プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギー治療について1

     渡米後、ドクターマセソンの指示でするアレルギー治療について、若干の誤解があるようです。
     私はアトピーアソシエイションのスタッフではないので、その辺りは念頭に置きながら読んでください。

     ドクターマセソンの指示でドクターベイカーのアレルギー治療はいわゆる減感作療法ですが、日本でやる減感作療法をもっとずっと進化させ、さらにドクターマセソンと話し合って、日本の患者向けに改良を重ねた療法のようです。
     日本では減感作療法は、あんまり効かない、という事で、今はもうほとんど見なくなってしまったような治療法ですが、ドクターベイカーのアレルギー治療は喘息に関しては99%治る、というものなので、減感作療法は減感作療法でも、もっともっと進化しているようなんですね。
     日本でやるやり方と何が違うか、というのは私も知りません。
     でも日本の減感作療法は、喘息が99%治る、なんて聞いた事もないですし、アメリカでは犬にまで減感作療法をやるくらいなので、日本よりはずっと進化している、と考えていいと思います。
     
     アトピーに減感作療法は、あまり有効ではない、とアメリカでも否定の向きがあるようです。なので、中にはアメリカ人のどこかの医師に、ドクターマセソンのアトピー治療について意見を求めた場合、否定的な意見を出す医師がいるかもしれません。これに関しては何をどうとるか、患者が判断する事になると思います。

     ただ、アメリカと日本とではアトピー事情が大きく異なるようなんです。アメリカの街中で重症アトピーを見かける事はあまりないでしょうし、アレルギーの治療もうんと進んでいます。テレビドラマを見ていても、
    「私は○○にアレルギーがあるのよ」
    とか、アレルギーのアナフィラキシーショックを起こすシーンが時々出てきてみたり、食べ物の原材料の表示もしっかりしていて、アレルギーに関しては自己管理が出来るレベルにまで、患者教育もかなりいきわたっているようですよね。
     それに比べて日本の場合は、アレルギー科の標榜はあるものの、医大に「アレルギー科」が一つの医局として存在している事は、聞いた事がありません。つまり、専門医がいないも同然なのです。
     アレルギーとアトピーとは関係があります。アレルギーがきっかけでアトピーになるのはよくある事です。アレルギーがきちんと最初に治療されれば、アトピー人口が減るのは当たり前の事です。
     アレルギーが治療されずに野放しになっている国の日本のアトピー患者とアメリカの患者に違いが出るのは当然の事なので、その事情を何も知らないアメリカ人の医師に、ドクターマセソンやドクターベイカーの治療について意見を聞いても、事情に合わない回答かもしれません。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。