プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    長生きしよう

     アトピーが落ち着き、レーシックもやってメガネが不要になって、何だか鏡を見るのが楽しくなってきました。
     でも24の時から、いえ、もっと前からおしゃれはとても難しかったので、ふと、アトピーがなかったらもっときれいにする事ができただろうにな~、なんて今のおしゃれな若い子を見て思います。失った時間がすごくもったいなくて、残念に思えて…
     でも、ふと学生時代、教科書に載っていた茨木のり子さんの詩を思い出しました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    わたしが一番きれいだったとき

    わたしが一番きれいだったとき
    街々はがらがら崩れていって
    とんでもないところから
    青空なんかが見えたりした

    わたしが一番きれいだったとき
    まわりの人達が沢山死んだ
    工場で 海で 名もない島で
    わたしはおしゃれのきっかけを落してしまった 

    わたしが一番きれいだったとき
    だれもやさしい贈物を捧げてはくれなかった
    男たちは挙手の礼しか知らなくて
    きれいな眼差だけを残し皆発っていった

    わたしが一番きれいだったとき
    わたしの頭はからっぽで
    わたしの心はかたくなで
    手足ばかりが栗色に光った

    わたしが一番きれいだったとき
    わたしの国は戦争で負けた
    そんな馬鹿なことってあるものか
    ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

    わたしが一番きれいだったとき
    ラジオからはジャズが溢れた
    禁煙を破ったときのようにくらくらしながら
    わたしは異国の甘い音楽をむさぼった

    わたしが一番きれいだったとき
    わたしはとてもふしあわせ
    わたしはとてもとんちんかん
    わたしはめっぽうさびしかった

    だから決めた できれば長生きすることに
    年取ってから凄く美しい絵を描いた
    フランスのルオー爺さんのように
                  ね

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     茨木さんが一番きれいだった時もおしゃれできなかったんですよね。アトピーであってもなくても、いろんな事情でおしゃれ出来ない人ってたくさんいるって事ですよね。どんなに美人でも、どんなに見事な体型でも。

     最近、ここまでアトピーが良くなるって思ってなかったから、自殺してなくて良かったな、と思います。近視まで治るなんて、時代ですよね。
     かつて不可能だった事がどんどん可能になってきて、生きてるもんだな~って思います。
     昔わからなかった人生の謎も解けるようになってきて、あ~、こんなからくりがあったんだ、とか、こういう精神状態になるって、こんな理由だったんだ、とか、他の人を理解していく過程で知らなかった自分に気がついたり。昔は自分しか見えてなかったな~、なんて反省したり…。

     20代の自分は戻ってこなくても、30代・40代・50代のおしゃれは十分できるし、いろんな意味で挑戦でもありますよね。
     人生何があるかわからないし。
     失った自分を悲しむ暇があったら、素敵な40代50代60代70代を過ごしている人達を見習って、会得する努力の時間に充てたいと思います。

     だからアトピーで失った時間を悲しんでいる方達も、前を向いて欲しいと思います。
     大事なのは昔じゃなくて、今とこれからですよね。
     過去は清算したらもう終わりです。過去に殺される事、ありません。素敵な未来は今が作るんだし、今を楽しみつつ、今後に備えていく生き方の方が私は好きです。

     茨城のり子さんは、一番好きな詩人かな。ピリッとした詩を書いていますが、大事な事を諭されるような詩ばかりです。
     この詩を習った時は、戦争なんて遠い国の話のような気がしていましたが、いろんな事が分かってくるようになったらひしひしと、どんな大変な事だったのか、少し想像できるようになってきました。
     他にもたくさん素敵な詩があります。

     平均寿命程度で死にたいと思いますが、それまでは生きたいな、と思うようになりました。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    まかろにちゃん
    >後ろ向きなのはとても疲れます
    笑ってしまいました。本当にそうですよね~。
    思春期でアトピーが酷くなってしまった方は、とても辛かったと思います。でも!これからですよね。
    全く健康な人が幸せな人ばっかりじゃないですし。自虐的に行動する人を見ると体が健康=幸せ、というわけじゃないな、って思います。
    でもまかろにちゃん、心はとても健康そうで良かったわ!

    素敵な詩

    私も中学高校はかなり残念なかんじだったので(それまで明るかったのに、顔に湿疹がでるようになって暗くなってしまった)
    今でも後悔していますが、後悔しても意味がないので
    最近はこれからどうやって生きるかを考えていますよ◎
    他の疾患のせいで出来ることは限られてくるけれど、その限られた中でも楽しく生きようと色々模索中です…。
    ゆかりさんが書いているように、もうちょっと生きていれば私の疾患のメカニズムも解明される日がくるかもしれないし~♪

    後ろ向きでいるより前向きでいるほうが楽しくてラクですね。
    後ろ向きなのはとても疲れます 笑

    EDIT COMMENT

    非公開コメント