プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ドクター講演3

     引き続き、です。
     今回の記事は、出席された方がドクターが口頭で付け加えて話した内容を整理してくださいましたので、それを転載します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ●悪化事例
    ・アレルギー注射を終了した患者さんに再スクラッチテストを行った際
     別のアレルゲンが顕れる事がある
     (抗体が出来るのは常人にもあることなので仕方ないのですが)
     (初期テストでステロイドの影響を受けていた場合は、テスト結果が不正確になりやすいですが、そういったもの以外という状況)
    ・また、アレルギー注射継続中、免疫の変化で悪化する場合がある、
     (注射の濃度を薄める、または早くする)

    ●日本独特の問題
    ・洗濯における風呂の残り湯の使用、洗濯物の野外干しの習慣、布団干しの習慣、2度湯、家族で風呂水を共有するなど、
    ・草や木にアレルギー反応があった人はアロマオイルやエッセンシャルオイルの入ったシャンプー等は×
    ・お風呂のお湯を何度も入れ替えが難しい場合は、残り湯に少量のハイターを入れるとバクテリアを殺菌できる

    ●AAJ進捗 
    セタフィル日本版ファイナルエンド披露(前回はプラスティベース日本版ファイナルエンド披露)

    ●セルフケアの重要性がさらに高まる
    ・空気系アレルゲンが喉や鼻を経由せず、 バリヤーが不完全な場合皮膚を貫通してアレルギーを起こす場合が多い事が新たに分かったため、よりいっそうセルフケアを重要視する方向
    ・セルフケア不完全の為の悪化事例や問い合わせが多い。
    ・以降サボり防止の為に、セルフケア誓約書を書かせる方針

    ●薬について、
    ・プロトピックなどの非ステロイド軟膏系は現在ほぼ使用していない

    ●医療の変化、進歩
    ・今までのアレルギー注射は特定のアレルギー物質に対するブロックでしたが(効果自体は群棲には及ぶ場合があるそうですが、例:米原産杉→杉類全般)、今後は注射を続ける事により、検査項目内外のアレルギー全般にも効果が出るようになる。
     (これまでは特定の場所への駐車、これからは駐車場全体に屋根をかけるといった感じのイメージでしょうか)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     とても簡潔にまとめてくださったのでわかりやすいですね。
     この内容についてはプリントアウトして、アンダーラインを引きながら頭に入れて頂きたいと思います。
     空気アレルゲンがダイレクトに皮膚を貫通して体内に入る、というのは新しい研究結果です。これは非常に大事な事なので、次回、テーマに取り上げたいと思います。

     講演後は患者さん同士で交流できて、その後みんなでどこかに行ったみたいです。
     帰国後は孤独に陥りやすく、再発してくると不安に駆られますから、こういう交流の場はとても大事だし、励まされるし、いいですよね。それにとても楽しかったみたいですよ。
     今後、こういう場があったら積極的に参加される事をお勧めします。

     記事にご協力くださった方々、どうもありがとうございました。とても助かりました。
     またこの記事もそうですが、特別に心を砕いて協力を惜しまないおか○ーさん、いつもありがとうごさいます。この方のおかげで何人命を救われたかわかりません。私の所にもおか○ーさんに対する感謝のお気持ちをたくさんの方から聞いています。
     お時間のない中、大変と思いますが、今後もよろしくお願いします。
     

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    テンプレートを変えました。
    表示して、もし崩れていたら教えてください。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント