プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    食事制限1

     アトピーの人で、食事制限をしている人はかなりいると思うけれど、どうやらそれがとても深刻化しているらしいです。

     以前からいろんなHPで肉・乳製品・白砂糖・油分などの摂取はアトピーに悪い、それらが毒になって蓄積している、などなど間違った情報がそれらしく書かれ、実践している人も多いようですね。
     これらを本気で実践している人達は、当然ながら体重が落ちます。しかもちょっとやそっとじゃなく、ほとんど拒食症に近いような体型の人も少なくありません。
     こういった極端な食事療法によって起こる、深刻な問題がいくつかあります。その中の一つが低血糖による脳障害です。
     これらの食品を制限していると、体に必要な栄養素やカロリーが不足してきます。体は常にお腹がすいた状態で、血糖値が下がります。低血糖状態、という状態になります。それは普通、食事の時間になって食事によって栄養分が補給され、血糖値は正常になりますが、食事制限をきつくやっている人は、この血糖値がうまく上がらず、慢性的に低血糖の状態が続きます。
     この低血糖によってダメージを受けるものの大きな臓器が「脳」です。脳はブドウ糖をたくさん必要とします。お腹がすくと仕事や勉強などがはかどらなくなりますね。ブドウ糖が不足してくるのです。
     ところが食事制限によって、低血糖状態が続くと、脳が慢性的に糖分が不足しついに働きが悪くなります。そうして脳障害という状態になっていきます。
     脳障害が起こると、これはほぼ、不可逆性です。つまり、治りません。
     アトピーは治りますが、脳障害は治りません。
     厳しい食事制限をしていて、物忘れがひどい、集中力が無い、理解力が不足する、などの症状は、脳障害の恐れがあります。思い当たる方、いらっしゃいませんか?また妙に精神が高揚したり、活動が活発になっている人もいます。本人は気がついていないかもしれませんが、周りには分かります。
     とにかくアレルギーの問題だけを整理して、無意味で且つ、有害な食事制限はやめましょう。

     またアトピー治療に当たっても深刻な問題になります。
     ひどい低栄養状態の人には、薬が効かないのです。

     私も病院で経験があります。
     拒食症の患者さんが入院してきました。吐き気を訴えましたので吐き気止めが処方されましたが、効きません。追加しても効きません。彼女は抗生剤などの薬なども効果を発揮しませんでした。
     確か拒食症の患者さんで「薬が効かない」という人は数人いたような気がします。
     当然、渡米してドクターの治療を受けても、治療が効果を発揮しません。薬が効かないのです。
     食事制限をしている人は、増えてきているのか、ドクターも困っているようです。

     低栄養状態にある人が風邪を引いたり、交通事故にあったらどうなるでしょうか?
     普通の人では考えられない深刻な事態になる事も十分ありえます。

     若い人でベジタリアンに憧れて、動物性のものを絶つ人もいるようですが、日本ではまだベジタリアンの歴史がほとんどなく、代替食品の数も不足しています。海外のいわゆるベジタリアンの人たちでも、いろんなタイプのベジタリアンがいて、代替食品を使ってたんぱく質などが不足しない様に気をつけていたりします。
     ただ単に動物性のものをやめるわけではないのです。

     時々、食事制限をし始めたらアトピーが楽になった、調子が良くなった、という人もいます。確かにアレルギーの問題があった人がそれをやめたので、それで調子が、という人もいますが、そうではなく、低栄養状態で生命維持がやっとの状態の人の場合、炎症や痒みを起こす力もなくなって、それでアトピーが良くなったように感じる、という場合も少なくありません。食べ始めて低栄養状態を脱すれば、炎症や痒みを起こす体力が戻ってくるので、酷くなったように感じるのです。
     私も思い当たります。
     まだ酷かったとき、食事制限ではありませんが、風邪を引いて寝込んだ時、炎症と痒みが楽になるのです。

     正しい理由に基づいていない食事制限は、やめるべきだと思います。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ハムさんへ
    はじめまして。
    低血糖は怖いですよね。アトピーの方たちが極端な食事制限に走ってしまうのは、とても危険な事だと思います。
    ハムさんもやっていらっしゃった、という事で、何となく油っぽいものやお肉を遠ざけてしまうお気持ち、わかります。まだ良くならない、となると、頭でわかっていても何となく、ね。刷り込まれてしまうようなところもあるかもしれませんね。
    でも是非、普通に食べてくださいね!

