする悪意ある意見をネット状に書く方もいらっしゃいます。
     「危険な治療」「アトピービジネス」と、知らないでモノを言う方もいらっしゃいます。
     でも私は、そんなのどうでもいいです。
     だって私はもう、アトピーで苦しんでいないですから。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

     AAJの明石さんのブログ「1%の奇跡」、私が知らない事などが書かれています。私は大勢の中の一人の患者に過ぎませんが、明石さんは直接患者さんと接し、症例をたくさん知っていますし、ドクターとも直接のやり取りがありますから、やはり詳しいです。
     更新は頻繁ではありませんが、チェックしてくださいね。
    http://www.a-association.com/yumeblog/
     3月25日の記事で私も知ったのですが、ドクターマセソンは皮膚科学会ではトップ7の中に入っているそうです。
     以前、渡米を悩んでいらっしゃる方がドクターマセソンの医師免許番号を調べて、そこから「この医師なら治せてもおかしくない」という結論を得て、渡米を決めた方がいらっしゃいましたが、それも頷けます。(この方ももうお元気で、大学に復学されています)
     
    スポンサーサイト