プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    AAJの費用

     渡米してドクターマセソンとドクターベイカーの治療を受ける、というと費用としては結構かかります。高額な費用のために、アトピーアソシエイションを御家族が不審に思ったり、アトピービジネスと思う方も結構いらっしゃる事でしょう。
     けれどアメリカの医療費の現実を見ると、それが妥当かどうかは別にして、高額です。
     私もアメリカの医療費の事情について、よく知っているわけではないのですが、高額なのは有名ですよね。移植手術に億単位のお金が要る国ですし、個人の自己破産の半分が医療費が払えない、というのが理由のようです。
     保険の仕組みが日本と違い、国民皆保険ではないため、車の保険や民間の生命保険のように個人の自由で医療保険に入る仕組みになっています。とても複雑ですし、高額の医療費のために、医療保険も高く、様々な免責事項を受け容れる事によって、各家庭、なんとか費用を安く抑える工夫をしているようですが、支払いはなかなか大変なようですし、患者の治療に当たる前に、患者が保険に入っているかどうか、またその中で治療するために、患者を治療する前に医師と保険会社の担当と相談する事もある、と聞きます。
     ちょっとネットで調べただけでも、出てきました。
    http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/america.html

     アメリカは、貧富の差が激しい国です。金持ちほど良い医療を受けられるし、トップレベルの医療技術を享受する事が出来ます。
     そしておそらく、ドクターマセソンは、そういう人に医療技術を提供するようなレベルの医師です。

     今回、医療費の仕組みについて云々するつもりはありません。仕組みについてはどの国も大きな問題を抱えており、良い点、悪い点があります。
     ただ、自分が重症アトピーという現実の中でどうするのがベストか、という中で、アトピーアソシエイションの費用が高額だからといって国内の医療費と比較して「インチキ」「ぼったくり」「アトピービジネス」と決め付けるのは道を閉ざしてしまうかな、と思います。

     移植手術もアトピーの治療も、国内で同じ事は出来ると思うし(アレルギー治療は除いて)、国内で出来れば費用は何分の一にもなり、保険が適応されて多くの人が助かります。
     けれど、多くの瀕死のアトピー患者を救ってきたドクターマセソンが事細かに治療のやり方を書き記した紙を、屑同然に扱う国ですから、私は患者として、この国の医療事情が変わるのを待てないと思いました。費用の捻出が何とか出来るなら、アメリカへ行った方がずっと早い、と。

     暴走してしまったアトピーを止めるためには、適切な医療は大切です。また、漢方薬、サプリメント、その他のものを暫定的に使っていても、治らない限り、数万単位の出費は止まらず、いつかアメリカでの治療を上回ってしまったりします。
     何が自分にとってベストかをよく考えて、選択していって欲しいな、と思います。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。



     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    かっちさん

    AAJに問い合わせてみてください。
    最近の事情にはちょっと疎いので、よくわかりません。
    ごめんなさい。



    > 治療費に関して教えてください!
    >
    > 渡米治療の具体的な保険の使い方に関してはどちらに問い合わせすればいいのでしょうか?
    > 因みにOMCは個人にお任せしているとのことで教えていただけませんでした。
    > ベイカーの治療は追加治療なので海外旅行損害保険や組合保険なんかが適用できそうですが実際はどうなんでしょうか?
    > 高額医療費控除も適用できそうですが。。。
    >
    > 是非教えてくださーーい!><;

    治療費に関して教えてください!

    渡米治療の具体的な保険の使い方に関してはどちらに問い合わせすればいいのでしょうか?
    因みにOMCは個人にお任せしているとのことで教えていただけませんでした。
    ベイカーの治療は追加治療なので海外旅行損害保険や組合保険なんかが適用できそうですが実際はどうなんでしょうか?
    高額医療費控除も適用できそうですが。。。

    是非教えてくださーーい!><;

    102ndさんへ
    臓器移植もホント、日本は進みませんよね。
    待ったなしの人も多いので、お金さえ都合がつけば、アメリカへ行くのは当然だと思います。
    知られていないけれど、結構増えているようなので、思い切って生命保険も海外治療の範囲を広げてくれると嬉しいな、と思います。

    ろくろくさんへ
    私もそう思います。国民皆保険はすごい制度だと思うので、いいと思うのです。なので、視野を広げていいとこ取りすればいいと思うんですよね。
    海外で治療、といっても、どの医師にかかる、とか、いろんな問題があるのですが、アトピーに関してはドクターマセソンという名医の存在がわかり、その道も開かれましたから、たとえかからなくても、希望が持てますよね。
    でも、アトピーに限らず、アメリカで治療する日本人、増えているみたいです。といっても日本の富裕層ですが。やっぱり世界の医療をリードするアメリカですから、お金さえあれば、いい治療を受けたいと思いますよね。

    アメリカの医療、時々チラチラと聞きますが、お金さえ払えたら、良い治療が受けられるという前提は、やはり魅力だと思います。
    最近Mixiで日本とイギリスの医療費に関して話が出た時に、究極で選べるならアメリカでの治療を選ぶだろうと、日本の医療事情に詳しい方が仰ってました。
    ワタシが「病気になったら日本に帰る~」と行ったのに対して「やっぱ日本に帰るのね~、でも選べるなら、病気になったらアメリカに行く~という究極の選択も現実としてあるのよ、ふふふ」って。
    その方が目指す理想は行き倒れの外国人でも治療してもらえるNHSらしいんだけど、「人間だから病気になったら自分こそ助かりたいというのはエゴは、当たり前よー」とも仰ってました。
    NHS専門で、アレルギー科専門の小児科医から予算の都合でキックアウトされちゃった私たちから見れば、治療に際して、病院の評判、医師の評判を調べて自分で選ぶことが出来る日本の病院事情は、とても羨ましいことです。
    しかし、アトピー治療に関しては、日本での治療は、選択が難しいなと思います。知人は二人ほど、土佐清水病院に罹っていましたが、一人の曰く「(医師がというよりも)薬がいいんです」と。なんだか、治療法としては行き詰っているように感じますね。
    いろいろな治療法や考え方があるから、選択は、難しいですが、アソシエーションの方々の努力によって、アメリカでの治療を選ぶことも不可能ではない、という選択肢が開かれたことが、とても有意義で、大きな業績だと思います。
    まとまっていなくてすみません(^^;)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント