プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    評価は大事

     アトピーはいろいろな情報がたくさんあり、必死で模索している人にはどうしていいかわからなくなるかもしれません。
     よ~く見ると、いくつかに分かれるように思います。

    ・ステロイド使用系
      ステロイドを使う、いわゆる普通の日本の皮膚科での治療ですね。
    ・非ステロイド使用系
      ステロイドは使わないけれど、抗アレルギー薬とか強ミノファーゲン、その他の補助剤は使うタイプ。脱ステ医なんかはこんなやり方を使いますよね。
    ・アレルギー対策系
      アレルギーが全ての元、と、フローリングに変えたり掃除をしたり、洗濯洗剤や体を洗う洗浄剤を探したり、検査で出た除去食をしたり。
    ・脱ステロイド
    ・脱保湿
    ・脱入浴
    ・漢方薬系
      煮出して使う生薬や、ツムラなどの顆粒タイプ、軟膏に混ぜたりとか。
    ・東洋医学系
      鍼灸、整体等。漢方薬もこの中に入りますが、漢方薬は広いので別にしました。
    ・解毒系
      とにかく、とにかくデトックス。体に溜まった毒を出せば治るという考え方の元、食べ物に気をつけたりするやり方。解毒にいいというサプリメントをとったり、肉や砂糖などの制限をする。
    ・冷えが原因系
      冷えが原因と、とにかく体を温める。半身浴や入浴時間を長くとる。
    ・温泉療法
      湯治、オムバスなど。
    ・食事療法
      絶食、制限食
    ・サプリメント系
      某有名病院のSODとか、アトピーにいいと言われるサプリを取る
    ・腸が原因
      アトピーの人は腸が弱い、と乳酸菌とかをたくさん取ったりする。サプリメント系に分類したいけど、考え方が違うように思うので、あえて別にしました。
    ・消毒
      イソジン消毒、マキロン消毒、など。
    ・水治療
      たくさん水を飲む。または何とか水を飲む。

     大体、これ位かな~・・・。実は、あんまり昔から変わっていないんですよね。ある意味出尽くしていて、新しい方法が出てもこの中に分類されるように思います。脱保湿や脱入浴はびっくりしましたけどね。
     多くの人は、この中のどれかの治療法をしているでしょうし、いくつかを組み合わせてやっているんじゃないかな、と思います。

     情報に流されないポイントは、その治療の根拠をしっかり調べる事と、その治療によって良くなった人の情報を集めて年齢、性別、重症度などを分ける事と、やり始めたら一定期間で評価し、効果が無ければしがみつかない事だと思います。

     私の本音を言ってしまえば、アトピーの原因、治療法は既に確立されているものなので、原因を取り除く治療法や、ドクターマセソンのやり方に近いものは、治る確率が高い治療法になります。
     アトピーになっている原因(トリガー)は人それぞれで、感染症が被ったりしていると、個人にあったやり方が必要になってくるため、重症者の民間療法の決定打はなかなかないと思います。
     結果、一つの治療法を信じて続ける、とか、翻弄されてしまう、とか、ですよね。
     でも残念ながら、自分の原因でないものを必死で取り除いて苦痛を我慢していても、意味がないのです。アトピーは原因があって結果があるものです。目隠ししたままバットを振ってもなかなか当たらないし、当たる位置まで行けているのかどうかも疑問です。絶対当たらない位置でバットを振り続けている人もいます。疲れるし、悲しくなるだけですよね。。。

     重症の人は、薬害を含めた様々な原因が複合化してしまっているので、私はプロの力、そして適切で効果的な治療が必要だと思います。
     ただ今、どうしても渡米して治療を受けられない状況の方や、迷っている方など、振り返る意味で自分がやった治療法を書き出し、それをどれくらい続けたのか、どの位の効果が出たのか、考えてみるといいと思います。
     ただ一つの治療法にしがみつくと、どうしても良く評価したくなりますから注意してください。どれだけお金がかかった治療であろうと、苦痛が強い治療であろうと、正しく評価してください。
     自分で評価しない方がいい場合もあります。家族や友人など、歯に衣を着せないような人の言う事の方がグサっときますが、正しい事が多いですよね。
     
     「自分には嘘はつけない」

     というのは嘘だと私は思います。自分には嘘がつけます。他人には嘘はつけません。
     ただ他人は気を使ったり、興味が無かったりして、本当の事を言ってくれない事が多いです。

     ドクターマセソンの治療法も同じです。帰国後は一定期間で評価してみてください。完治に近付いているかどうか、悪化した時にトリガーがつかめているかどうか、時間の経過と皮膚の状態の改善は納得できるものか。おかしい、と思ったらアメリカオフィスやAAJに相談してみてください。
    「我慢しないで」
    と、言われていると思いますが、ついつい様子を長くみてしまったりすると思います。
     間違ったケアをしていたり、トリガーがつかめていなかったり、除去が間違っていたり、新たが感染があったりして治療が必要な状況だったりするかもしれません。
     
     アトピー歴を考えて、一度治療法を整理してみるのもいいんじゃないでしょうか?

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     メールをくださった「しんや」さん。返事を出そうと思ったのですが、送信エラーが出て送信できませんでした。
     メールアドレスを文中にお書きいただいて、もう一度メールを頂けたら、と思います。

     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    まりんママさんへ
    民間療法って、続けなければ効果は出ない、と言われますよね。おかげでゴールが見えないマラソンに多くの人が参加せざる得ないようになっていってしまいます。見切りをつける勇気って必要ですよね。
    治るにしても治らないにしても、理由が必ずある筈で、そこがきちんと確信でき、効果が体感できる、というのは、評価の大事な点だと思います。悪化しても振り回されなくなりますよね。

    民間療法では、最低三ヶ月~一年くらいは続けないと効果がわからない。と言われる事が多いですよね。
    はじめのうちは、「そうなんだ」と信じてしまうのですが、何もしなくたって一年のうちには症状の波はあります。
    それなのに、良くなった時を治療のおかげだと勘違いしてしまうんですよね。そんな事を何度も繰り返しているうちに、見切りをつける判断ができるようになりましたが、今思えば時間の無駄でした。

    アメリカ治療を受けて思うことは、少しずつでも確実に悪化の波が軽くなっていると実感できている事で、「治ってきているんだ」と確信できる事です。
    これほどの安心感はないですね。
    今までの治療は何をしても半信半疑で先が見えない治療を手探りで続けている感じでしたが、今はとても前向きにケアを続けられます。
    ゆかりさんのおっしゃる『治療の根拠』がしっかりしているからだと思います。

    まかろにちゃんへ
    私も長いずっと同じ事をして治らなくても続けている人って、不思議に思います。時間は経過していくのでもったいないですよね。
    しんどい病気なので、間違いなら間違いで認めて、次の手を考えていく必要があると思います。

    Waoさんへ
    病気の真っ最中って、なかなか冷静な目を持つの、難しいですよね。人に聞いてもいろんな事言う人がいますし。
    でもWaoさんがおっしゃるように、どこかで客観的に見ないと治る方向に向かわないですよね。

    いいものとあわないものは自己判断だと思います。
    盲信しすぎず、ゆかりさんのように自分を、
    冷静に客観的に見ることが大事ですよね。

    整理していって評価をする事は大事ですよね。
    もの凄く酷い状態の人が同じ温泉に三年も入っていると聞きました。その人は三年経っても治っていない事を疑問に思わないのか、凄く不思議でした。
    一つの民間療法に捕われすぎるのは損してると思います。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント