プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    皮膚がアトピーを覚えている

     アメリカでの治療が終わって、日本に帰国して、多くの人がじわりじわりとアトピーが出てきて広がり、ショートバーストの運びになると思います。
     早い人で、帰国して2週間くらいでショートバーストになる人もいるそうです。
     これは、渡米して最初に注射したステロイドが切れてくる頃なのと、治療前は酷くてトリガーがどれかわからなかったと思いますが、何らかのものに反応して、炎症を起こしてくる、という風になります。
     すぐにTacを塗ったりして、炎症や湿疹を止め、トリガーを探して除去します。
     けれど、たまにトリガーが全く見つからない場合もあるようです。
     皮膚がアトピーを覚えていて、同じ場所からしつこくじわりじわりとアトピーを繰り返すケースがあるようです。

     確かに行く人は皆さん、たいてい結構なレベルのアトピーの方たちですし、アトピー歴も長いです。重症歴は短くても、小さい時から、肘の内側が、とか、膝の内側が、など、うん十年同じ場所のアトピーが消えてない人もいる事でしょう。
     皮膚がアトピーを覚えている、というのも、十分ありえます。
     でもだからといって、諦める事は無く、皮膚のアトピーの記憶をなくしてしまうように働きかけていかなくてはなりません。
     当然ですが、外用薬のステロイドをきちんと塗る事が大切です。それでも湿疹の範囲がどんどん広がってきてしまったら、写真を撮って、アメリカオフィスへ送ってください。
     炎症の無い状態、湿疹の無い状態を、皮膚に覚えてもらわなくてはなりません。

     小さなアトピーは、最初は、「これくらいいいか」と思いますが、フィソヘクスでの洗浄、保湿やTacの塗布など、きちんとしていかないと、知らない間に掻いたり、そこにバクテリアが増え、触った手や服を介して広がっていきます。湿疹が小さいうちに止めてしまう事が肝要です。

     かといっても、トリガーがわからなかったり、判断が誤っていたり、自己ケアのタイミングを逃してしまったりして、広がりを見せてしまう場合があります。
     その時は、Tacを広範囲に塗り続けるより、内服薬のステロイド、ショートバーストの方がずっと効果的です。
     
     ショートバーストの注意事項は、
    1、薬の飲み忘れは厳禁
       私はいつもスケジュール表を作り、飲んだら印をつけるようにしていました。
    2、風邪などに注意
       内服ステロイドは抵抗力を一時的に下げます。何とも無い人は大丈夫なようですが、私は毎回、必ず風邪を引きます。今からの季節、ショートバーストをする時は、マスクをしたり、うがい、手洗いをいつも以上にやってください。
       また、インフルエンザの予防注射をする場合は、ショートバーストの時期を外した方がいいと思います。
    3、ショートバーストで湿疹や炎症、全てきれいに消えてしまいますが、その後、アトピーがどこから始まるか、よく観察してください。トリガーが上手く除去できていない場合や、しつこい場所があると思います。でも出てきたから、といって悲観する事はありません。あとはもぐら叩きです。もぐら叩きをしているうちに、皮膚全体の調子も時間を追う毎に上がって来ますから、時間の経過とともに、外用薬にしろ、内服薬にしろ使うステロイドの量は減ってきます。

     ドクターの処方のステロイドは、副作用を心配する必要がありません。ですから、安心して指示に従ってください。
     繰り返しになりますが、ステロイドは火消し役に過ぎませんので、ステロイドのみでアトピーが治る、とは思わないでください。トリガーの除去、保湿などによってはじめて皮膚の厚みが健康になっていくので、自己ケアはとても重要です。
     この治療には高額の費用がかかっていますから、しっかり元を取って、きっちり治してくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント