プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    治療結果及び帰国後のサポート

     ドクターマセソンのアトピーの治療結果です。

    ・90%以上の患者が時間と共に皮膚が良くなる。
    ・全員がスキンケアとアトピーに対する知識を覚える。
    ・一年目に炎症が減る。
    ・長期間の皮膚の安定とコントロール
    ・薬の量が時間と共に減る。

     ドクターは既に日本からの患者さんは400人以上診てきています。アメリカ滞在中、ドクターマセソンの治療によって皮膚の著しい改善、もしくは完治状態、というのに関しては100%です。
     ただ帰国後、トリガーを除去できない、保湿や入浴などのスキンケアをやらない、ドクターの指示を守らない、などがある場合に残りの一割未満に入ります。
     帰国後、湿疹が出た場合はデジカメで写真を撮り、アメリカオフィスへメールで送ってもらい、ドクターは写真と翻訳されたメールを受け取り指示を出します。
     ドクターは24時間患者を監視しているわけではありませんので、患者が自分自身で炎症のパターンを見て、一人一人、自分がドクターのようになってトリガーを探していく事になります。

     アトピー治療は自分でコントロールしていく必要があるので、医師と患者の信頼関係はとても大切です。トリガーがわからなかったり、皮膚がどんな状態か、いつから炎症が始まったか、など、医師と患者が協力して治療に当たらなければならないからです。
     その為に患者と十分にコミュニケイションをとっていく必要がある病気です。

     どうしても渡米治療できない事情があり、日本で何とかできる方法はないか、という質問がありましたが、残念ながら答えは
    「NO」
    でした。
     というのも、渡米治療を検討するような人は、既に様々な治療法をいくつも試し、それでも治らなかった重症度の高い人で、適切な医療を必要としている状態にあるので、日本にいながら自己ケアで何とかしようというのは、どうしても無理があります、という事でした。

     治療の補足になりますが、治療方法で、重症度がとてもとても高い人は、別の手段も残っているそうです。ただその治療は厳重な管理が必要な治療になるし、そこまでする必要がある患者さんは今までにも無かったという事です。
     ですからまだ、秘策が残っている、というわけですね。
     また細胞生物学の分野で今もアトピーの研究は進んでいる、という事です。 

     ドクターはこんな事も言っていました。
    「アメリカでは、
    『医学は自分の患者から始まる』
    という言葉があります。
     治療のガイドラインはありますが(ステロイドを安全に用いる方法なども含めて)、ガイドラインはあくまでガイドラインに過ぎないので、それを患者に合わせてアレンジしながら、工夫を重ねて進歩させていく事が大切です。」

    ドクターマセソンの言葉です。
    「日本の常識外の治療で、誤解やしがらみのある中、
     アメリカに治療にいらっしゃるアトピー患者の皆さんの
     勇気は本当に凄い事だと思います。」
    「自分に置き換えてもなかなか出来ない事と思います」
                 (↑おかぴーさん、日記からお借りしました♪)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     ドクターのレクチャーからは、以上です。
     出席された方で、
    「ゆかりさん、ここ抜けてますよ、大事なところですよ」
    というのがありましたら教えてください。

     出席して感じたのは、ドクターが日本の患者さんの状況をいろんな意味できちんと理解し、責任を持って治療に当たっている、という事、医師の倫理が日本に比べてきちんとしている、という事(法的な制約が多いゆえに、倫理もきちんとしている)、治療法が全てオープンであるという事、それゆえに信頼できるものだ、という事などを感じました。
     アトピー治療は医療側とコミュニケイションを十分にはかりながらしなければならないので、ドクターのパーソナリティも非常に重要な要素なのだな、と痛感しました。治療成績の良さは、ドクターの人柄も少なからずあるのだな、と思います。

     レクチャーでは治療後の方も何人か、出席者の前で話してくださいましたが(私も話しました・・・赤面!)、特に5年前に治療された方は圧巻の肌のきれいさでしたね。渡米前は風が当たっても痛い状態で、頭から布をかぶり、目の2ヶ所だけ穴を開けた格好をしていました、死ぬ事を覚悟していました、とおっしゃっていましたが、全く想像できません。色素沈着も微塵も無く、色白のきれい~な女性でした。
    「ドクターには命を頂いたと思っています。」
    と話していらっしゃったのが印象的でした。
     また今年の6月に行かれた方と帰国したばかり、という方がお話してくださいました。お二人とも確か帰国後、ショートバーストもしていなくて、もうごくごく普通でした。このうちの一人の方は以前「他の患者さん」として原稿を書いていただいた方でしたが、話は本当で、アトピーは跡形もなかったです。色素沈着も無かったですね。仕事もできなくなっていた、なんて嘘みたいでしたね。もう一人の方は若い女性でしたが、お化粧して、ちょっと上品なセクシーな感じのお洋服を着ていて、3年休んでいた大学に復学するという事でした。
     私も結構驚かれましたね。自分では首はまだ色素沈着もあるし、なんて思ったりしていますが、見た目ではもう、アトピーだったってわからないですよ~!なんて言われました。(*^_^*)久しぶりに化繊の肌にぴったりするカーディガンを着ていったのですが、全く痒く無かったので、
    「綿以外のも着られるようになるんですね~」
    なんて言われちゃったりして、そうか~、酷い時は着られなかったな、なんて思い出したりしました。

     ネット上でのお知り合いの方とも顔を合わせてお話しする事が出来て、とても楽しいレクチャーでした。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。