プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    家族内のアトピー

     家族内で二人以上、アトピーが出る事もよくありますね。皆さんが考えるのは、自分がアトピーで子供もアトピーだったらどうしよう・・・と思う方が多いと思います。

     アトピーは体質原因、バクテリア、アレルギーなどが関係するために二人以上出る事はある意味、十分予測されます。
     アトピーが酷い状態、というのは、バクテリア感染して、なおかつ二次感染なども起こしているケースが多いので、バクテリアがびっしり付いている状態、と言えます。この状態で子供を抱いたりすれば、子供にもバクテリアが付着します。子供がアトピー因子を遺伝で受け継いでいなければ特に問題ないでしょうが、アトピー因子を持っていた場合、発症しやすくなります。
     また子供はただでさえ汗をかきやすく、バクテリアが繁殖しやすい土壌がありますし、そこへアトピーの家族が触ったり、アトピーの家族が触った所を触ると、バクテリアが手に付着し、その手であちこち体を触れば、バクテリアを体のあちこちに付ける事になります。

     前にも書きましたが、こういった理由から家族内に二人以上重症のアトピーがいる場合、同時に治療をしないと治療が難しいのです。
     実際何例か事例が既にあり、帰国したら悪化し、よく聞いたら家族内にアトピーがいた、という事で、幸い成人だった事もあり、別居してもらったら良くなった、という話を聞いた事があります。

     アトピーはできるだけ発症させないように、小さいうちに芽を摘んでしまう方が、酷くなってから治療するよりもずっと簡単なのです。
     この間の記事で、アメリカで習った方法で子供さんのケアをしたら良くなった、と書きましたが、このように家族内で一気に良くしてしまうのが一番良い道です。
     家族内で二人以上重症にしてしまうと、渡米治療を検討しても、費用は倍になりますから、なかなか捻出が普通は難しいのでは・・・?と思います。
     なら重症化してしまったら、一人が渡米して治して、帰国してそのケア方法をもう一人に、というのは無理です。重症な状態、というのは薬物療法が必要な状態で、もはや素人がちょっとやそっと何かしても、難しい状態なのです。
     小出しであれこれ民間療法に手を出し、お金をたくさん使ってしまい、なおかつ二人以上アトピーになってしまって・・・というケースはよくあります。そうなってから真剣に治療を検討しても、なかなか実現できず、路頭に迷ってしまうケースもたくさんあります。

     時々子供さんがいらっしゃるお母さんが、ご自分のアトピーで悩んでいらっしゃって、という場合があります。そういう方は残念ながら、渡米して治療なんてとんでもない!と言われます。
     お気持ちや事情は十分わかります。でも私はその先を考えてしまうのです。どんな方法でも良くなるのだったらそれでいいのですけどね。
     
     アトピーが重症だと家事もままならないし、自分の世話も十分に出来なくなる場合も多いのです。そこへ子供の世話が入り、ご主人の協力も限界があるし・・・。
     おそらく常にお母さんは機嫌が悪い状態でしょう。自分のことだけでも本当は手一杯なのに、家族の世話が入り、時々は全てを投げ出さなければやっていけない状態も出てきたりします。
     実際、ご主人が帰宅したら、家の中が真っ暗で奥さんは体を掻きまくっていて、子供はほったらかされて泣いていた、という話を聞いた事があります。さすがに離婚話にまで発展したようです。
     アトピーが原因で家庭が潰れる話は、もういくつも出てくるようになってきました。
     そして更に、子供までアトピーが発症し、重症化していく事もあるのです。

     お母さんがアトピーの場合は、体力の消耗が激しいし、当然イライラしますし、子供の心の成長にも大きな影響を与えます。

     子供さんにアトピーが発症し、重症化する前に思い切って渡米する事を考えてみてもいいのでは・・・?と思います。
     子供が・・・、と思うかもしれませんが、子供さんにも発症のリスクを高めてしまいますし、お母さんが常にイライラした家では、家庭はうまくいかないのではないでしょうか。
     本気で考えられるようであれば、「贅沢だ」「子供がいるのに・・・」などの非難は受けて立たなければならないでしょう。本人の決意が固ければ、周りは協力に向けて動き出す場合が多いのですが、それまでは試されるような事がたくさん起こると思います。
     でも家族で二人以上重症アトピーが出たら、それこそ家計は火の車です。そしてそれだけでなく、離婚問題へと発展する可能性すらあり、アトピーさえなければ・・・という人生を歩まなくてはならなくなるかもしれません。
     母親が治療を希望する場合、残念ながら子供はアメリカへは連れて行けません。過去に許可した事があったそうですが、母親が子供の事に気を回して治療に専念できず、回復に支障が出たそうで、それからは受けるのをやめた、という事です。

     交通事故などで絶対安静になって入院になれば、短期間でも子供は何とかさせられるでしょう。身内に預かってもらうなり、状況によっては一時的に施設に入る事になる場合もあるでしょう。
     それと同じようにしてもらうしかありません。身内で預かってくれる人がいなければ、自治体に相談し、事の深刻さを理解してもらい、入所の条件を確認する事も一つだと思います。
     もし自分の母親が重症アトピーで、自分が治療の一ヶ月間、施設に入る事になっても我慢は出来ると思うし、後にその方が良かった、と思うと思います。一ヶ月は長いようで短いですし、その後良くなって豊かな愛情で接してくれるようになれば、その方がずっとずっといいです。
     母親は家族のために我慢している、と思うでしょうが、家族全員が実は我慢させられている事の方がずっと多いはずです。

     アトピーは一人だけの病気ではないのです。回復は家族の健康にもつながります。
     短期的な見方ではなく、長期的な見方でも治療方法について考え直す必要があるのではないでしょうか。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。


     
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。