プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    完治までの道程3

     前回も書きましたが、正直、ここまで良くなると思っていませんでした。
     もともと0歳の頃からアトピーだったし、10年も皮膚の8割以上、異常な皮膚に覆われていたせいもあって、「正常な皮膚」というものの定義が実感としてよくわからなかったのです。

     渡米中の経過も、早い人はどんどん良くなるそうですが、私は炎症こそなくなり、確かに脱皮もしましたが、皮膚が厚くなった実感、というのはあまりなかったのです。
     でも眠れるようになったり、冷え性が治ったり、胃腸も元気になったような、そんな実感があり、全身状態が良くなったのはわかるのですが、痒みも残っていたし、こんなもんかな~?という感じでした。
     帰国後も正直、そんな感じが続いていて、しかも帰国後2ヶ月くらいでショートバーストだし、元の状態には戻らないものの、このまま行ったり来たり、の繰り返しなのかな?と思っていました。
     皮膚の方は、今思うとシワが深かった所も徐々に浅くなり、着実に厚くなってきていたんだと思うのですが、痒みもすぐに出るし、1年を過ぎても夜中に掻いているのを夫に指摘されたりして、まだ痒みが消えきっていないんだな、と思っていました。
     評価の基準のつもりだった1年を超えても、3歩歩いて2歩下がる状態を続けていたので、ボチボチ?なんて思っていましたが、1年2ヶ月頃、突然皮膚が厚くなってきたのを感じ始めました。バクテリアなんかに反応するのが鈍くなってきたのと、もっちりしてきた感じがしたのです。アレルギー注射がやっと効果を表してきたみたいですね。私の場合、遅かったんだと思います。
     その後は徐々に実感として皮膚が厚くなってきたり、痒みも減ってきました。最近は夜中に掻いている事もないようです。
     自己管理法についても、バクテリアからの身の守り方や、自分に合った洗浄剤を見つけていく事なども、この2年の間にわかり、日常のペースに取り込んでいく事が出来ました。
     これは家族の協力も必要でした。夫は協力的だったし、私の食べ物アレルギーへの協力、洗濯機買い替えなども快く受けてくれました。感謝です。

     こうしてみると、私は自分がいかに「難治性」のアトピーだったかわかります。温泉療法、その他の民間療法にいくら時間とお金を費やしても、おそらく治らなかったでしょう。
     民間療法で治る人、というのは、見た目は酷く見えたとしても、問題の根がそれほど複雑ではない人のように思いますから、私とは違うタイプの人だと思います。
     今でも朝使ったタオルを昼に使えば痒くなりますし、シャンプーもいい加減にすすげば、額に赤みが出ます。再発予防に努めているから、良い状態を保てるという事がわかります。
     アトピーは原因不明なのではなく、生まれもっての過敏な体が環境の何かに反応して起こる、という事を実感しています。
     皮膚の新生のスピードも年齢のせいやおそらく体質のせいもあり、遅い方だと思います。
     この2年、何度も不安に思いました。この程度がゴールなんじゃないか、と。
     でも、今はあぁ違ったな、と思います。
     そして、こんな体質の私であっても完治に至ったという事は、他の方も十分治る、という事です。

     だから何をやっても治らない、と思っている方、それは違うとはっきり申し上げたいです。
     適切な治療とその人のトリガーの除去をしなければ治らないだけです。何かをやって治らないのは、それが原因と結びつかない、適切ではない方法だからです。
      
     ようやく今に至り、終結、と思っていますが、アトピー体質は変わらないないし、次は再発させないようにして、コントロールしていく事が課題です。
     アトピーは良くなったけれど、世の中にはたくさんの病気があり、アトピーはその中のたった一つに過ぎません。アトピーコントロールのみならず、他の病気にも気をつけていかなくては、と思います。
     病気は予防していく方が楽で安い!
     これがアトピーを通して学んだ事の一つです。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     このブログはタイトルからも分かる通り、「アトピー主婦」のブログでしたが、もうアトピー主婦、というのが似合わなくなってしまいました。
     夫が初め、私が付けたタイトルの「つらつら」は、「辛い」のつらつら?と、きいた事がありました。そんなつもりはなかったけれど、書き始めた頃は本当はそうだったかもしれません。
     
