プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    家族の説得1

     ドクターマセソンの治療を願っても、家族に反対されるケースがとても多いようです。
     私の場合は反対はなかったので、私の例は参考にならないと思いますが、一応、書いてみたいと思います。
     夫に相談した時、彼は一言、
    「行きたいんでしょ?」
    と、言ってくれました。その時どんな気持ちだったか聞いても、
    「だって・・・、ねぇ・・・」
    だそうです・・・。
     私の推測になりますが、彼は物事をシンプルに考える人だし、人を尊重する事を知っている人なので、アトピーでない、苦しみを知らない自分がどうのこうのという立場にない、と、思ったようです。だから当事者でない自分が行ってはいけない、という事を言う立場にない、と思ったようです。
     母に話した時は、一瞬(騙されているんじゃない?)という顔をしましたが、私がいろいろ調べつくした説明をし、
    「漢方も5年以上飲んでも治らないし。この先の事を考えると、どうにかしないといけないと思う」
    と言ったら、しばらく考えて、
    「そうね。他の治療法を試してみるのも良いかもしれないね。ダメならまた、漢方に戻れば良いし」
    と、同意してくれました。

     私は
    「家族が反対していて・・・」
    というご相談をいくつか受けて感じるのですが、100%失敗するケースがあります。
     それは、本人の決意が揺らぐ場合です。

     私はアトピーアソシエイションのHPを読み終った時、行きたい気持ちが8割以上固まっていました。夫には
    「まだわからないんだけどね。よく調べてみないといけないし」
    と、チラッと言ってみました。夫の反応は、
    「ふうん」
    というものでしたね。
     もともと私はものすごい頑固な性格で、一度自分で決めたら容易には挫折しないタイプです。誰が何と言おうと、やります。
     でも、決めるまでにはいつも、調べまくります。できる限り資料を集め、じっくり検討して気持ちを固めていくのです。だから反対されても、反対する人は私を説得するだけの理由、知識などを持ち合わせている事はまずありません。
     それに話をする前の段階で、こうなったらどうしよう、あぁなったらどうしよう、こう言われたらどうしよう、など、いろんな状況を考えて答えを用意しておきます。用意していなかった事を突かれたら、それは謙虚に受け止め、
    「それは気がつかなかった。指摘してくれてありがとう。検討してみる」
    と、素直に受け取り、考え直します。
     
     AAJ(アトピーアソシエイションジャパン)を通して治療を受ける時も、いろいろ考えました。
     費用は自分で用意できたので、金銭面で誰かに頼る必要がなかったので、最悪、誰の了承も取らずに治療を受ける事にしていました。
     両親は、今まで母が勧めた治療法にも安易に首を縦に振らなかった私なので、私が納得できるものに基本的に賛成してくれると思いました。反対されても、理詰めで来るなら負けません。それに私は既に結婚していますから、家族の単位としては、もう別です。絶対賛成を得なければならない人達ではありませんでした。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント