プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    私の結婚式

     結婚の時、選べたドレスは二つだけでした。最近のドレス、露出系が多いみたいで、アトピーには選択肢が少なかったですね。首が隠れるデザインがほとんどなかったのです。二つのうち一つがとても気に入ったので良かったですが、もう一つは嫌いでした。
     結局衣装は一点だけで、お色直しは髪型やメイクを少し変えるだけに留めました。それでもお色直し、と言って一応退席するきっかけを作らないと、トイレに行って汗を拭いたり、痒みを収めたりする時間に当てました。
     衣装を選ぶ時もヘア・メークをやってくださる方にもアトピーの状況は伝えて、それを隠すような工夫を考えて頂きました。
     ドレスは首は隠れるけれど、肩と腕が出てしまうので、ベールで肩を隠し、肘がしっかり隠れる長い手袋をつけました。
     メイクはさすがプロで、肌に負担がかからないようなメーカーのものを使ってくれました。(どこのメーカーか聞いておけば良かったです。後悔)おかげで式の最中、顔がアレルギーで痒くなる、という事はありませんでした。
     衣装を1点にしたので、お色直しの時の休憩はちょっと長めに取らせてもらいました。トイレへ行って掻きまくり、汗を拭いてからトイレを出て、メイクさんにキレイにしてもらって会場へ戻りました。

     式はこんな感じで無事済みました。
     ちなみに披露宴、もう一回やってもいいな♪来てくれる人は私達のためにキレイにしてきてくれて、私も専属のヘア・メイクさんにきれいにしてもらって、みんなから口々に最大の賛辞でしょう?やっぱりいい気分でした。
     よく式や披露宴をしたがらない人がいるけれど、余程事情がない限り、した方がいいと思うけどなぁ。人生で一度位、キレイなカッコしてみんなに褒め称えられる時があってもいいと思うんですよ。
     私はもう一回やってもいいな~、と思うけれど、夫は
    「もうしなくていい。面倒くさい」
    って言ってました。
     もう一回くらいやってもいいっていう女性の方、結構いると思うんですけどね。お金かかるし、来てくれる人も迷惑だろうから一度だけだけど。。。
     2次会はやりませんでした。どちらかというと遅い結婚だったので、友達も家庭を持っている人が多かったし、何よりも、私自身の疲労が予測されたので、体力的な事を考えて2次会は無しにしました。
     
     結婚式の日の夜は、ホテルに泊まる話も出ていましたが、彼も私のアトピーの状態や体力のなさを何となく知っていたので、
    「申し訳ないけれど、夜は家に帰ってのんびり眠りたい」
    と言って、夕食だけ一緒に食べました。
     でも、これ正解でした。
     式や披露宴は疲労困憊してしまいます。アトピーがひどい時って、ものすごく体力ないですよね。緊張すると悪化するし、衣装も締め付けがあるし。なので、慣れた所で休むのが一番です。

     アトピーの人は、結婚式や披露宴など、ちょっと悩むかもしれませんが、今、結構そういう人いるようなので、衣装やヘア・メイクさんもいろいろ一生懸命考えてくれるし、意外と知っていたりしますよ。
     なので、アトピーだから式や披露宴は・・・、と思わずに、一生に一度だし、式や披露宴をした方が世間体もいいので、ちょっとがんばってでもやった方がいいかな、と思います。
     負担が大きいようなら、式や披露宴の時間を短くする、とか、参列者の数を減らす、とか、いろんな工夫が出来ますからね。式場側の担当になる人も、いろいろ考えてくれます。退席のきっかけ、とか、時間配分、とか。したいけど諦めかけている人は、相談してからやめるかどうか決めてもいいと思います。


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ろくろくさんへ
    そういえば私も、同じアドバイスを受けたような気がします。
    私もお色直しして正解、と思いました。
    でも貴重な休憩時間に人の出入りがあるのはちょっと辛かったですね~。

    お色直しは正解~

    ゆかりさん、結婚式のお話は、今後結婚式を迎えられる方にはとても気になる/参考になる話題でいいですね&いいメイクさんに担当して頂けて良かったですねぇー♪
    私自身は、ドレス着て写真さえ撮れれば、挙式も披露宴もしたくなかったんですが、夫の希望で、仕方なく、こじんまりレストランで式・披露宴をやりました。
    その時、最初、ドレスは自分の希望で一着だけ、時間も惜しいのでお色直しはしない案を選びそうになっていたんですが、メイクさん曰く「絶対お色直しをした方がいいです、たとえ着替えが無くとも、ちょっと別の部屋でほっとし緊張を解いて、独りになる時間が必要です」アドバイスされました。
    で、ヘアメイクだけ変えてもらったんですが、これが大正解!
    4月半ばだというのに初夏なみの気候で暑くて汗だらけになった花嫁、、、脇の下の汗なんか、人前でぬぐえないじゃないですか;
    汗をふく時間、必要だわ~に同感です(笑)
    でも私の場合、1人もしくは、メイクさん+夫だけになれると期待していたら、義理妹は入ってくるわ、義理両親は入ってくるわ、、、(これはかなりイヤでした)結局、身内にはあんまり気を遣って貰えかったんですけどね(苦笑)

    コニーさんっ!次もいいなーって・・・、まぁ、私も次々、だったりして(笑)。人生何があるかわかりませんから。
    和服、アトピーには意外と楽だったんですね。知りませんでした。試着だけでもすれば良かったなぁ。今着てみてたい、と思ってももうダメですもんね。
    それ聞いたら急に心残りが。やっぱり次かしら(笑)。

    私は次(他の旦那)もいいなーと思うけど、式は挙げたくないなー(笑)
    あっ、和服についてですけどね、和服の方が、アトピーには楽なんですよ!
    なぜかというと、肌襦袢て、ガーゼ素材の綿でしょう?汗を吸ってくれて、ちくちくもしないし。そして着物そのものも、絹とかが多いですから、アトピーは全然問題なかったし、これから式をあげる人で和服好きならお勧めしたいな♪
    しかし、かつらはメッチャ、重いので、体力がない人はダメかも。

    コニーさんへ
    シースルーも素敵ですねぇ。次があれば着ようかしら・・・♪(次、多分ないですけど)
    和服も着たんですね。和服は大変って聞きますから、アトピーがあった時にはさぞかしきつかったでしょうね。
    でも、コニーさんはもう嫌ですかぁ。私、誉められるの大好きだからかなぁ。次は楽しいかもしれませんよ!

    ゆかりさんこんにちはー
    私の結婚式は、それはそれはもー昔むかしですが、私もアトピーがあった頃なので衣装選び(特にドレス)は慎重でしたねー。
    私はシースルータイプのを着ました。
    和服のかつらが重くて死ぬかと思いましたよー。
    私はもう二度とやりたくない派なんですが、もう一度やりたいような式ができたゆかりさんは幸せですね♪(笑)

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。