     長く続けてきた事もあり、タイトルを変えると分からなくなってしまう人もいらっしゃるかな、と思うので、タイトルはこれまで通りで、内容もこれからもアトピーに関する事を今までと同じように発信して行きたいな、と思っています。
     今後とも、どうぞよろしくお願いします。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    katuoさんへ
    はじめまして。コメント、ありがとうございます。
    症状を書いてくださったので、何となく状況が掴めました。
    私が察するに、既に外用薬のステロイドに対してkatuoさんのアトピーが抵抗性を持ってしまったように思います。なので強度を上げていく以外、道がなくなってきている状況ではないかと。。。
    でもヘルペスを繰り返していらっしゃる、というと、ステロイドの副作用で、抵抗力が下がってきてしまっている、と思います。
    繰り返し同じ所に出る、というのは、元々出易い部位で、皮膚がアトピーを覚えてしまっているような所かもしれません。
    正直今から脱ステは大変ですし、脱ステ=完治が成り立つかどうか・・・、です。
    重度かどうか、は、治療後になってみないと実は分からないところで、見た目や体力とは関係がない事がよくあります。それに他の人と比べる必要は全くないですからご安心を。
    自分が思っているより、案外周りの人はわかっていて、「アトピー辛そうだよね」なんて話していたりするものですよ。それにそう思われていなくても、アメリカに治療に行く、と言えば「そんなに辛かったのね」と言ってくれる人の方がずっと多い筈です。
    周りの目よりもkatuoさんの人生の方がずっと大事です。
    とりあえず資料等読んで検討してみてください。ご質問などありましたら、いつでもどうぞ!

    ゆかりさん、はじめまして。
    完治へのみちのり、読ませて頂いていました。私は子供に頃からずーっとアトピーでした。特に疑問も無く医者から出た薬を飲み+塗り35年以上過ごしてきました。
    ところが、昨年から、ステロイドが効かなくなり、直ぐにヘルペスが出る症状に悩まされて検索し、こちらのHPにたどり着きました。ヘルペスが顔や背中に頻発するんです。指の間や手首、首の後ろ、頭、膝、足首なんかには1センチ径くらいのカサカサができてまるで根があるように再発する。何だか今までと違うんですが、どの病院でも「アトピーです」でステロイド出して終わり。肌が赤黒くなるばかりで、痒くてよく眠れず、ほとほと参ってしまっています。
    重度の方達からすれば、大したこと無いのかもしれませんが、会社では気持ち悪がられ、いらいらで益々痒くなってしまいます。脱ステロイドが必要なのか?とも悩んでいました。。。でも、アメリカに行くなんて言って良いのか、と周りの目を気にしてしまいます。
    資料等見せていただいて、じっくり検討したいと思っています。
    これからも経過等続けて教えてください。

    ろくろくさんへ
    何とかここまでやってきました。渡米後の道程は、渡米前の状態より全然楽だったので、苦労の末感動の!という感じにではなかったんですけどね。大変だったのは行くまで、でした。
    最後のヘルペスは「あ」という感じでしたね。もっと早く気がついていれば、2年もかからなかったと思います。とはいえ、帯状疱疹にならないとなかなか分からないので、仕方なかったですが。
    私も小さい頃、水疱瘡の予防接種しましたよ。でも抗体がなかなか出来ないタイプみたいで、子供の時は移りませんでしたが、中1で水疱瘡になりました。ツベルクリンも陽転していないし、体質的にやっぱり弱いのかなぁと思います。
    でも、こんな私でもアトピーは完治状態に至ったので、ほっとしています。(^・^)

    おめでとうございます

    ゆかりさん、今までの完治へのみちのりの記事、読ませて頂いていました。
    きっと治る、絶対治ると信じいらしたゆかりさんも、治療中には、揺れたりゴールのラインが低いかもしれないと感じられたりされたんですね、それでも一歩一歩頑張ってこられたことを尊敬します。
    ほんとうによかったですね、おめでとうございます。
    完治といっても、日々気をつけることはあるでしょうが、それは多少のアレルギー体質の人間なら、なんでも多少はありますものね(私、最近指先がまた割れてきました、はぁ~)。
    そにれしてもヘルペスというのは意外でした、娘は結局予防接種してしまい、その後水疱瘡の子供と』接触しても発症しなかったんですが、今後どうなるのか、ちょっと気になってます。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント