プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    炎症とステロイド2

     炎症には急性と慢性があります。
     また炎症には止めた方がいい炎症と、止めない方がいい炎症と2種類あります。
     止めない方がいい炎症は、最近言われるようになったのは、たとえば打ち身みたいなもので、傷などがなくて感染のリスクが低く、他の部位への影響がない、もしくは低い場合、何もせず様子をみていた方が治りが早い、というものです。
     前回言いましたが、炎症は血液を集めるので、損傷した場所を治すのに必要な酸素や栄養素が集まります。なので治りを促進してくれるのです。
     
     ですが、止めた方がいい炎症、止めなければならない炎症の方がはるかに多いのが事実です。
     例えば火傷の場合。
     火事になって高温になった空気を吸い込んで気道熱傷といって気管や気管支などが火傷を起こしてしまったとします。すると気管や気管支は腫れ上がります。結果として気道を塞ぎ、窒息死してしまいます。
     ですから救急の現場では速攻でステロイドを点滴します。腫れを引かせなければ死んでしまうからです。その時、火傷をした人がアトピーで脱ステに必死になっていようと関係ありません!
     消炎には急を要する場合もあるのです。
     また歯茎が腫れた時も、治療できないので炎症が引いてから、と言われますよね。とりあえず抗生剤飲んで様子みて、腫れが引いたら来てください、と。この場合も止めた方がいい炎症です。ただ感染が原因の事が多いので、薬の処方は抗生剤が第一選択の事が多いです。

     あとは慢性に経過する炎症についてどうするか、という問題があります。
     これは多くは原因不明な事が多く、国の特定疾患に当たるような難病、悪性関節リュウマチとか全身性エリテマトーデスとかの症状の一つにも炎症があり、厄介です。慢性の炎症は、止められるのなら止めた方がいいのです。
     炎症があると痛いです。腫れます。そしてこれらの苦痛は不眠を引き起こし、また体を興奮に傾け、イライラはもちろん、消化不良、血圧を上げたりして、悪循環へ導いていく事が多いのです。
     そしてもちろん、炎症の場所や状態によっては、他の臓器や組織を損傷する原因にもなるので、リスクがある炎症になります。

     アトピーの炎症はどうでしょうか?


    --------------------------------------------------------------

     リンクに新しいブログを追加しました。

    「まりんのあとぴー日記」 

     こちらはアトピーのお嬢さんをお持ちでずっと一家でご苦労されてきて、昨年夏、ついにドクターマセソンの治療を受けられた、という経緯をお持ちの方です。
     お子さんがアトピーの方は、とても共感、また参考になるのではないかと思います。 


     
    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト