プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    補足

     前回書いた記事で「一生変わらない」という所に、ショックを受けた方も大勢いらっしゃるかもしれません。
     私が直接ドクターから聞いた事ではないので、正確な事は何とも言えませんが、仮に細胞の密度が一生変わらないとしても、それ=一生治らない、というわけではないので、それほど悲観する材料ではないと思っています。
     ただこの問題はアトピーの本質にかかわる事ですし、診断基準を揺るがす事にもなる可能性がある事だと思うので、アトピー患者の人は頭に入れておく必要があると思います。

     アトピーが発症、重症化するのは、細胞の密度の問題だけではありません。
     そこにバリア機能の低下、アレルギーの問題、生活環境の問題、ステロイド、抗生剤などを含む間違った治療、性ホルモン、ストレスなどが絡んで初めて発症、重症化してくるのです。
     細胞の密度が仮に低くても、自分で皮脂がしっかり出ていて、環境要因が少ない、あるいは全くない、とか、アレルギーがない、という場合は、発症もしなければ重症化もしない可能性が高いでしょう。
     アトピーなんか気にしなくてもいい時代があった方もいらっしゃると思いますが、その時はバリア機能がしっかりしていたために、空気アレルゲンやバクテリアにさらされる事もなかったり、アレルギー歴が短かったり、ストレスが少ない時期だったり、ステロイド歴が短い時期だったりしたと思うのです。
     私も中学から22歳位までの学生の間は、ほとんど問題にならなかったです。
     発症や劇悪化に当たっては、自分の持っている治る力、健康でい続けようとする力と、外部からの環境要因(ストレスを含む)とのバランスなのだろうと思います。

     また細胞の密度も個人差があると思います。
     すごくスカスカな人から、普通の人の密度に近い人まで様々だと思います。
     皮膚のサイクルにしても、4日以上の人もいると思います。

     環境問題が少なく、細胞の密度が正常に近い人で、早くバリア機能を復活させる力がある人ほど、早く治ると思います。(もちろんここに病歴が絡むわけですが)

     皮膚細胞の密度が普通の人でも、アレルギーが酷ければ、加齢によって皮脂の分泌が悪くなり、バリア機能が低下すれば、「アトピー状態」に陥る人は出てくるでしょう。

     アトピー治療の要は、バリア機能の正常化と機能保持なんだと思います。

     その為に自己ケアがあり、アレルギー治療があると言えるでしょう。
     細胞の数に関する事は、遺伝子の問題が絡んだアトピー発症の一つの大きなヒントになると思いますが、細胞の数が正常な人でも「アトピー状態」に陥るわけですから、細胞の数が正常化する=完治、でもなければ、それが正常化すれば何をやってもアトピーにならないわけでもないでしょう。

     大事なのは、細胞が少ない傾向にある、という事を踏まえて、保湿に対する意識を高く持ち続ける事だと思います。
     バリア機能が正常化し、トラブルがなければ何もしなくてもいいのです。
     ただ完治状態に至り、何もしなくてもいい人であっても、入浴後に肌を観察したり、職場や家庭など、湿度が足りているか意識し、必要時、保湿剤を直ちに使い、不要になるまでしっかり使う事です。
     
     そう言えば、渡米前の悪かった頃、皮膚の粉がすごくて、毎日盛り塩、一個か二個位になっていたんですよ。その時に、こんなにかきむしって皮膚が落ちても肉が見えないって、大きな血管が破れる所に到達しないって、ものすごいスピードで皮膚も作っているんだろうな~って思った記憶があります。皮膚も必死なのね~って。体力使うし、ヘトヘトだわさ…って。
     だからたんぱく質を人より多くとっていかないと大変だと思って、意識して摂っていました。
     皮膚のサイクルが今は変わったのかどうか分かりませんが、夫より肌がきれいに見えるし、去年の講演会の時、治った人の肌がとてもきれいだった事を思い出すと、サイクルが短い事は、完治状態に至りさえすれば、かえって美肌の要素かも・・・、なんて思ったりします。
     スポンジ状、と言っても、見た目がスポンジ状なわけでなく、あくまで顕微鏡の世界の話なので、私の肌がパッと見てスポンジ状なわけではありませんよ!
     
