プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療の継続

     アトピーにアレルギーは密接に関係しています。日本人のアトピーの重症患者は、皮膚が極限まで薄くなっている上、放置、又は逆効果の治療を施されていたりして、ドクターベイカーいわく、アメリカ人と同じような通常の治療で治療はできず、それゆえ、日本人の重度の皮膚の状態をよく診察した上で、治療薬の濃度を極限まで薄くし、でも効果が出る濃度を研究し、進化させるなどの工夫を重ねて、治療を行ってくれています。
     もちろん皮膚科医のドクターマセソンからも情報を得て研究してくれています。

     ドクターベイカーの現地でのアレルギー治療は、慎重に行われます。記憶が薄れてしまいましたが、現地でのビルトと呼ばれる治療の際、前日(二日前からだったかも)から反応を抑えるような薬を内服して、体を準備し、半日ほどかけて治療薬を注射します。その際、ショックなどを起こすといけないので、日本人の現地のスタッフの方がずっと付き添う事が条件となっています。もちろん病院内なので、急変に備えた準備がなされた中で行われます。
     2回その治療は行われて、その後は2週間毎に、自分の体に合った薬液を注射をします。
     問題は、帰国後です。

     ここからは仮想の、ある典型的な患者さんを想定します。
     日本に帰国したら、どこかで注射をしてくれる病院を探さなければいけません。日本ではない治療法なうえ、専門医もいません。帰国後、注射してくれる医師を探して、アレルギーの知識がある「アレルギー科」を標榜している病院に入りました。例えばそれが「皮膚科・アレルギー科」だったとします。アトピー治療での渡米だし、アレルギーの治療をするのだから、第一選択はそうなるのが常識です。
     ところが、薬液と資料を持って行って相談してみると、
    「こんな治療嘘だ!騙されている!!」
    と、一蹴。状態が良いその患者さんに向かって、
    「それでは治らない」
    などと、資料もろくに見ずに否定、けなし。その上持論を展開し、説教が始まり、患者さんは半泣きになり、大混乱に陥りました。
     渡米前と比べて驚くほどよくなっていても、専門家にそういう態度(これ、ドクターハラスメントです)で言われたら、傷つくし、不安にもなります。
     ドクターベイカーの治療は、2週間に一度は注射をしなければいけなくて、注射しないままにすると有効期限を超えてしまい、再度渡米、ビルドからやり直し、という治療です。
     実際起こった事ですが、ある患者さんはこういった出来事で大混乱に陥り、この注射の期限を過ぎてしまい、再渡米、再滞在、再治療を余儀なくされたという事です。治療だけでも30万位はするので、そこに渡航費・滞在費を含めると・・・。
     ドクターベイカーも、もっと日本の知識レベルは高いと思っていたのに、全く唖然、という事で、危険を伴う治療なだけに、この治療を日本で継続してもらうのは無理だ、と協力を外れたいという風に言った時もあったようですが、アレルギー治療なくしてアトピー治療は成功しないので、何とかドクターマセソンが話し合ってくれて、日本の医師に高望みはしない、という事で、何とか納まって治療協力をしてくれる事になって今に至っています。
     薬液はとても注意深く作られているので、帰国後の事故はないと思います。一応エピペンなど準備するように言われるケースもあるようですが、ショックを起こして何かあった、という例は、少なくとも私の耳には入っていません。

     アレルギー治療の病院探しの患者さんの苦労を聞いているうちに、「アレルギー科」を標榜している病院ほど、こうしたトラブルが多い事が分かってきました。
     渡米まで、死にそうなほど辛い目に合っている患者さんが、良くなっての帰国なのに、更にドクハラを受ける、という事は、何とか避けて欲しい。そう思って、私は個人的に「どのように探したらよいでしょうか?」と聞かれる際の答えの一つとして、
    「アレルギー科を標榜している病院は、避けた方が無難かも」
    と、話す事にしています。

     アレルギー科がこうした反応を見せる事は、私はわかります。
     アレルギー治療は、減感作療法をベースにしていますし、一歩間違えば、患者がショック症状を起こして死に至ります。
     ドクターベイカーの所では、その辺りは予測され、その為に薬も用意され、患者にも行う前に十分に説明、知識を計る簡単なテストまでありました。
     でも日本の病院でアレルギー科を標榜している所の多くは、「耳鼻科・皮膚科」が多く、あと小児科、たま~に内科などでしょうか。
     耳鼻科と皮膚科の医師は、研修医制度の問題から患者がショック症状を起こした時、救急対応できる技術は普通は持っていません(持っている人もたまにいますが)。制度が数年前に変わりましたから、今医師になったばっかりの人は出来るような人も出てくると思いますが、それまでの人達は、教授がよほどそういう場に研修に行け、と言わない限り、そういう場面で自分がイニシアティブをとって患者さんを助ける、というトレーニングは受けていないのです。
     アレルギー治療が危険を伴う治療なのは分かっていて、しかも自分に救急時の対応が出来ないとなれば、治療の依頼を受けないのは当然だと思います。(これでアレルギー科を標榜する事自体、ドクターベイカーから見れば、唖然)
     すると、「アレルギー科」を標榜している所ほど、アレルギー治療を受けてもらえない、という、奇妙な事が起こる事になるのです。
     もちろん小児科や内科で「アレルギー科」を標榜している場合、緊急時の対応もできるし、治療自体に興味を示してくれる事もあります。でも内科の医師の場合「アレルギー科」を標榜しないで、本当の自分の専門だけを標榜する真摯な人が多いですし、小児科はこちらの患者の側が基本的に成人なので、行かないですよね。成人の急変時への対応も専門外になるので、成人に対応する設備や技術がない場合もあります。
     外科や麻酔科は救急対応が出来ますから治療を受けてくれる可能性はあります。ですがアレルギー疾患の取扱いはあまりしていないので、アレルギーの認定医になっていない人が多いと思います。
     こういった事情から「アレルギー科」の看板を出していない所の方が、スムーズに治療を受けてくれる事が圧倒的に多いです。
     AAJ側でも事情が徐々にわかってきて、患者さんから相談されると「アレルギー科は避けた方がいいかも」と言う事があるようです。

     一説によると日本の減感作療法は、アメリカからすると70年位前のやり方、という事らしく、しかも専門医がいない国なので、正直、同じ医学ベースに乗って、の話は出来ないと思います。

     そういえば、最近聞いた話ですが、ドクターベイカーが今まで注射薬だった薬液を、トローチのように口の中で溶かすタイプの物を作る事が出来るようになったそうです。もう実用化できる状態だそうですが、お値段がまだ、とても実用的なものではない、という事で、今現在でも日本人の患者さんは注射薬ですが、将来はトローチ型になるんじゃないかと思いますよ~。そうすれば、注射をしてくれる病院探しで嫌な思いをしたり、苦労したりする事もなくなるので、早くコストが下がってくれるといいな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     

     3月チームで現在治療に行っている方が、渡米前からご自身のアトピーについて、ブログに書いてくださっています。

    http://ritorudebiru.blog102.fc2.com/

     興味のある方はどうぞご覧くださいね。

    スポンサーサイト