    はじめまして

    いつもお邪魔して参考にさせていただいています。
    私も少し低血糖気味なので今その関連の本を読んでいるのですが
    日本では低血糖の害をあまり重要視されていないようです。

    知られていないだけでこんなに怖い病気だったなんて。。。

    アトピーを本格的に治すため食事制限を私もしていました。
    今でもその名残で肉や脂っぽいものは控えています。
    食事をあっさり系にしてもアトピーの改善には程遠い感じです。

    とにかく乾燥肌で皮膚が落ちまくります。
    これも低血糖&栄養状態がよくないが関係しているんでしょうね。

    マカロンちゃんへ
    わお~!お帰りなさ~い!!
    アメリカで、皮膚だけじゃなくていろんな意味で健康的になった気がするわ。良かったね!!
    マカロンちゃんは食事制限していても、途中で間違いに気がついて良かったよね。そのままいっていたらちょっと怖かったかもしれないねぇ。
    アメリカの味、懐かしいわ~。また遊びに行けばいいのよ。日本では日本の味を堪能しましょうよ。
    あ、でもマカロンちゃんもお料理すれば、アメリカの味をまた味わえるよ。
    一生のうちで食事できる回数は限られているから、バランスよく、いろんなものを楽しんで欲しいな。

    ゆかりさん~今日自宅に帰ることが出来ました-ヾ(*′ー`*)ノバンザ-イ!

    極度の食事制限してました!
    本当に物覚えが悪くなっていました、、JTBで今回の旅行の流れを説明してもらっても全く頭に入らず、、。

    アメリカでなんでも食べていたら
    体力も元に戻り、普通に色んなことが覚えられるように!
    でも私、ベジタリアンにあこがれるんですよねぇ。アメリカはほんとに色々売られてますよね。
    フラックスシ-ドオイルとかもめちゃくちゃ安かったです(ベジタリアンはみんなこれ摂取してますよね!日本だと高い~)

    しばらくはバランスよくなんでも食べようと思っています!
    今日、ひさしぶりに日本食食べたら味がしないんです、、アメリカの味になれてしまったみたいです>_<

    まりんママさんへ
    さすがまりんママさんですね。成長期の低栄養は本当に深刻です。小児科でも問題になっている、という話を聞いています。
    また強力に除去食を勧める病院もあると聞き、患者は本当に混乱しますよね。
    病院の医師たちの間でも、統一が出来ていなくて、情報の共有も出来ていないようですね。問題は患者以前のような気がします。改善して欲しいですよね。

    ゆかりさん、いつも勉強になります。

    最後の低栄養だと痒みが減っ多様に感じると言うお話は、初耳でしたが納得しました。

    娘も熱をだした時だけは、あまり痒がらずにいたので、ずっと不思議でしたが、アトピーがましでよかったとホッとしていました。
    そういう理由があったんですね~。

    食物アレルギーがない限り、私も極端な食事制限は控えるべきだと思います。
    体力・抵抗力の低下で、他の病気まで引き起こす可能性が高くなりますし、特に成長期の子どもには要注意ですよね。

    一時、娘も動物性タンパクをかなり減らした時期がありましたが、アトピーとの因果関係がはっきりしなかったので、リスクが大きいと思って通常の食事に戻しました。

    酷かった時は、アトピーより他の病気のほうがよかったと思ったこともありましたが、今では治る病気で本当によかったと思っています。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。