プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    セカンドオピニオン1

     私はセカンドオピニオンはとても大切だ、という風に考えています。これは大学病院で大勢の医師達と仕事をし、いろんな仕事ぶり、専門性などを見て、セカンドオピニオンは非常に重要、という認識を持ったからです。
     けれど、Dr.マセソンとDr.ベイカーの治療を受けようという気持ちがある方に、セカンドオピニオンは、百害あって一利なし、という結論にはっきりと達しています。(ホント、ろくな事言われないんで・・・)

     なぜこういう結論に達したか、と言えば、例えばある患者さんが、ドクター達の治療を発見し、いつもかかっている医師に相談しました。その患者さんは、自分ですらその治療の詳細も良く理解できていないので、どんな治療かもよく分かっていません。その医師にとってみれば、外来で、自分知らない治療法をいきなり相談される事になります。
     患者はうまく説明できないし、医師は飛ばし聞き。

     結果のパターンはせいぜい
    1.ろくに聞きもしないで、一蹴。「騙されている」と言われたり、下手したらドクハラ。
    2.話を多少聞いた上で、ステロイドをそんなに使うのは危険、と言う。
    3.ある程度調べるか、治療について理解度が高い患者さんから話を聞いた場合、アレルギー治療が怪しいし、効果がさほど無いと言われているので、日本でもされている治療だし、大金かけていく必要が無いんじゃないか。

     ネット上で自称「皮膚科医」(匿名の人もいますね)の方達がドクター達の治療について書いている見解も、上記の範囲内だと思います。

     正直、外来で相談した場合、ほとんど1のパターンになるので、ドクハラになって患者さんは深く傷つき、治療も諦めてしまう、という事も現実に起こっています。
     重度のアトピーは「治らない」というのが、日本の医療の世界の暗黙のスタンダードになっていますので、ほとんどの皮膚科医は「治せない」、と思っていると思って間違いありません。でも、すがってくる患者さんに
    「治らないです」
    とはなかなか言えません。奇跡的に治る人もいるので。それで患者さんとの苦し紛れの押し問答になりやすく、また医師のプライドと保身本能から患者を責めやすいのです。(医師の性格もありますが)
     なので、重度のアトピーの人はドクハラの経験がある人が多いんじゃないかと思います。
     アメリカの医師の治療を受けたい、と言う事は、その皮膚科医は自分を患者に見限られた、と思い、プライドを傷つけられ、腹いせのようにドクター達の治療をけなし始める、のが1のパターンです。反応として多いパターンで、中にはそれまでとても良い医師として接してくれていたのに、豹変する医師もいるようで、より多くショックを受ける方もいらっしゃいます。
      
     いずれにしてもお金を払って意見を聞きに行ったところで、賛成の意見は得られないと思った方がいいです。

     Dr,マセソンはもう一般の臨床医のレベルの人じゃなく、治療法の研究開発の方に携わっている人、つまり、医学の歴史を変える仕事に携わるレベルの人です。Dr.ベイカーも開業しているとはいえ、そんなDr.マセソンの信頼を得ている人ですし、彼のクリニックは数か月先まで予約でいつも埋まっています。
     アメリカと日本では医学部の教科書レベルに既に開きがある、というドクターの話ですから(日本の医学部の教科書を見せてもらったらしいです。)、日本の医師のレベル自体、普通であればアメリカの医師より劣る、と考えていいと思います。(もちろん例外はいるでしょう)  

     アレルギー治療については、謎の部分も多いと思います。私も、看護学校での講義がありましたが、アレルギー科のない日本では真の意味での専門医がいなく、非常に難しい分野なのですが内科医の方が講義してくれました。(アレルギー科をよく標榜する皮膚科や耳鼻科の医師ではなかった)正直、質問されたら困るなぁ、というオーラが出ていて、教えにくそうだったのが印象的です。
     今でも日本ではアレルギー科の教授・助教授など存在しませんから、医学部では誰が教えているんでしょうか?教授がいないのに、医学部の教科書にアレルギーについて詳しく書かれているとは思えないですから、そうなると、現在アレルギー科を掲げている日本の医師たちは、どうやって標榜しているのでしょうか?

     標榜については自由なので、資格など持っていなくても標榜は可能です。ですが、一応標榜するからには、と「専門医」の認定を受ける医師もいます。
     調べていたら、こんな風なのを見つけました。
    http://www.jsaweb.jp/ninsen/kitei.html
     いかにも難しそうに書いてありますが、一緒に仕事をしていた耳鼻科医が開業目的でとっていました。でも特にアレルギー疾患を研究していたわけではなかったです。その医局にそんなチームもなかったし。

     というわけで、専門医を持っていても、その専門性については、最後まで疑問は残ります。だって、日本に「アレルギー科」が無いのですから。
     
     私はドクター達の治療を受けるなら、出来るだけ傷を受けないで治療を受ける所に至ってほしいと思っていますし、最短で完治状態に至ってほしいと思っています。
     なので非常に残念なのですが、日本においてセカンドオピニオンを受ける事は無意味に思い、(セカンドオピニオンもタダじゃないですしね)お勧めしていません。 

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。