プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    周囲のアトピーの人

    多い質問は
    1、本当にドクターが使うステロイドは安全か?副作用はないのか?
    2、本当に治るのですか?
    この二つが最も多いです。

    ちなみに答えとしては
    1、私の知識と経験の上での回答になりますが、副作用の心配は要らないです。私自身、副作用が出た事はありません。もちろんリバウンドもありません。(そう言えば、風邪は引きますね。毎回・・・。でも酷くなる前に、ショートバーストが終了します。)ドクターの治療でステロイドの副作用が出た話は、聞いた事がありません。(元気になってしまう、という人の話がありました。ま、副作用といえば副作用ですね。)
    ステロイドは世に出て何十年もたっている薬なので、本来は安全に用いる方法が確立されている薬です。
    数年前、新薬のプロトピックに飛びついた日本のやり方を思うと、新薬よりステロイドの方がむしろずっと安全と言えると思います。(日本のアトピーのステロイド治療はこの範囲に入りませんが)

    2、アトピーであれば、アレルギーの度合いにもよるのでしょうが、ドクターの指示に従ってきちんとしていれば、その先に「完治」はあると思っていいと思います。
     ただ、私は1患者なので、全ての症例を知っているわけではないですし、アトピーは高い自己管理能力が要求されますから、きちんと管理出来ない方や、治療につながる行為を帰国後、自己判断でやめてしまう方もいらっしゃいます。そういう方は治らない可能性が高いと思います。
     どんな医療行為にも100%治せます、というのは常識的にありませんから、どうなるかは、やってみないとわからないという事になります。
     個人的には、日本人の難治のアトピー患者の治癒率がここまで高い治療は、ドクターマセソンの治療以外、私は知りません。やる価値は十分にあります。

     と、こんな回答になります。
     いろんな人がいます。かなり調べている人、全然調べていない人、ネガティブな材料を探している人、心は決まっていて、背中を押して欲しい、と思っている人、など。
     返事を差し上げると
    「ゆかりさんって、親切な方なんですね」
    と、言ってくださる方もいます。(*^^*)ポッ
     
     アトピーも酷くなったら、自分で治せる、というのに限界はあると思います。何でもそうですが、私達は神ではないのですから、「自分でできる」という事に限界がある事があります。
     他の人の知恵を借りたり、プロの手に委ねたり、医療に限らず頼る事は悪い事ではありません。
     「頑なさ」は裏を返せば未熟さの表れである事が多いです。人は一人では生きていく事は出来ません。
     アトピーの治癒への道を遠くしているのが、患者本人でありませんように。

     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。



     
    スポンサーサイト