プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    脱ステ2

     日本の治療でのステロイド外用薬は、私は今でも拒否しちゃいますが、ドクターマセソンの処方する薬ならきちんと計算されたものを知っているので、使用します。ドクター処方のステロイドで、リバウンドはおろか、アトピーが抵抗性を持ったこともありません。
     日本での治療で、脱ステをする事は理解できますが、ドクターマセソンがステロイドを用いるから信用できない、というのは、ちょっと違うかな、と、思います。
     アトピーは治したいけど、渡米してステロイドを使用するのが受け容れられない、という人、もう一歩踏み込んで、なぜ受け容れられないか、考えて紙に書き出してみるといいと思います。そこに至るまでの自分の気持ちや感情もわかりますし、それならどうすれば受け容れられるのか、もわかってきます。
    例えば、
    ・ステロイドは副作用が怖いから
     →副作用がなければ受け容れられる?
    のような感じです。私はこの方法はアトピーに限らず、一番整理できて好きです。
     最終的には「こだわり」とか「痛い目を見た経験」が残ってくるんじゃないかな、と思いますが、それを捨てた時、何が次にやってくるか、を考えるとそのこだわりの価値なんかが見えてくるような気がします。
     例えば「こだわり」だった場合、それを捨てずにいたら、治癒へは遠回りか、届かない可能性もあります。「痛い目を見た経験」は、警告になる場合とならない場合があります。車の前に飛び出して事故にあって、それから飛び出さない、というのは、経験して安全を得ていく要素になりますが、ステロイドの場合は、ドクターの使い方はそれまでの治療での薬や使用法が異なりますから、本当は過去の経験は意味を持ちません。
     こんな例えを専門家に言うと怒られるでしょうが、痛み止めでバファリンがダメだったからと言って、全ての痛み止めを拒否するのと同じような事です。バファリンがダメでも、セデス、その他、たくさんの種類の痛み止めが出ていて、中にはほとんどの人が副作用を起こさない痛み止め、というのがあるのです。また、続けて使えば胃痛などの副作用を起こす痛み止めもありますが、一度だけの内服なら問題ない、とか、いろんな使い方、薬の選び方があります。
     だから薬は専門家もいるし、熟知して処方してくれる医師が存在するわけです。(日本でのアトピーにおいては甚だ信頼できない医師が多いですが)
     「痛い目をした経験」は、通用する所と通用しない所があります。
     ドクターの処方するステロイドは、安全性において十分に研究されたものなので、拒否すべきステロイドではありません。

     ドクターの治療を「ステロイド漬け」と表現する人もいますが、状態が悪い人が一時そうするしかないのは、当然の事です。理由は「必要だから」。
     交通事故にあって、集中治療が必要になったとして、いろんな薬を使います。がんの化学療法もたくさん薬を使います。必要なら仕方ないんじゃないですか?
     問題は副作用、薬の減らし方や、減らすタイミング、やめるタイミングでしょう。それは状態に合わせて行われるものです。
     ステロイドの量は、当然ながら渡米中に一番たくさん使いますが、帰国後は徐々に時間の経過と共に減っています。私も一年目に比べて二年目の現在の方が格段に使用する量が減っています。
     必要な時は必要な量を使う。当たり前じゃなかな、と思います。
     
     脱ステの定義もいまいち不明瞭ですよね。どれくらいやめていたら脱ステになるんだろう・・・?脱ステ3時間、とか、一日、とか、一週間、とか・・・?一週間使っていなくて、額の生え際にわずかな赤みが出来て、1cmにも満たない範囲に塗っても、もうダメなの?

     ドクター処方のは浸透度の心配、副作用の心配がないから、脱ステにこだわらなくてもいいのも気が楽です。
     皮膚を健康な状態を保って、毎日を楽しんで笑顔で過ごせる今の方が絶対幸せです。
     ステロイドを恐れて、死んだように一生を送るのはどうなんでしょうか。。。人生の目的って、何なんでしょうか?ステロイド全てを拒否し続ける事が、生まれてきた意味、生きてる目的、なのかなぁ・・・。

     いろいろ書いてきましたが、レクチャーでドクターが言っていた、
    「日本では治療に関して、誤解やしがらみがたくさんある中・・・」
    という言葉を思い出します。
     私が3回に分けて書いてきた事は「誤解」「しがらみ」の2語に集約されるだろうなぁ、としみじみ、思います。
     

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
     
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。