プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    特定していく

     アトピーに何とかいい療法を、と食事制限をしてみたり、サプリを試したり、みなさんいろいろすると思うのですが、ひょっとして同時にいろいろ試しちゃっている人が多いかな、と思います。
     でも私は同時に複数やるのはお勧めしません。どれが効果があったのかわからなくなり、無駄な事をし続ける事になる可能性が高いからです。

     例えば除去食をする時、「肉が良くないというから」と、肉を一気にやめたりしていませんか?
     結果、改善すると肉をやめたままの食生活、という事になりますよね。でもそれって栄養学的にどうでしょうか?
     肉も豚肉、鶏肉、牛肉、とあります。全部ダメだったのか、それとも何か一つだけだったのか、それをきちんと特定できているでしょうか?
     もしかしたらダメなのは豚肉だけだったのに、肉を全てやめてしまい、たんぱく質不足に陥って、かえって皮膚の再生能力を弱めていた、などという事も十分考えられるのです。
     あれもダメ、これもダメ、というのはどんどん道が狭まり、結果、「健康」という視点から大きくずれてしまう事になりかねません。ですから出来るだけ道を残していくために、一つ一つを丁寧に「特定していく」事がとても大切です。

     栄養素に関しては、わかりやすいものを一度きちんと読んでみて、自分の食生活に当てはめて考えてみてください。今見たところ、こんなサイトがありました。

    http://www2.neweb.ne.jp/wc/hooko/SANDAI.HTML

     食べ物は、アレルギーであろうと「健康的な食生活」をしなければなりません。ダメな食品があれば、栄養素的にそれに代わるものを摂取しなければなりません。

     サプリメントもあれもこれも、いいと言われるものを一度に飲んだりしていませんか?
     まずは一種類飲んで様子をみて、効いたのか効かなかったのか、はっきりさせて次へいく、という事が大事です。ここで「試用期間」と「評価」という事が大切になってきます。
     どれだけ続けて評価するのか、です。
     これは始める前に決めてから開始しましょう。3日で一旦評価。効果がなくても一週間は続けるつもりがあれば、一週間続けて再評価。ここでやめるのかやめないのか、もう少し続けるのか、次の方法を試すようにするのか、また考えてみればいいと思います。
     そして何かを試しながらも、もしダメだったら、と次の手段を考えておくのも大切です。そうすれば効果のないものに、いつまでもしがみつかなくて良くなります。
     
     いくつかの方法を一つずつ試していくと、効果が全くないものがわかったり、かえって悪化させるものがあったり、これはちょっといい気がする、もう少し続けてみよう、と思うものが出てきたりするかもしれません。

     自分で除去できるトリガーは、食べ物アレルギーのものと接触性のアレルギーのものがあります。この二つについても可能性を考えて一つ一つ、特定して排除していけるのが理想です。
     
     温泉療法など、間接的なものもありますが、それら全ての療法について、一つ一つ効果があったのかなかったのか、特定していく必要があります。
     特定していく事は、一つの方法にしがみつく事を避ける事にもつながりますし、余分な出費や無駄な努力を最小限に抑える事につながりますす。それに自由に出来る道を残す事にもつながりますので、一見面倒で時間がかかるように思いますが、一つ一つ、じっくり効果を検証していき、特定していってみてください。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント