プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    移住

     数年前、日本に帰国して劇悪化し、鶴治療院をまだ紹介してもらう前、自分の状態にどうしよう、と思った時に、移住を考えた事がありました。

     アトピーが治らないなら、アトピーから逃げる。
     
     この発想でした。

     転地療養に関しては考えませんでした。というのも、イギリスはケンブリッジで軽快して、ロンドンに引っ越して悪化し始め、帰国して劇悪化し、最渡英で若干良くなり、一時帰国で劇悪化、というのを繰り返していました。
     なので海外で良くなっても日本に帰ってきたら劇悪化、では意味がない、と思ったからです。

     移住に関しては国内を始めに検討し始めました。
     日本全国、わりと友達がいたので、北海道から沖縄まで、アトピーの重度の人が周りにいるかどうか聞いてみました。また周りの人にも聞いてもらいました。ネット上にはほとんど情報がありませんでした。
     結果、ほぼ日本全国、山に行っても海に行ってもアトピーの人がいる事がわかりました。(といっても限られた範囲の情報ですけどね)
     どこかへ行って良くなる可能性もあるのですが、行ってみてダメだった、ここもダメだった、を繰り返すわけには行きませんでした。確実に良くなる所を探していたのです。
     
     日本じゃダメなのかなぁ。

     なら海外、と、海外移住を考えて検討し始めました。
     私の実家がどちらかというと海の近くになるので、海に四方を囲まれた島のようなところは避ける事にしました。
     またロンドンでお世話になった漢方の先生が
    「島国に多い」
    と言っていたので、大陸の方がいいな、と思っていました。
     中国なら大陸だ。でも経済発展が著しいから環境汚染も酷いし、黄砂も心配。アトピーが良くなっても喘息になるかも。モンゴルとかならいいかなぁ。でも地球環境が変わったら、10年先20年先、30年先、保証はないし。
     などと考えているうちに、でもどんな国、どんな所へ行っても環境破壊が起こり、アトピーが起こる事は考えられるな、と思いました。
     また少し前はニュージーランドやオーストラリアなど、アトピーが軽快した話も聞いた事があったのですが、最近は軽快しない人も増えているようだし、ヨーロッパもアトピーの人が増えているような印象、少なくとも日本人のアトピーが行っても軽快しない話をちらほら聞くようになりました。
     移住の場所の決定には、住んでみなくてはならず、数ヶ月住んでみていいかどうか、ダメならまた他の国、と、何回かそれを繰り返さなくてはならなくなるかもしれません。それまでお金と劇悪化した体が持つか。。。
     移住先が決まり、移住後はビザの為に、おそらく現地の人と結婚しなければならないと思っていましたから、移住して結婚して、でももしアトピーが再び劇悪化したら、今度は簡単に引っ越したり離婚したり、というわけにいかないでしょう。
     それと今までの経験から、日本に帰国すると悪化する、というのを繰り返していますので、移住先で軽快してしまうと、今度は一時帰国が問題になります。家族は日本に住んでいるわけですし、冠婚葬祭、両親の心配、これらをどうするか、という事になります。帰国すればアトピーが悪くなるのですから。
     自分の残りの人生を何があっても海外で暮らしていくか、それは大きな選択になるのも思いました。
     
     結論として、私は一時的に海外に住むのはいいけれど、残りの人生、ほとんど帰国せずにずっと外国に住む、というのはどうかなぁ、と。

     それでまず、日本にいて出来る事を模索していこう。それでいよいよダメだったら最終手段として、海外移住を、と考えました。

     ほどなくして鶴治療院を紹介されたので、何とか我慢しながらも国内に住める状態になりました。

     結婚して、渡米直前には再び良くない状態になりつつあって、ヘルペスが出始めた時には、正直焦りました。しかも繰り返すようになってきていたので。
     結婚したら、とても移住の道を選択するわけにはいかなかったですからね。

     こうして振り返って考えてみると、すんでの所でかろうじて道が出来る、というのを繰り返してきたのかな、と思いますね。ある意味、運が良かったのかなぁ。

     渡米しての治療を、転地療養と勘違いされる方がいらっしゃいますが、それは違います。ドクターの治療は「医療」です。
    「おいしい空気とおいしい食べ物、異国の雰囲気が体を治してくれるんだよ~」
    というものではありません。私も帰国してダメになる治療なら、さほど検討せずに却下していましたから。
     
     転地療養や移住はアレルギーの観点から、治る可能性もあると思いますが、確率の問題だと思います。良くなる確率と再発率です。私の目から見ると、ギャンブル性があるように思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント