プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    王道は大事

     アトピーの治療にしてもどんな治療にしても、ずっと行われている「王道」というのはそれなりに理由があるものが多いです。
     
     ステロイドの問題にしても、日本皮膚科学会が推進しているものはやはりステロイドの使用です。
     ドクターマセソンが使用する薬は、日本でも使おうと思えば使える薬ばかりです。だってステロイドは日本にあるし、その他の抗生剤にしても認可されているものばかり。特殊な薬とか一切使っていません。どれも日本であれば保険適応される「王道」の薬ばかりです。
     ドクターマセソンの治療もアメリカであれば、保険がちゃんときく診療ですし。
     日本人の医師も、王道の薬をきちんと見直して使えば、十分効果的、かつ安全に用いる事が出来るようになる筈なのです。
     
     昨今皮膚科医が開業して、自費診療に切り替えて、アトピー患者に何かを売りつける、というのをちらほら聞くようになりました。医師から勧められるので、買ってしまう患者が多いようです。
     また美容と結びつけて自費診療で一儲けしようとしている皮膚科医も多くいますよね。
     自費診療に切り替えると、すごく儲かるらしいです。保険に縛られないし、値段は自分で決められますから。
     でも、私はアトピーの自費診療の病院は一切、信用しません。
     ドクターの治療法をみればわかりますが、自費診療の必要がなく、王道の方法をきちんと見直せば、ずいぶん多くの人が治るはずです。アレルギー治療にしても元は減感作療法ですし、脱ステ、脱保湿などで治る人が大勢いる、という事は、アレルギー治療を特に施さなくても治る人は大勢いる、という事です。
     自費診療に切り替える目的が全く不明で、その医師の人間性すら疑うので、かかる気にもなれません。

     漢方薬はちょっと別で、これは自費診療は仕方ないと思います。というのも、保険点数内でやると縛られて、適切な処方が出来ないからです。
     健康保険制度の仕組みは、西洋医学用に出来ていて、西洋の診断名に基づいて検査、薬となっているため、診断名が違う東洋医学を保険適応にするには、花粉症にはこの薬、風邪にはこの薬、と薬が決まってしまっているので、保険診療内でやるには非常に難しいし、量も出せない、と、漢方に凝っていた医師から聞いた事があります。ですから漢方薬はむしろ、保険診療外でやった方が適切に治療できます。
     ですが、昔かかっていた中国人の医師が
    「中国なら10分の1の費用で治療できるよ」
    と言っていたので、日本での漢方薬販売は、すごく儲かる筈です。
     日本人の医師が中国人の医師と組んで診療する人もいるようですが、ある意味協力、なのでしょうが、それなら私は漢方薬局にいる中国人医師を探します。
     日本人の医師がなぜ一緒にいるのか不明だし(不要ですよね?)、日本人の医師の人件費がどこかでかかっている筈だからです。中国人医師を使って、アトピービジネスに便乗しようとする姿を感じます。
     確かに処方は中国人で腕がよければ仕方ありませんが、漢方薬局に比べて最終的に高くつくように思います。
     中国人の医師は日本では医師免許が使えないので、医師として働けません。その代わり漢方薬局に「アドバイザー」の名目でいて、見てくれて処方を決めてくれます。つまり見てくれる費用は請求明細の中には数字の上ではなし、となります。
     
     医師がアトピービジネスをし始める、というのは、非常に恐ろしい話ですよね。アトピー患者は保湿剤なども必要になるので、その医師が作った、などという製品があったら、疑いもなしに買ってしまいそうになります。
     でも全成分表示、というのを要求する事をお勧めします。おそらく内容に合わない不適切な値段が付いている事が疑われますし、似た成分であればそれでなくてもいいかもしれませんし。

     余談ですが、ドクターマセソンの治療が高すぎるからアトピービジネスだ、と決め付ける人がいるようです。
     その人の中では「高い」=アトピービジネスという図式が成り立っているのでしょうが、高いと思ったらなぜ高いのか、その根拠を調べてみることの方がずっと大事です。
     なぜベンツは高いのか?なぜ家も一軒一軒価格が違うのか、食品だって安いメロンから高いメロンまであります。
     高い=ダメ、というのは、道を閉ざしてしまう事です。
     まずなぜ高いのか、それを考えたり調べたりする事の方がずっと大事ですよね。

     食事も「王道」が大事です。
     除去食や、あの食品がいい、というのに飛びつくのではなく、栄養学のきちんとした本でも一冊読み、十分理解したうえで、それらを「取り入れる」という風にしてください。
     取り入れる前には、なぜ、それがいいと言われているのか、きちんと根拠を調べてくださいね。解毒説などに翻弄されませんように。
     そして前回も書きましたが、栄養学的にちゃんとバランスの取れた食事になるように工夫して、取り入れた方法を評価してください。

     「王道」が「王道」になっている理由はどこかにあります。それをきちんと理解できれば、良し悪しの判断材料になり、多くの情報に流される事が少なくなります。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
      
    スポンサーサイト