プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    あなたは本当にアトピー?

     何やら年々、間違った治療の犠牲になっている方が増えているようです。

     渡米してドクターの診察・治療を受けて、結果、アトピー自体は大した事無かった、という方が結構いらっしゃるようです。
     アトピー自体は深刻でなく、問題の根幹は間違った治療にあるので、そこを正してきちんとした治療を施すと、あっさり治ってしまうようです。
     といってもこういう方々の状態が決して軽いわけではなく、行くまでは温泉治療、有名アトピー病院巡り、脱ステ、リバウンド、などを繰り返し、歩行も困難になるほど体力低下してしまった人なんかも結構いらっしゃるようです。
     でも、渡米後の治療はきわめて順調に行き、帰国してからショートバーストなんかもほとんど不要だったりするようです。

     なぜ、こんな事が起こるのか。

     誤ったステロイド剤の濫用、抗生剤の濫用から起こるようです。

     湿疹の初期に誤った診断や浸透度が強すぎるステロイド剤を処方します。ステロイド剤は抵抗力を下げるので、体は感染を起こしやすくなり、次に起こるのが感染です。
     けれど感染が起こった時に、正しい抗生剤の種類と適切な量が処方されないために、感染が治らなかったり、耐性菌になってしまったり、塗り続けていたステロイドのせいで自分の免疫機能も上手く働かず、感染に感染を重ねる、という事が起こっているそうです。
     まさに悪循環です。

     脱ステして治りました。
     脱軟膏して治りました。
     脱入浴して治りました。

     などいろいろで治る人、いますよね。でも、納得です。本当のアトピーじゃない人、アトピーが深刻でない人もかなりの人数いるって事ですから。
     ですがここで気をつけて欲しいのは、じゃ、脱ステ、脱軟膏、脱入浴すれば治るのか、というわけではない事です。これらで治る人達は、重症化してしまった人の全体の中でそれほど多くないでしょう。
     なぜなら感染に次ぐ感染を起こしてしまっていたり、脱ステ、リバウンド、誤った食事療法その他の誤った民間療法などによって体力が著しく低下してしまっていたり、合わない軟膏、洗剤などを使い続ける事によって、炎症が続き感染を呼んでしまったりする、など、既に複雑化しているケースが多いのです。

     悪いニュースとしては、厚生労働省が年々新しく認可してきている外用薬のステロイドが更に浸透度が強いもので、パワーアップしているらしい、という噂を聞きました。
     理由はわかりません。
     アトピーは抵抗性を持ちますから、どんどん強い外用薬を欲します。そういうニーズの為なのか、利権が絡んでの事なのか。日本はおそらく、外用薬のステロイド消費量は世界でも屈指でしょうからねぇ・・・。
     ですからドクター達の技術もある意味、戦いでしょうね。いろんな患者が来るらしく、また長年ステロイド剤を使用し続けてきたために、この感染症ならこの症状が出る、というのがブロックされていて、わからなかった、という事も起こってきているようです。
     ステロイドを使い続けているまま渡米する人もいます。(渡米して治療するのなら、無理にやめさせる事もありません。無理にやめたデメリットの方が多いので)向こうで適切な治療を受けるのですが、長年塗り続けていたステロイドは、浸透度も強いため、しばらくはそれが「効いている」状態となります。
     けれど渡米滞在は4週間で、ドクターが使用するステロイドも4週間くらいで切れてきます。それと日本で塗り続けていたステロイドの影響も丁度切れてくる頃と重なる場合があるようで、帰国したら悪化して慌てる、というケースもあるようです。本来の感染症の症状が出ただけなのですが、びっくりしますよね。

     アトピーが重症化する、という原因は、様々な個別の要因が複雑に絡んでいます。症状をコントロールして、適切に原因を除去していく事がとても大切です。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    千手観音さんへ
    私も薬の認可の問題と絡んで製薬会社と厚生労働省とかの癒着なんかも考えたりします。
    一般の皮膚科医とか患者だけの問題でもないと思うので、アトピーの問題は大きな問題の氷山の一角かな~と思っちゃって暗くなりますね。。。

    >悪いニュースとしては、厚生労働省が年々
    >新しく認可してきている外用薬のステロイド
    >が更に浸透度が強いもので、パワーアップ
    >しているらしい、という噂を聞きました。
    ここまでくると無能かどうかを通り越して、わざとやっているとしか思えません。まあ、学会ではステロイドのリバウンドはないといっているので、理に適っているのかもしれませんが…。

    浸透度すら分からず、アルバイトやパート未満の責任しか持たない日本の皮膚科医師にそのようなものを扱わせること自体が危険きまわりないと思います。いや、本当に危険きまわりない。

    まりんママさんへ
    まりんちゃんも左右対称だったんですね~。やっぱり私は少数派か。。。
    日本の医療現場、どうなっちゃうの?ってちょっと思いますよね。みんな治らなくなっちゃって。医療費の抑制って、治すのが一番抑制されると思うんですけどね。

    こんにちは♪
    娘はきっちり左右対称のパターンですが、手には出た事はないです。
    小さい時からアトピーだったから、
    お医者さんは「耳切れがあるとアトピー」と言っていました。
    確かにスッパリと切れていましたね。子どもには有効な判断材料なのかしら?
    それにしても、どんどん浸透度の強いステロイドが出てくる日本の医療現場には困りものですね。。。

    まかろにちゃんへ
    へ~、ドクターそんな事も言っていたのね。アトピーってよく、左右対称って言いますよね~。でも私、残念ながら小さい時から左右非対称で、手の平は問題ない、という、典型的な感じじゃなかったです。だから多分、私みたいなタイプはすごく少数派だと思います。
    最後の診察の時、
    「時間が友達になるだろう」
    って言われたから、残念ながら間違いなくアトピーです。(o´_`o)ハァ・・・
    アトピーだと帰国後、何回かショートバーストになりますもん。もちろん個人差があるとは思いますが。

    ゆかりさん、ドクタ-がいくつかアトピ-の特徴を言っていました。症状がだいたい左右対称に出るとか手の平がカサカサしているとか、、。
    私も、ほとんど左右対称に症状がでていたのでアトピ-なんだなって思いました。

    Waoさんへ
    お久しぶりです。こんにちは!
    自分で見分ける方法は、正直言って、残念ながら無いと思います。どちらにしても適切な治療を必要としている状態ですし、アトピーじゃないからいい、というレベルではもうないんですよね。
    重症度としては、アトピーであろうがなかろうが同じです。ただ原因が薬害かどうか、という事ですね。。。
    でもドクターはわかるみたいです。どうやって見分けるかわかりませんが。さすがです。

    いつも参考になります。
    どうやったら、アトピーか否かを見分ければいいんでしょうね。
    医者にアトピーですって言われてしまえばそう思ってしまいますし。
    自分でできる方法はありますか。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。