プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    治療25日目

    さてさて、今日は「脱保湿」についての話。
    まず、皮膚の仕組みと、アトピーになるとどういう状態になるか、下記のHPをご覧ください。

    皮膚の構造
    皮膚に何が起こってるか。
    これに関しては、どうすれば治るか、という所から以下は、参考にしないでください。

    アトピー性皮膚炎の場合は、真皮がむき出しになってしまうほど、皮膚が損傷している場合も少なくありません。
    熱も水分もごっそり奪われていってしまいます。
    もちろん、外気からの刺激に弱く、細菌が繁殖したり、アレルギーの原因物質にもさらされる結果となり、アレルギー反応を促進する事になります。

    こちらで私がしている保湿方法は、「プラスティベース」を入浴後3分以内に塗布する事です。このプラスティベースの役割は、皮膚のシールドです。水分を与える目的はありません。入浴によって皮膚に入り込んだ水分を外に逃がさないようにし、また、皮膚から熱や水分が蒸発するのを抑えます。それによって肌が蒸されたような状態になり、自力で保湿します。
    外界からは、刺激となる物質の進入を阻み、アレルギー反応を出にくくします。
    これで保護する事を続けていくと、表皮が徐々に形成され、正常化してくれば、プラスティベースは不要になる、というわけです。
    プラスティベースは、ワセリンを水っぽくした感じで、ジェルに近い感触で、皮膚にすり込まず、厚く塗ります。洋服に付いて取れて行ったりしますので、必要に合わせて、一日に何回も塗ります。

    私は最悪の状態の時は、酷暑の夏、40度近い部屋で湯たんぽを抱えていました。不思議な感覚でしたね。

    まぁ、とにかく、アトピーのひどい人は、「脱保湿」は、考えないようにしてください。そして、水分もきちんと補給しましょう。水治療のように大量に飲む必要はありませんが、一日最低2リットル前後はとる様にした方がいいです。
    脱保湿と共に水分制限、なんていうHPも見ました。そんな事はやめてくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Waoさんへ
    そうですね。
    乾燥が問題です。私も明日は飛行機なので、乾燥に気をつけて帰らないと。。。
    日本は、暑いのかなぁ・・・

    クーラー

    これから暑くなるとクーラーが大活躍。
    汗もかにくいんだけど、乾燥してしまうんだよね。
    油断している夏こそ保湿に心がけないと。

    こちらのブログにコメントいただきありがとうございます。
    ゆかりさんの肌が今日もよくなりますように。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。