プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー

     今回はアレルギーです。

     アレルギーは主に空気中に含まれているもの、接触性、食べ物に分けられます。
     特に重要なのは、空気中に含まれているもの、です。この中にはダスト、カビ、花粉などがあります。
     症状としては、顔から始まり体へ広がる、という傾向があります。子供から大人になるにつれて始まる人が多くいて、理由としては、地元を離れ、都会へ引越への引越し、というものもあります。都会では人口密度も高く、ダスト、ダニ、カビなどトリガーになるものがたくさんありますので、そこで悪化するケースが多くあるようです。
     また引越し、というのもアトピー悪化の原因になります。(カビやダスト、ダニの量が変わる。エアコン付きの部屋へ引っ越したら、エアコン内にカビがたくさんいて、とか、埃にたくさん接して、という事など)
     これに対してはラッシュアレルギー治療(rush allergy treatment)をします。詳細はアトピーアソシエイションのHPへ。

     接触性のものはゴム、金属、洗剤等がありますが、バクテリアもこの中に入れる事が出来ます。

     食べ物アレルギーもアトピーのトリガーになります。

     子供の場合、バクテリアが原因よりもアレルギーや乾燥肌がアトピーの原因になりやすいけれど、大きくなるにつれて食べ物アレルギーが原因というのは減り、バクテリアが原因になる人が増えてきます。この理由は、食べ物アレルギーは大人になるにつれて治っていく事が多いのですが、子供が幼稚園に入り、学校へ行き、というように多くの人やものに接する機会が増えれば増えるほど、バクテリアにも多く触れる事になり、これがアトピーの原因の多くを占めるようになってくる、というわけです。

     6~7年前からドクターは日本の患者さんにアレルギー反応が原因の人を多く見るようになり、アレルギーの治療を取り入れるようになったら、大きな成果が上がるようになった、という事です。
     アレルギー治療もドクターベイカーと相談し、日本人の患者さん用に改善したそうです。改善した点は、元々治療薬はアメリカ用に作られていて、植物など日本にはあって問題だけれど、アメリカではあまり見かけず、問題ではないもの、というのは、似た植物では治療の効果が連鎖して上がる性質を利用しているそうです。これは、日本に帰国して検査をしていない植物に反応していたとしても、渡米中の検査で似た植物で反応が確認され、治療薬の中に入っていれば効果が上がる事が期待できる、という事もあります。
     また日本のアトピー患者は、通常のラッシュアレルギー治療では反応が強く起こりすぎるため、少し弱め、反応が起こらないけれどその中では最大の状態に調節して、治療をする、という事です。

     ラッシュアレルギー治療は、アメリカの中でもまだ非常に新しい治療法だ、という事ですが、このようにドクターベイカーと連携して日本人の患者さんにあった治療法を行っている、という事でした。

     アレルギーは近年増えているけれど、数が非常に多いため厄介で治療が難しいそうです。アレルギーが4種類の人と5種類の人を比べれば、当然4種類の人の方が治療が簡単、という事です。アレルギーよりもバクテリアが原因、という方がアトピーを抑えやすい、という事でした。

     私が感じたのは、アレルギーの問題がアトピーを複雑化させている、という事と、近年非常に難しくなってきている、という事です。
     アトピーのリスクにあった、先進国や都会に多い、上流階級に多い、というのは、このアレルギーの問題と深く結びついています。エアコンの普及率、モノの多さ、車の多さ、これらはカビやダストを多くします。昔は日本は車も無く家電も無く、緑も多かったし、家の作りも通気性が良かったけれど、今は昔と比べて格段にカビやダストが多くなりました。昔は緑も多かったので、それがフィルターの役目をしてダストの量を減らしたり、湿度も調節してくれてカビの発生を抑えてくれていた事も考えられます。
     国外へ行ってアトピーが治るケースも、日本の空気中のものに反応していた原因物質が、その国では少なかった、という事でしょう。これには気候や文化も深く関わっています。

     謎解きが出来てきたでしょうか?
     
    人気ブログランキングに参加しています。励ましのクリック、お願いします
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント