プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    炎症とステロイド5

     アトピー治療にステロイドを拒否する人はとても多いですね。でも、前にも書きましたが、仮に火事になって気道熱傷を負い、病院へ運ばれたら何年もリバウンドと戦い、脱ステに苦労した人もステロイドを受け容れざるを得ません。そして気道熱傷が治るのと同じように、アトピーも症状が消えるでしょう。
     でも、リバウンドはありません。(ただ、その後、アトピーが再発する可能性は大きいです。)
     ステロイドは普通体内に蓄積しませんし、リバウンドを起こさずにステロイドから離脱する方法は、全身投与の場合はきちんとあるのです。それに火傷の程度にもよりますが、怪我などで使う場合は短期で用いるので、ステロイドの副作用も出ないのが普通です。
     ここまでくると、今まで頑なにステロイドを拒んできたのが、何だかよくわからなくなってきませんか?だって、重症の火傷をして病院へ行ったら、火傷もアトピーも治ってしまうんですよ。リバウンド無しに。。。

     アトピーの人がステロイドを拒否する態度は時々とても頑なです。医療現場でも問題になる事もあるのです。例えば気道熱傷をして、気道が塞がってしまう様な場合でも、
    「ステロイドは嫌です」
    と、拒否したとします。それで命を落としたとします。
     あれあれ?な~んとなく輸血を拒否するどこかの話と似ていませんか?
     「脱ステって宗教みたい・・・」
    と、つぶやいた人がいました。
     名言かも。

     アトピーにステロイドが向かないわけではないんです。
     問題は適切に処方されているか、いないか、です。

     今の日本のアトピー治療はステロイド薬をよく知らないまま、ただ盲目的に処方するだけです。だから解決しないのです。原因を追究するのは面倒だし、難しいアレルギーも絡むので、「原因不明」にして体内に浸透しない、と言われている(実際は浸透している)ステロイド外用薬に逃げているだけです。
     ご存知の通り、ステロイドがアトピーを直接治してくれるわけではありません。「結局はステロイド」という治療は、再発をもたらします。それどころか薬害の恐れすらあるでしょう。
     炎症の原因を徹底的に追究する必要があるのです。そしてこの中に「アレルギー」も含まれます。

     アトピーの直接的な原因も、ステロイドではないのです。
     だからステロイドをやめたからといって、治るとは限りません。
     アトピーが治らないのは、ステロイドに原因があるのではなく、原因を追究して除去していないからです。
     そして原因は体内の「毒素」なんかではなく、バクテリアやアレルギーです。ステロイドが毒になって溜まる、なんていうのは、とんでもない大嘘です。自然治癒能力は、炎症を抑え、感染症を治し、環境要因を排除して初めて、蘇ってくるでしょう。薬は本来、自然治癒能力を引き出すために使われるもので、医学はその学問の筈です。
     渡米してドクターマセソンの治療を受けるとよくわかります。
     アメリカではドクターの指示の元、過不足無い量のステロイドを投与され、食べ物アレルギーの問題がなければ、好きなものを好きなだけ食べます。みんなステーキを食べたり、アメリカンスウィーツをたっぷり、バターもオイルも何でもOK!そしてお酒を飲んで楽しみます。遊び疲れてぐっすり眠り、それが皮膚の回復を更に促し、と良い循環に拍車をかけます。傷が治り、古い病気の皮膚が落ち、新しい皮膚が下から上がってきます。これこそが自然治癒力です。炎症がある状態では、この力を引き出す事が出来ませんから、ステロイドがその力を引き出す、という事になります。そのために処方されるのです。
     ご存知のように、ステロイドに新しい皮膚を作る作用はありません。抗生剤もその作用はありません。皮膚を作るのは自分の力です。自分が持っている治癒力です。
     帰国してからもそのステロイドの代償を体で払う事はありません。
     帰国後、再発する人もいますから、その都度原因を追求して取り除き、ドクターの指示に従っていくだけです。そうして根気良くコントロールする術を身に付ければ、発症させないようにしていく事は十分可能です。
     
     「結局はステロイド」と思っていらっしゃる方は、若干の誤解が今まであったのではないでしょうか。
     繰り返しになりますが、ステロイドはただ単に「薬剤」であって、アトピーの原因ではありません。適切に使われるのであれば、必要以上に恐れる必要はありません。
     薬は使い方です。ステロイドも誤って使われればアトピーを難治化させますが、正しく使えば自然治癒力を引き出す事が出来るのです。

     誤解が少し、解けたでしょうか?

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     
    スポンサーサイト