プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    世界はみんな、敵だった

     治療に行く少し前、まだアトピーアソシエイションのHPを見つける前。漢方薬もなぜか効果が鈍くなる事を多く感じるようになった時、結構悪化した時があった。家にいてもフリーズ状態で、気持ちがとても落ち込んでしまった。
     炎症で疲れ果て、掻いても掻いても治まらない痒みの我慢に体力を消耗し、涙が溢れてきた。
    「これで何度目なんだろう・・・」
    と、終わらないと思われた闘病に途方に暮れた時があった。

     真っ赤に炎症を起こした皮膚を見ながら、何かに反応している、この病態は一体なんだろう・・・?そう思った。
     
     花粉だろうか・・・?
     車からの排気ガス?
     何かの大気汚染物質?
     食べ物?
     水?
     衣類?
     洗剤?
     ダニ?

     容疑者の数は果てしないな~と思った。
     
     そう思うと、食べ物に疑いを持って食べるようになり、水が心配になり、服も繊維が、洗剤が気になり、体に触れるもの全てが気になってきた。
     天気の良い日に川原で散歩をしても、この空気が私を悪くするのかな、日差しが悪いのかな、そう思うと息をするのも嫌になった。

     世界はみんな、敵に感じた。

     治療に行って、犯人がわかり、対策し、元気になって、思う事。

     世界が優しくなった。
     風を、柔らかい日差しを楽しむ事が出来るようになった。

     あの頃の自分はおかしかったとは思わない。当然の反応だったと思う。でも、終わった事。
     ただただ、今の楽になった状態に、感謝、しています。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント