プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    洗濯洗剤

     洗濯ものというのは、意外とトリガーになるケースが多いです。主に洗濯洗剤と花粉の影響なんかが考えられます。
     洗濯洗剤については、アメリカから帰国する際、「ALL」という製品を勧められて購入してくる方が多いです。アメリカのスーパーでふつうに売られているので、皆さん、濃縮されているタイプをスーパーでしこたま買って帰られるんですよね。
     問題はこの洗剤がなくなった後で、AAJからはカークランドのフリー&クリアが代用できる、という事だったのですが、どうやら偽装表示があって、蛍光増白剤が入っていたようでした。それでそのまま使い続けている人と、いろんなきっかけで洗剤探しをしている方がいらっしゃいます。またALLを個人輸入などで取り寄せる人もいらっしゃるようです。
     私が使って問題なさそうなのは、以前もご紹介したバイ・ファー・ゼットがいいと思いますが、いかんせん、価格が実用的じゃないんですよね。
     今新しく名前が挙がっているのは、ライオンから出たケアベール。私は使った事がないですが、悪くないようですよ。
     あとアリエールも問題なく使える方もいらっしゃいます。私はダメだった記憶が…。

     洗剤は万人に合う、というものはないと思って探した方がいいようです。ドクターお勧めの「ALL」もダメだったという方もいらっしゃいますし。もちろん刺激が少ないもの、という視点で商品が絞れてきたりしますが、最後の最後はやっぱり使ってみるしかないかなぁ、と思います。
     
     AAJの明石さんのブログに洗濯について記事が出ましたので、ご参照ください。
     日本の洗濯機は節水に走りすぎてしまい、すすぎが出来にくいようです。なのですすぎ性が良い洗剤を選んだり、洗剤の使用量を減らしたり、すすぎの回数を多くするようにする事が大事です。
     うちの洗濯機も恐ろしく節水で、勘弁して欲しいです。すすぎは最高水位で最大の4回で設定しています。今の時期は水が冷たいので、30度ほどのお湯で洗うように設定しています。洗剤はフリー&クリアを継続して使っています。洗剤はもともと少なめでしたが、少なくしすぎたようで、洗濯ものが乾き切らない時、すぐに匂うようになってしまい、少し増量しました…。

     この間の記事のSさんも、洗濯洗剤がトリガーだった、とおっしゃっていましたが、治療後の方が最後のトリガーが洗濯洗剤だった、という方が結構いらっしゃいます。洗濯洗剤が合わないと、結構はっきり、しつこく出るように思います。接触性の物って、わりと分かりやすく出るものが多いように思います。金属もそうだし、ゴムなんかも。部位から探る事が可能ですが、洗濯洗剤の場合、広範囲なので他の要因を疑いやすく、ひょっとして・・・、と最後の辺りで洗剤を考えるケースも多いようです。
     
     それと私見になりますが、治療後で「トリガーが洗濯洗剤でした」という事が出来る方は、治療自体がうまく行っている状態のように思います。
     というのも、治療前の場合はおそらく、何をやってもダメ、という方がほとんどだからです。
     治療前を思い起こしてみると、確かにトリガーへの取り組み方はいい加減だったようにも思いますが、あの状態で洗剤一個替えた位で、アトピーがピタッとおさまる、というのは想像できなかったです。トリガーも混乱、皮膚も反応しまくり、という状態で、治療なくして現在の状態までもってくる事は、やっぱり不可能だったと思うのです。
     また、帰国後も悪化を繰り返し、色々な物への反応が止まらず、右往左往している時期、というのは、確かにトリガー除去がうまくいっていない、というのもありますが、体も異常な反応をしている時、という風にも言えると思います。
     なので治療後の方が「トリガーが○○でした」と言える、という事は、治療前と比べて体自体も良い方向に変化している、という事を指し示すように思います。
     一昨年のドクターの講演会での質疑応答で、
    「日本でアトピー改善のためにできる事を教えて下さい」
    という質問に、
    「ありません」
    というはっきりしたドクターの回答を思い出します。
     なので洗濯洗剤一つとっても、治療前と治療後の方を同じレベルで話す事は無理な事かなぁ、という風に感じます。

     たかが洗剤、されど洗剤です。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。