プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療12日目

    治療12日目。
    今日もたっぷり寝て、お風呂に入る。お風呂朝夕20分以上づつ入る他は、特に治療らしいものはない。
    鼻に塗るムピロシンも、毎日塗るのは初めの一週間だけで、あとは、週1回だけ。でも、ぐんぐん良くなっている。
    ドクターマセソンが言っていた通り、睡眠が大事。眠って起きるたびに、少しづつ少しづつ良くなっていっている。

    私がアメリカに来て治療しようと思ったきっかけは、妊娠したいな、と思った事だった。鶴治療院の薬で、何とか日常のやりくりはできていたけれど、アトピーによる不眠のために、睡眠薬を飲んでいたので、それを何とかしなければと思った。
    ネットであれこれ検索してるうちに、アトピーアソシエイションというサイトに当たった。
    このHPを読み終わる頃には、アメリカ行きの気持ちはほぼ固まっていた。
    アトピーでい続けることに、何の未練もなかった。
    漢方薬も高価だ。しかも、完治しない。一生使い続けるとしたら、老後、どうやって漢方薬のお金をやりくりしよう、漢方医が替わって、良い医師が再び来るだろうか?といった不安。
    地震などの災害が起こったらどうしよう?この体で、体育館などの避難所生活は、とても無理。
    アトピーが今年に入って手に及んでから、家事が苦痛となりつつあったし、再び悪化し始めた気配を感じてから、不安が強まった。
    今なら、子供もいないし、仕事も整理できるし、治してしまえば、また勤め先も探せるし、何より健康な毎日を過ごしたい、アトピーに振り回されるのはもう嫌だ。

    というわけで、こちらに来る事を決めた。
    こちらの医療を受けて思うのは、治療の根拠がはっきりしている。
    日本は、アトピーが治らない病気となっているために、なぜ、という根拠がどんどん曖昧になって行って、一部の人の「良くなった」という現象を追いかけて、それに理由付けしているような気がする。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    ”漢方薬も高価だ。一生使い続けるとしたら、老後、どうやって漢方薬のお金をやりくりしよう、漢方医が替わって、良い医師が再び来るだろうか?といった不安。 ”このフレーズにはぐっとくるものがありました。
    私もまったく同じ事を考えました。
    お金ばかりがかかり、その上治らなかったのであせりました。
    自分がとても生産性がなく迷惑をかける人間に思えて、たまらなくつらかったです。
    でも、アトピーは治りました。
    昔の不安がうそみたいです。
    ゆかりさんも、早くよくなって不安から開放されるといいですね。
    新天地のアメリカまでいった大胆さには驚きました。
    その努力は、きっと報われると思います。

    将来に対する不安は、いつでもありますよね。
    でも、どんなときも大丈夫。きっといい方向に、物事は動いていく。
    そのために、今日、今をいい方向に動かしていく。
    そんな気持ちが大事だと思います。
    ゆかりさんの行動力は、きっといい方向に動いていきますよ。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    TRACKBACK


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    お風呂に入る前に塩素を中和しよう!

    水道水には消毒のために塩素が多く含まれています。肌が炎症を起こしてるのに、塩素が入ってる水をかける、浸かるのはますます炎症がひどくなるというのをどこかで読みました。ではどうすればそれを解決できるか。塩素を中和するにはビタミンCなのです。水道水に含まれる塩素