プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    薬物療法

     治療は主には抗生剤とステロイドを用います。その他エリデル、サイクロスポリンなど、患者の状態に合わせて使います。

     鼻腔内のバクテリアに対して、抗生剤の塗り薬を用いています。
     皮膚や鼻腔内にバクテリアがコロニー(群れ)が出来ていて、抗生剤に対して抵抗性を持つものもあり、治療の難易度を上げます。それに対して適切な薬を選んで、治療をしていきます。
     抗生剤は適切なものを飲み薬でも使用します。
     ヘルペスが原因の場合は、抗ウイルス剤を用います。

    ・ステロイド
     ステロイドは適切で安全に用いる事が最も重要です。
     投与方法は、全身に用いる場合と部分的にクリームで用いる場合があります。全身投与の場合は、注射や飲み薬で用います。
     クリームで用いる場合、様々な強さと浸透性があるため、皮膚のタイプや場所によって使い分ける必要があります。

    クリーム
    1、特に強力なステロイド
    クロベタゾ-ル(日本で広く用いられている)
    長期連用の副作用
    ・皮膚が薄くなる。
    ・全身に吸収される。
    ・副腎の働きが停止。
    ・アトピーが対抗性(塗っても効果がなくなる事)を持ってしまう。
    ・リバウンドが起こる。

    以上の事から、アトピーには不向き。

    2、中~弱 0.025~0.1%
    トライアムシナロンとハイドロコーチゾン
    ・浸透性と吸収率が少ない。
    ・パルスで使うと安全。
    ・皮膚が対抗性を持たない。

    ドクターは25年以上これを用いて治療しており、一件のトラブルも無く、アメリカでは問題なく安全に使われているそうです。

    注射薬と内服薬

    ・炎症とリバウンドのコントロール
    ・短期で用いれば安全。
    ・長期で用いるのは安全ではない。
    ・状態が良くなるにつれて、使用する量が減る。
    ・使用期間が4週間以内で用いれば安全。
    ・期間をあけて用いれば、蓄積する事は無い。

     ドクターの30年もの経験から、アトピーは抑えるのが安全な治療法なので、上記を遵守して正しくステロイドを用いる事は、治療の大きな柱であり、メリットであるそうです。

    ・エリデルとプロトピック
     ステロイドで言うと弱~中程度に値し、効果があり安全に用いる事が出来る。

     その他、抗ヒスタミンやサイクロスポリンなどがありますが、詳しくはアトピーアソシエイションのHPへ。

     渡米して日本で使っていた薬を全てやめてもらうと、長期でステロイドを用いてきた人は5~7日目でリバウンドが始まります。これに対しては、ステロイドの内服薬で対処し、徐々に減らして調節していきますが、人によっては数回リバウンドが起こる事があるそうです。
     アメリカで他のドクターに見てもらって治療したけれど、良くならない、という人がいますが、理由の一つとしては、アメリカのドクターはリバウンドを見た事が無いから、というのが挙げられます。ドクターマセソンも日本の患者さんを診るまでは、リバウンドとはどんな症状か目にした事が無く、初めて見た時はとても驚いたそうです。ドクターはもうたくさんリバウンドも見て、制する事が出来るけれど、他のドクターはどうして良いかわからなくなってしまうだろう、と言っていました。

     ステロイドの薬品名は、上記に挙げたものしかレクチャーでは出ませんでしたので、それ以外はわかりません。
     漢方薬などにステロイドが混ぜられているケースはままあり、日本の表示の規定も甘いため、患者が知らずに使っているケースは数知れないようです。
     ちょっと調べたらこんな事例が出ていました。
    http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/06/h0603-1.html
    これ、混ぜられたのは「クロベタゾール」ですね。
     ドクターのラボで、過去に日本の患者さんが使っていた保湿剤(日本の医師の処方)や漢方薬の中からステロイドの混入が認められたケースがいくつもあり、またアメリカと同じ商品名であっても、ステロイドの含有量が全く違う(日本のものが○○倍強い)、といった事もあり、その為にドクターは一切日本の薬を信用しません。
     
     ドクターが薬物療法について話している時、特にステロイドのところでは、「適切に」「安全に用いる」という言葉を何度も何度も繰り返していたのが心に残りました。

    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント