プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    衣類に注意

     衣類はアトピーにとって常に接している物として、素材、そしてデザインも気をつけた方がいいものです。

     素材は綿100%が一番無難だと思いますが、綿であっても固い綿であったり、表示の嘘で化繊がかなり入っているような感じのものとか、ストレッチ素材とかいろいろあります。
     固い素材のものはどうしても擦れやすくなりますから、お勧めしません。同じ理由でジーンズも状態がよほど良くない限り、あまり良くないのです。
     ジーンズは生地が固くて厚いのです。なので縫い目の所などどうしても固くなります。また、お尻や太ももなど、体に密着したデザインが多く、特に内モモの辺りは、歩くと擦れますよね。なので、状態が良くなるまでは、はかない方が無難です。
     帰国後、悪化を繰り返した人の中に、ドクターからジーンズ禁止令が出た人がいました。もちろん一生ではなく、状態が安定するまででしたが、今はもう何ともなくなったけれど、思い返すと当時はやはり内モモの辺りから悪化が広がっていて、柔らかい素材でフィットしないコットンパンツを2年位はいていたら、トラブルはなくなった、という事でした。
     
     素材は通気性と吸湿性に優れ、柔らかく、刺激がないものであれば、綿でなくてもいいのです。
     私は今の時期、綿と麻が入ったものをわりと好みます。麻は上質のリネンであればいいのでしょうが、そうでない麻は生地が固いので、私は綿と麻の混紡で、薄くて柔らかめのものを選んでいます。
     中には、絹がいい、という人もいます。これでなくてはならない、というものは無いですが、アトピー体質に向く素材と向かない素材はあります。

     またデザインも大事です。
     あまり体に密着しすぎないものがいいですよね。ふんわりした感じです。そでぐりも狭かったりすると擦れる原因にもなりますし、擦れる所はアトピーも出やすく、繰り返しやすいです。
     私は肩口がダメです。肩から脇をぐるっと一周している所が汗とスレと、皮膚の2面がくっつく所、という事で、アトピーの好発部位になっています。なので、肩やそでぐりの大きさも考えて服を選びます。
     でもどうしても仕事の都合で、きちんとした服を着なければならない人の場合は、ちょっとカッコ悪いですが、一つ上のサイズを選ぶのもの一つだと思います。

     女性はこの時期、ブラで悩みますよね。ブラのトラブルは意外と多いと思います。体にフィットした服を着なければならない場合は、どうしてもブラが必要になりますから。
     下着はこの点、アトピーに優しいものって少ないですよね。肩ひもがほとんど化繊だし、素材もデザインのきれいさにメーカーがこだわって、色鮮やかな感じ(色をきれいに出すには化繊を入れないとダメ)やレースを入れてきたりして、アトピーの人には悩みの種だと思います。
     なので私はブラをやめてしまいました。
     胸の辺りに切り替えがあるタイプのふんわりしたデザインのものは、胸のトップが目立ちにくいです。またブラウスは、ひらひらしたドレープがたっぷり付いたものなどなら、胸のトップが目立ちません。かっちりした仕事用のシャツなどは、タンクトップを一枚着ると目立ちにくくなったりします。
     「徹子の部屋」で以前、黒柳徹子さんがブラはしない、と言っていたので、彼女の服は意外と参考になるかもしれませんね。

     あとデザインでヒダも注意ですね。ヒダを寄せる、という事は、そこは布が重なり合う=厚くなる、という所なので、ヒダの部分が体に当たるデザインのものは、アトピーにはあまり向かないでしょう。
     また布が重なるデザインのものは、そこは服を2枚も3枚も重ねてきている事になるので、厚くなりやすく、汗が溜まりやすいです。また服を洗った時、そこは乾きにくいので生乾きになりやすいですからバクテリアが繁殖しにくくなります。
     やっぱりハワイとか、暑い国の服のデザインは参考になりますね。暑い国の服は、体が楽です。日本の暑さも熱帯化してきていますから、アロハシャツなんかが公式の場で正装と認められるようになれば、特に男性はずいぶん楽になると思います。スーツって、拷問みたいですよね・・・。

     衣類がアトピーのトリガーになる事は多々ある事なので、盲点になっていないか、普段着ている服をもう一度見直してみるのもいいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント