プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療の進化

     アメリカでのドクター達の治療が、進歩している事は何回か書いていますが、私が行った2年前より今の方がずっといいみたいですね。

     いろんな方の話を聞くと、まずアレルギー治療の進化がめざましいように思います。
     私の時に比べて、検査の精度もぐっと上がり、検査結果の説明も細かくなったみたいだし、帰国後の注射の指示も細かくなっています。
     薬液ボトルも私は1本で、当時は普通でしたが、今は2~3本という事も珍しくないようで、しかもこのボトルは右腕、このボトルは左腕、と部位の指定もあるそうです。
     治療の結果も、私の時は大体1年くらいで効果を実感するのが普通でしたが、今はまず渡米滞在中からすぐに結果が出てくる人も結構いるらしく、帰国後も注射の度毎に体調が良くなる人もいるので、そういう人は注射のスケジュールを早めたりして、どんどん結果も出ているようです。
     多分、かなりアレルギーが解明されてきたんだと思います。
    (いいお医者さんほど、論文とか本とか、書きたがらないですね。だから私は本出しているお医者さんは、あんまりいい腕の人、いないんだろうな、と思ったりします。個人的に。ドクター達も論文書いたり、本出したりとか、あんまり興味ないんだろうなぁ・・・。でも発表してくれないと困るんだけど)
     
     ドクターマセソンの治療も出てくる問題を予測して、先に薬を持たせたり、先手先手を打ってくるみたいですね。
     私の時の方が、何かと後追いだったわ~。(~_~;)

     やっぱりアメリカ、すごいですね。
     進化のスピードがめざましい・・・。2年前行った私の治療が既に古くなりつつあるんですから。

     人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。


     
    スポンサーサイト