プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療について2

     ドクターマセソンも始めは、アレルギーの治療はしていなかったです。でも、はた、と気がついて、ドクターベイカーに相談してやってみたらもっと良い成績が出始めた、と聞いています。
     ドクターベイカーも日本の患者向けに注射薬の内容などドクターマセソンと相談して、日本のアトピー患者に合わせたものを作っている、という事で、アメリカ人にする通常のやり方とは異なるやり方をしているようなんです。
     ドクターがレクチャーで言っていた、
    「医学は自分の患者から始まる」
    というのを、実践しているんですよね。
     
     一般的なもので測ると、ドクターマセソンのやり方は教科書的ではないかもしれませんが、日本のアトピー患者がもはや教科書的ではない以上、通常のやり方ではもう、無理、とも取れますね。

     ちなみにドクターベイカーのアレルギー治療、日本のアトピー患者にやってみて、治療効果は100%ではない、と聞いています。つまり、効かない人もいる、という事です。
     それを聞いて、じゃ、やめる、というのもアリですが、仮に効かなくても、ドクターマセソンのステロイドの使い方、抗生剤などの薬、自己ケアなどでもかなり成績は出るそうです。アレルギー治療が始まる前は、それだけだったのですし。アレルギー治療は、いまや大事な柱になっていますが、それだけで成り立っているわけではない、という事ですね。

     ちなみに私は、アレルギー治療が効かないかもしれない、という事は承知して行きました。効くか効かないか、やってみなくては最終的にはわからない。でも、試す価値はある、と思ったからです。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     

     
     
    スポンサーサイト