プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    敵が見えなきゃ戦えない

     アトピーは原因不明、とされているので、それを信じている人は、見えない敵と戦う事を余儀なくされてしまいます。
     
     アトピーがなかなか治らない重度の人、というのは、トリガーを複数抱えている人が多いです。アレルギーの数が多ければ多いほど、トリガーの数が多ければ多いほど、治りにくいのです。
     問題を整理して見ていかないと、多くの民間療法に振り回されてしまいます。
     ・布団をダニ予防のものに変えたら、治った。
     ・歯を治したら治った。
     ・アトピーに良い温泉があるので、そこへ行ったら治った。
     ・アトピーに良い化粧品がある。
     ・海外へ行ったら治った。
     枚挙にいとまがありませんが、どれかを実践したら治るだろう、という事で、どんどんお金が続く限りつぎ込んでいく、という風になっていくと思います。

     情報が飛び交い、患者本人も混乱してしまっていたり、いくつも試しているうちに心が固くなってしまったりして、多くの人が情報処理や正しい判断ができなくなってしまっているような気がします。
     何らかの治療法を試す時、それがなぜ治癒につながるのか、それが見えない治療法は、試さない方がいい、というのが私の考えです。
     もちろんコストがかからないものについては、精神的な被害も少ないので危険でなければ試してもいいと思いますが、コストがかかるものはやめた方がいいと思います。

     渡米してドクターの治療を受けて思ったのは、敵が見えるようになった、という事です。
     私のトリガーは1年に1~2回の花粉や草の種、猫、ハウスダスト、バクテリア、汗、ヘルペス、食べ物では魚でした。接触性のものは、洗濯洗剤、シャンプーはダメな製品が多く、ゴムはちょっとグレー、な感じです。
     このように敵が見えるようになったので、対策がとれるようになり、対策に失敗してもその日のうちに、イソジンウォッシュを使って洗浄したり、ステロイドの外用薬をちょこっと塗ったりしておけば良くなる、というのもわかるようになりました。
     つまり敵が見えるようになったので、対策、対処が出来るようになり、コントロールが可能になりました。

     渡米して帰国してくる段階で、アレルギーテストによって、空気中のものに関しては、自分が何がダメか、はっきりわかるようになります。
     接触性のものに関しては、帰国後に自分で経験的に見つけていく事になりますが、根気良く探していけば、見つかってきます。見つかればコントロールが可能です。

     最近思うのは、やはり渡米して治療する人の話を聞くと、アレルギーが酷いなぁ、という事です。検査項目すべてに強い反応を示す人も少なくないし、たまにはアメリカでのアレルギー集中治療の(ラッシュと呼ばれます)際、軽い呼吸困難を感じたり、気分が悪くなったりする人がいるようです。
     もちろん精神的なものもあるでしょうが、減感作療法がベースである以上、自分がダメな物質を体内に入れるわけですから、実際の反応として出ているケースもあるわけで、去年のドクターの講演の時にもドクターが言っていましたが、渡米して治療する人たちはアレルギーが酷い人が多い、という事です。つまり過敏な人、もっと言うなら超過敏な人が多い、という事です。

     敵が見えなければ、適切な治療ができるわけがなく、○○をして治りました、という人は、トリガーが一つで、しかもそれを見つける事が出来た、というラッキーな人、という事ですね。
     でも難治の人のトリガーが大抵複数、という事を考えると、それをやってみても治ってしまう可能性は低く、なおかつ「トリガー」の意識がなければ、やった事に対する評価も難しいです。
     また、敵が見えずに現象として「良くなった」だけでは、再発も防ぎにくいと思います。この典型は、湯治で遠くに行った人、とか、海外に行って良くなった人、などです。あと、解毒・体質改善系もこのタイプに入ると思います。
     
     私が渡米してドクターマセソンの治療を受けて本当に良かった、と思う最大の事は、トリガーがわかって、アトピーをコントロール下に置けた、という事です。
     見えない敵と戦うのは大変な事です。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。


     ドクターマセソンが10月27日に来日して、講演・公開インタビューなどをしてくださる事になりましたね。
     AAJに詳細が出ましたので、ご参照ください。
    http://www.a-association.com/information/drlecture2007.htm
     治療前の方はもちろんの事、帰国後のトラブルなどにも今回は注目してお話しくださるようなので、帰国後の方も行かれるといいと思います。

    スポンサーサイト