プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん3

     ドクターの治療を5年前に受けた、という方とお知り合いになる事ができ、お話を伺う事が出来ました。
     この方の場合は、5年前に治療、という事で、まだアレルギー治療を始めていなかった時に治療を受けた方です。残念ながら、治療して帰国後の経過が良くなくて、今も調子が良くない、という事です。
     まずは彼女から。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


     私は約5年前にドクターマセソンの治療を受けました。。
     ただ、私が渡米した5年前はあまりネット上での情報もほとんどなく、現地での色々な説明(ステの浸透性とか・・・)も乏しかったため、私自身ステロイドの危険性等を自分の中で払拭できなくて、帰国後悪化した時につい日本の病院に駆け込んでしまいました。
     その後しばらく数年に渡り日本での治療を続け、少しは良くなったんですが、でも一進一退を繰り返したため、再度ドクターマセソンの診断を受けました。。
     私の場合、あまり知識がなかったため、自己判断でかなり遠回りをしてしまったなぁーとすごく後悔しています。。
     で、去年1年間で4回もショートバーストしました。。

     良くなりつつはあるものの炎症の原因はアレルギーではないかとの指摘もあり、再度、渡米を考えています。。

     私がアトピーをここまで引きずってしまったのは、自分自身が治療に関して、キチンと理解していなかったのが一番の原因だと思っています。

     帰国してしばらくして、悪化した時に出された薬(飲み薬、塗り薬)は全てステロイド入りでした。日本とアメリカのステロイドの質の違いや治療方針の違いを理解していれば、すんなり受け入れられたのでしょうが、私の中では、「またステロイドか・・・」という意識があって、日本の病院にかかることを選択してしまいました。
     思えば、アメリカでもキチンとした説明を受けていなかったので、そこにも問題があったのでは・・・と思ったりします。。

     今は治療に関しての理解がようやくでき、アレルギー治療と平行してアトピー治療しようと考えています。。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     という事です。
     今と5年前では一番大きいのはアレルギー治療があったか、なかったか、ですね。アレルギー治療がなかった頃に治療した人達は、再発する方もいらっしゃって、再渡米してアレルギー治療を受けられているケースも結構あるようです。(アレルギー治療した後の経過は、良好な傾向にある、と聞いています)
     アトピーとアレルギーとの関連性はますます複雑に絡み合うようになってきたように思います。
     またアトピーアソシエイションも、ボランティアから始まった事もあり、試行錯誤していたのもわかります。今は治療前に治療に関する知識と理解が重要、という認識ができ、事前のカウンセリングや勉強会などを積極的に行っていますね。
     特にステロイドに対しては、抵抗感をなかなか払拭できない方も多いです。正しい知識を身に付ける事が最も大切な事です。

     ネガティブな情報はどうしても集まりにくいので、とても貴重なお話をお伺いできて、とても良かったと思います。経過がネガティブな人、というのは、不信感からかドクター、アトピーアソシエイションから離れてしまうので、情報が集まりにくいですね。
     帰国後の経過が悪い方でも、ドクターにしがみついているのが最終的には、最も近道のように私は思います。
     
     帰国後の経過は人それぞれです。でも、希望を持って治療を進めてください。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     
    スポンサーサイト