プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    漢方薬はリバウンドがないか

     漢方薬はリバウンドなどの副作用がなくて安全、と思っている方は多いと思いますが、ちょっと小耳に挟んだ話を。。。

     漢方薬でも、リバウンド様の症状が起こる事があるようです。

     この点に関しては、医療情報など、正確な情報を得て、の事ではないので半信半疑的に聞いて頂いて構いません。

     ただ私の経験でも、これはなるほど、と思いました。
     漢方薬を飲んでいた間、薬が変わって効かなくなると顔や体がむくんできたり、症状がかなり悪化したり、といった事はよくありました。
     不思議な事に、
    「悪化しました。酷いんです」
    と言って送られてきた薬を煎じて飲むと症状が軽減するのですが、
    「少し良くなりました」
    と言うと、次の薬から効きが悪くなったり、時には先程書いたようにかなり悪化する事がありました。

     漢方薬にステロイド様の作用があるんじゃないかなぁ、というのは、使っている時から何となく感じていました。ただ漢方薬の魅力は「副作用がない」というものだと思いますので、まぁ、問題にならないかな、と思っていました。
     漢方薬のステロイド様作用、というのは、最近もあれ?と思った事としては、最近アトピー治療で有名になってきた病院の中国人医師が、中国ではリウマチを専門にしていた、という事です。
     日本でも、リウマチの治療にステロイドを用います。
     リウマチ治療の知識がアトピー治療に役立つ、という事は、この共通点で思いつくのは、炎症と治療にステロイドを用いる、という事です。

     漢方薬に直接ステロイドを混ぜ込む荒業をやる所は別として、鶴治療院などの生薬の漢方薬を飲んできた私としては、漢方薬だけでもステロイド様の作用を出す事はある程度可能だと思うのです。
     ただ西洋の薬と違うのは、やはり副作用の問題でしょう。漢方薬は解毒剤と一緒に飲むようなものだと思います。
     でも私が経験したリバウンドのような症状が出る、という事は、漢方薬でも使い方によってはかなり強いステロイド様作用を作る事が出来る、という事だと思うのと、短期でしかそれを用いようとしなかった中国人医師の使い方は、そのリバウンド様作用と知っていたのだと思います。

     ステロイドを拒み、漢方薬に助けを求める場合も、結局は「ステロイド」なのかな、と思うと、なんだか皮肉な感じがします。

     渡米して治療して思ったのは、アトピーの炎症というのは思っている以上に強くてしつこい、という事です。渡米前は7年くらい脱ステしていましたから、渡米治療で久しぶりにステロイドを使ったのですが、ドクターの治療を受けて2年たちますが、この2年間の間に、かなりの量のステロイドを私は使ったと思います。
     でも、これだけの量のステロイドを使う必要があった、という事です。
     
     漢方薬で使う「ステロイド様作用」では私の炎症は強すぎて止める事が出来ず、でもリバウンドは出ていた、という事になります。
     ならばいっその事、ステロイドのみの内服薬で直接量をモニターしながら調整できる西洋医学の方が私は優れているように思いました。

     ステロイドについて、副作用は様々あります。ステロイドの副作用はあるのです。けれど私はこう思います。
     フグには毒があります。どんな毒性作用があるか、わかっています。
     けれど、どこに毒があるのかはもうわかっていて、そこの部位を取り除けば安全に食べられる事が可能です。
     ステロイドも同じ事が言えるのだと思います。
     もともと医療とはそういうものでしょう。ステロイドにどんな副作用があるのかはわかっていて、「だから危険だ」と声高に叫ぶだけでは解決に至りません。
     残念な事に、どこに毒があり、どうすればそれを取り除けるか、そういう事を知らない医師達の処方によって、アトピー患者は混乱してしまう事になりました。また、副作用で苦しんだ方、苦しんでいらっしゃる方がいる事も事実です。
     でもステロイドには強力な炎症を止める作用があり、それと同じだけの作用を持つ抗炎症剤というのは残念ながらないのです。
     ならばそれを使いこなす方向に向いた方がいいと思うのです。
     私は2年の間にかなりの量のステロイドを使いましたが、顔がむくんだ事もないし、ステロイド終了直後に症状が劇悪化した事もありません。
     つまりアトピーに対して安全に用いる方法は、確立している、と言っていいのです。

     私も実はステロイドの内服薬=強い、副作用がたいへん、というイメージを持っていました。医療従事者でもそう思っている人は多いと思います。
     でもアメリカで治療を受けた時、スーパーバイザーの方と話していて、
    「ステロイドの内服薬が出る、ってやっぱり相当なんでしょうねぇ」
    と言ったら、
    「そうでもないよ。外来でも普通に結構出るけどね」
    と軽く言われて衝撃を受けました。
     使いこなすって凄いです。
     
     植物がホルモン様作用を示す事は確かにあります。
     私の経験ではアロマセラピーです。エッセンシャルオイルに含まれる成分が女性ホルモン様の働きをするので、施術を続けていると生理にまつわるトラブルや不快感が軽減されていく事はよくありました。イギリスではお産に用いる助産師もいるという事で、分娩が通常よりスムーズに進んだり、産後の体の回復も普通よりいい、というのを文献で読んだ事があります。
     漢方薬は婦人科でも治療によく用いられますから、漢方薬がホルモン様の作用を持っていてもおかしくないでしょう。
     つまり漢方薬の処方によってはステロイド様作用をもったとしても不思議はないと思います。

     漢方薬がステロイド様の作用を持つという事がわかると、なぜ治る人と治らない人がいるのか、なぜ私が治らなかったのか、わかったような気がします。

     私も漢方薬はリバウンドがない、副作用の心配がない、と思っていましたが、当時の私の症状は軽いリバウンドだったと思います。
     ただ漢方薬のステロイド様作用は、白内障を起こさせたりするような事はない(と思う)ので、きちんとしたの所の処方なら問題なく、アトピーが治らないにしても、安全だと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     ドクターマセソンが10月27日に来日して、講演・公開インタビューなどをしてくださる事になりましたね。
     AAJに詳細が出ましたので、ご参照ください。
    http://www.a-association.com/information/drlecture2007.htm
     治療前の方はもちろんの事、帰国後のトラブルなどにも今回は注目してお話しくださるようなので、帰国後の方も行かれるといいと思います。ドクターの本心は、治療後、みんなが元気になった姿を見たいらしいですよ。(^_^)やっぱり、あれから大丈夫かな~、ちゃんと治ったのかな~、と、思うみたいです。治療した方が元気になっていく事が、ドクターにとって、医師として誇りでしょうし、やりがいだと思います。
     なので、日本でアトピー治療をしている医師達は、ちょっと可哀想だな、と思います。治せないから、やりがいもなかなか感じられないですよね。。。ちょっとバーンアウトしている医師が多いみたいです。

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。