プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギー治療の進行具合

     昨年4月頃、薬液ボトルを送ってもらい、約半年後の昨年11月にこのボトルの期限が切れ、再び新しいボトルになりました。1年に一本だと思っていたので、半年で期限が来たのはちょっとびっくりしました。
     11月までは注射をすると注射をした部位が蚊に刺されたように赤く膨れ、その場所が痒くなり、アトピーの調子を崩す事はまれだったとはいえ、何となく体が敏感かな、という感じもあったりなかったり、でした。ただ調子を崩す頻度もどんどん減っていき、と、いう感じで、何となく安定してきたのかな~、なんて思ったりしました。
     で、そんな事を11月のボトル更新の際、問診表に書いたりしたのですよね。
     そのせいか、新しい薬液ボトルに変わってから、明らかに以前とは違う薬液、という感じがしています。注射をしても全く腫れないし、痒みもほとんどなく、薬液が入る時に感じる痛みもほとんどありません。
     へ~、こんな事もあるのね~、なんて思いました。
     丁度、AAJの明石さんとお話しする機会があり、この事をお話したら、
    「ゆかりさんも、そろそろ治療の最後の段階に入ってきたのかもしれませんね~」
    なんて言われました。
     
     私のアレルギー治療ももう2年半を過ぎました。確かアレルギー治療は3年から5年で、治療期間は人によって違います。
     一応ボトルの期限が今年の11月なので、それまで続けてみて反応を見て、治療を終了するのかどうするのか、という形になるのかなぁ。

     アレルギー治療をここまで続けてきて良い方に変化した点としては、

    ・アトピーが安定的になった。
    ・因果関係は不明ですが、食べ物アレルギーへの反応も変わったように思います。
     以前のようにアレルギーだったかどうか、グレーの食べ物に関しては、反応が出なくなりました。
     要するに、出る時はわかりやすく、はっきりと蕁麻疹のようにして現れます。
     でも違う時は、全く反応しなくなりました。
     これによって、クラリティンを飲む回数がぐっと減りました。
    ・インフルエンザ注射の時の反応が、普通の人と同じになった。(と思う)
     これは以前記事に書きましたね。

     今でもまだ、不安が残る点としては、

    ・実は年末から、時々目が痒くなる事がありました。スギの花粉の時期ではないし、おかしいなぁ、と思っていましたが、今年は既に花粉が飛び始めている、という噂もあり、スギ花粉がもっとも疑わしいです。(洗濯物で気がつきました)
     おそらくまだ微量でしょうから、微量ですら反応してしまう、という事になります。昨年は良かったのになぁ~…

     といった感じで、私の治療、後期の治療に入ってしまっていいの?という大きな不安はあります…。問診表に良い事を書きすぎたのかなぁ…。
     焦っても仕方ないし、治療はしているので、今年の花粉は例年の3倍とも5倍とも言われているので、この辺りで効果がはっきりしてくると思います。
     アレルギー治療をもう長くやっているので、終了になったらすご~く不安です。習慣化していますし。私としては、5年位はやって、きちんと治したいです。

     今年もカレンダーに1年分の注射のスケジュールを全て書き込みました。こうすると忘れなくていいです。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。