プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    温め過ぎない

     アトピーは冷えから来る、と頑なに信じてとにかく暖めまくる人がいるようですが、ちょっと要注意です。
     確かに冷えは万病の元ですし、冷えて乾燥して、とか、抵抗力が落ちて何やら痒みが、湿疹が、という人もいますから、冷やしすぎは良くないのですが、アトピーは「慢性の炎症」の病気です。つまり、軽いやけどの状態が常時続いていると考えてください。
     私は鶴治療院の漢方薬を長く飲んでいましたが、炎症が強い時は当然の事ながら冷やす薬が出され、冬はキュンキュンに冷えてました。夫が手をそっと握ってくれたのも、付き合い始めて最初のうちだけ。。。あとは触れると、「冷たいっ!」と、触れた手をさっと反射的に引っ込めていました。。。
     以前鶴治療院の先生(漢方薬)に食事について質問したときに、刺激物、唐辛子やからしなどは避ける様に言われました。にんにくやしょうがなど、体を温めるものについては、とり過ぎないように、普通でいい、と言われました。炎症が強いから、刺激物や温めるものはそれを促進してしまうから、と。
     冷え対策でにんにくやしょうがを積極的にとっている人、ちょっと注意してくださいね。

     また、私はサプリメントでもLカルニチンなど、代謝を促進するようなものはダメな事がほとんどです。今でもとると悪くなります。
     以前他の方で、私が大好きなゲルマニウム温浴がダメ、という人もいらっしゃいました。入浴にはいろんな効果がありますが、アトピーの炎症が強い状態で温めると、良い点よりも悪い点の方が多いように思います。
     
     冬は厚着をしたり、暖房などで思いがけずに汗をかいてしまう事もあります。汗はバクテリアを呼び、悪化につながりますから、衣服での温度調節など、こまめにしてくださいね。汗は冷えても膜状になって皮膚に貼り付き、バクテリアの繁殖を呼びますから、冬でも汗をかいたら拭き取ったり、シャワーを浴びたり、というのは大事です。

     アトピーが良くなり、冷えがすっかり良くなってしまった私は、大抵夫より薄着です。かつて真夏の37度の室内で、湯たんぽを抱いていたのが嘘のようです。その時は一年中湯たんぽでした。
     鶴治療院の漢方薬を使っていても、湯たんぽが要らないのは、6月半ばから9月くらいまでで、あとはずっと湯たんぽを入れていました。
     今はもちろん、湯たんぽは要りません。お風呂上りでベッドに入ると、暑くて足を出す事があります。去年の冬は、数回湯たんぽを使ったかなぁ・・・?今年はまだ使っていません。
     ずっと15年とか自分は冷え性だと思い続けてきたのに、本当は違ったのかしら・・・?と思う、今日この頃です。
     去年は今よりもずっと不安定だったので、何やら冷えるな、と思うと、アトピーが悪化していたりした事もありました。アトピーケアを一生懸命すると、冷えが取れるのです。
     冷え→アトピーではなく、アトピー→冷え、という図式もある事を忘れないでくださいね。詳しくは過去記事カテゴリ「冷え」をお読みください。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

     FC2のサーバートラブルでpingが送信できなくなり、ブログランキングに記事の更新を報告できない状態が続いています。
     面倒でも時々、覗いてみてください~。
     記事も消えたまんまだし・・・。やれやれ・・・
     

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント