プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    完治までの道程1

     アトピーが完治するまでの道程を、まとめてみたいと思います。
     渡米中の事は、日記に詳しく書いてあるので、帰国後の事から。

     帰国後ショートバースト(ステロイドのスポット的な内服)は2ヶ月毎位にやっていました。最後にやったのは今年の冬が最後でした。
     帰国後、初めて悪化したのは夏場のスリッパが原因でした。なので足から始まり、あれよあれよという間に広がったのを覚えています。でもこれでバクテリアにとても反応しやすいのがわかり、清潔を心がけるようになりました。
     あとトリガーとしては排卵。
     食べ物アレルギー。魚介類がダメな私は、初め、姑に魚介類にアレルギーがあるのを打ち明けられず、クラリティンを飲んで挑んでいましたが、無理していると夫の実家に行くのが嫌になってしまう、と思い、思い切って姑に話して、理解を得ました。メデタシ、メデタシ。
     これをきっかけに、食べ物を無理して食べるのはやめました。たとえ旅行でも。
     他に、外食時や買ったものの中に魚介類が含まれていたり、サプリメントに反応したり。サプリメントのカプセルに反応したりしていました。コラーゲンとかもダメでしたね。CoQ10も、ローヤルゼリーもダメでした。何となく、元気が出る、とか、きれいになる、体内の脂肪を燃焼させるようなものとか、原材料に魚介類を使いそうなものとか、そういうのがわりとダメですね。なので、食べ物でせっせと取る事にしています。サプリメントは結構しっかり蕁麻疹が出るので、要注意です。。。
     手湿疹は、タオル交換など、バクテリア対策が要でしたね。詳しくはカテゴリの「手湿疹」をご覧ください。 
     接触性のアレルギーとしては、額や首のシャンプーが原因の皮膚炎に長い間悩まされましたね。でもこれも、今年の春頃に制覇。ゴムは正直、グレーゾーンなんです。今でも・・・。

     空気中のアレルギーで検査に反応したのは、スギ花粉、草の種、ハウスダストが強く出ました。あとは、猫がちょっと。ダニは無かったです。
     アレルギーの治療が効いてきた、と一番実感できたのは、1年2ヶ月位たった頃かな。それと今年のスギ花粉。途中まで症状が出ていたのだけど、途中から止まりました。

     クラリティンは帰国後の1年、アレルギー注射が効いてくるまでは、わりと頻回に飲んでいたように思います。あんまり記憶がないのですが、空気中のものにも反応していたし、食べ物アレルギーのじんましんも食べるまでわからなくて、がんがん出していたので。
     でも最近はあまり飲まなくなりました。頻度にして、月に一度位かなぁ。おかしいかな?と思ったら、まず飲むようにしているのですが、そんな事もあまりないので。

     次回に続きます。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。