     私がこの話を聞いた時の感想は、ショックというよりは「ナルホド!」って感じでした。
     普通の人だって乾燥すればカサカサするし、年をとれば乾燥もするし、しわも出るし、たるむし、肌トラブルはアトピーであろうとなかろうと、皆無になる事はないですよね。

     一生変わらない、という事は、ドクターが以前、本当の根治は遺伝子治療しかない、と言っていた事とも合致しますし、アトピー体質は治らない、なので「一生発症させない」というのを目標にケアを続けていく、という事とも一致しますから、私が個人的にドクターに確認した事でなくても、これはあり得る、と思いました。
     ただこの問題の大きさとして、特に深刻、と捉える必要はないと思います。「血糖値が高くなりやすいので、食事や運動に気をつけてください」的なものと、変わりないです。
     私の誤解で、いつか細胞同士がきっちり結合するようになるのであれば、それはそれで喜ばしい事ですが、37歳としては、皮脂の分泌は落ちる一方でしょうし、どちらにしてもバリア機能は容易に落ちるようになると思います。アンチエイジングの化粧品は、油分が多いですもんね~…。

     トラブルを最小限にとどめて残りの人生やっていきたいと思います。
     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    まりんママさん
    お嬢さん、きめ細かくしっとり、というのはとてもいい感じですね。
    見た目がいいとついついケアを怠ったり、しちゃいますよね。私もそうですよ。
    保湿は思っていた以上に大事、っていう事ですね。

    おかぴーさん
    まぁ!お嬢さんにメロメロですね。
    ボブは一体どこから来た名前なんでしょうね?
    吹き出物、出るのですね。私も最近、やっとTゾーンにニキビらしきものが…
    やっぱりおかぴーさんの方が油が出やすいんですね。
    でも皮脂も出るならまんべんなく出て欲しいものです。ここは乾燥して、ここは保湿して…というのも、結構厄介ですよね。

    さちこさんへ
    お久しぶりです。調子はいかがでしょうか?
    私も今回の話は他の方に聞いただけで記事にしたものなのですが、実感として思い当る所がたくさんあります。
    完治状態に至っても油断しないで、上手にメンテナンスをしていきたいと思います。
    さちこさんも、治療が進んでくると加速がつくように楽になってくると思いますよ。それまでちょっと大変ですが、この冬は保湿保湿、でしっかり皮膚をガードしてくださいね。

    こんにちは!私も現地でDrベイカ-からこのお話ききました。少しがっくり!はしましたが、発症させないことが大事!ですよね。この冬は乾燥と戦いながら、完治めざしてがんばります♪

    いつも丁寧な記事勉強になります。
    有り難うございました。
    びっくりさせておいて安心させるなんて、
    ゆかりさんはテクニシャンですね~♪♪

    実はスカスカのスポンジ状皮膚の何が嫌だと言うと、、、
    娘にスポンジボブって呼ばれるのが一番悔しかったり。
    時々、吹き出物が出ると、ブツブツ君とか、ピーちゃんとか、、、
    4歳の娘は容赦無く僕を虐めます。。
    仕舞いには鼻に薬塗ってると、ハナクソほじったとか、、食ったとか。。
    公園でおともだちにまで喋る始末。。

    負けない様にバリヤー強化しなきゃ~

    ゆかりさん、こんにちは。
    いつも勉強になる記事をありがとうございます♪

    娘の皮膚も顕微鏡で見ればスカスカなのでしょうけれど、
    最近では見た目や触った感触は、きめ細かくしっとりとしてきましたよ♪

    今回の記事で、見た目はよくても油断禁物と教えていただきましたので、
    冬場は特にしっかりプラスティーベースを塗って、
    トリガーやバクテリアから保護しようと思いますv(*'-^*)

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。