プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    治療前の状態

     治療を検討される方から時々メールを頂くのですが、その中の最も多い質問が「治療前の状態はどうでしたか?」というのがあるので、記憶を辿ってみたいと思います。

     治療前、鶴治療院の漢方薬に頼り切っていました。漢方薬をやめる事はその時の私にとって、ほとんど自殺行為でしたね。アトピーに合わない漢方薬だと、即悪化。悪化すればほとんど身動きは出来ませんでした。朝、夫の朝食を用意するのがやっとで玄関にも見送りに行けず、布団に戻れず、テレビの前でコタツに入って、空腹も感じるか感じないかで、トイレに行くのがやっと、になるほど体力も気力も低下してしまいました。夫が帰ってくるまで、ぼんやりとテレビを見続けた時もありました。
     でも、漢方薬が効いてくれば、普通には活動できました。
     皮膚の状態は、首や膝などは大抵象の皮のような感じでしたね。粉(皮膚)もたくさん落ちるので、朝はシーツをそっと剥がし、外で払いました。それでも部屋の中には粉が・・・。
     顔はもちろんお化粧はほとんど出来ません。眉毛と口紅くらい。洋服も綿100%のものを選んで、ほとんど日持ちせず、という感じですね。
     ドクターの治療を受ける前は、時々ヘルペスにも悩まされるようになりました。

     鶴治療院の漢方薬がなかったら、多分、もっと酷い状態に陥っていたと思います。(実際、鶴治療院の漢方薬を使う前は酷かったので)なので渡米して治療を受けるのは、迷いもありました。漢方薬で何とか生活できていたので、どうしようかな、と。もっと酷い人がたくさんいるから自分はそれほど重症ではない、という思いもあったのです。
     けれど今からだが楽になり、皮膚の落ち着きや張りを見ると、行く前はかなり酷かったんだな、と思います。もう絶対絶対あんな状態耐えられない!!!と、今なら思います。
     正直、最近、ここまで良くなるとは思っていなかったなぁ、と思います。

     治療を迷う方のほとんどが、ある程度コントロールが出来ていて、それほど重症ではないのですが、と、おっしゃる方が多いのですが、自分の経験からすると、健康な人、という視点に立つとどうなんでしょう?と思います。重症ではない、と思うのは、瀕死のアトピーの人に比べて、という、その視点からの見方ではないかな、と思います。
     治療のゴールは「健康な皮膚」ですから、私があの時、その視点に立っていたらそれほど重症ではない、とは、思わなかっただろうと思います。
     また、治療を検討される方が私の治療前の状態を気にされるのはとてもよくわかります。私も治療後の方と知り合う機会があれば、同じ質問をしていたと思います。
     ですが、ドクターマセソンの腕を知ろうと思うのであれば、もうその質問は必要ないように思います。
     彼は既に400人以上もの日本の患者を治療してきました。4週間もの治療期間、しかも英語の国の海外、治療費の高さ、それらをもってしても決意するほどの患者たちですから、ありとあらゆる事を試し、裏切られ、挫折を経験してきた人たちです。ほとんどが重度と見てもいいです。
     アトピーの状態もいろいろで、私のように体が酷いタイプ、また顔が酷いタイプ、乾燥タイプ、炎症じゅくじゅくタイプ、二次三次感染を起こしているタイプ、長期の間違った薬物治療患者、リバウンドの酷さ、ヘルペスなど別の問題も併発してしまっている人、子供、成人、もう様々な患者を彼は治療してきました。そしてその9割以上もの人達が完治状態に至っている、といいます。(残りは帰国後、ドクターの指示に従わなかった人たちのようです)
     私はほんの、ほんの一例に過ぎません。ですからドクターにとってもう、前例がない状態の人、というのはいないでしょう。

     アトピーは解明されているのです。
     原因に沿った適切な治療をすれば、完治状態に至ります。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    まだ記事が全部は戻ってきておらず、FC2のお知らせも消えてしまっているので、もうやる気がないのかな、と思います。
    ドクターのレクチャーの記事、その他をバックアップできたものは戻していきますね。

     もうずっとこのブログを読み続けてくださっている方から、見つけて日が浅い方、今日見つけた方など、いろんな方がいらっしゃいます。ですから、内容が多少重複している事がありますが、どうぞご了承ください。
     カテゴリを工夫して、なるべく皆さんが知りたいと思う事を見つけやすくするようにしていますが、難しいかもしれませんね。
     ブログ右肩にある、ブログ内検索、などを使って、上手に記事を見つけてください。
     また、わからない事を質問するのに、治療前の窓口は基本的にはアトピーアソシエイションの明石さん(男性)なので、内容によっては躊躇されている方もいらっしゃるかな、と思います。私はアトピーアソシエイションのスタッフでもなんでもないので、責任はもてませんが、私で良ければメールフォームを使って、連絡してみてください。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    スポンサーサイト

    COMMENT

    yasukoさんへ
    思い返すと24時間、アトピーの事を考え続けていたように思います。寝ても覚めても痒みとの戦いだし。
    日本の治療は私にとっては絶望的でしたから、今の状態、本当にすごいです。

    日本での治療を続けていても、出口がないですもんね。
    ステロイドの副作用の心配もあるし、いくら日本皮膚科学会が正しい使い方を説明しても、言われた通りに使っている人達がどんどん悪くなっていくって、どうしようもないですもん。
    今は子供の重症アトピーも増えているから心配ですよね。

    お嬢さん、手袋なしで寝れるのが11年ぶりなんて、すごいですね。普通の生活、素晴らしいですよね。健康な体でないと、健康な心を保つのも難しいですもんね。

    ゆかりさんも、辛い生活を送ってこられたんですね。

    アトピーは、本当に体も心も辛い病気ですよね。
    毎日ストレスにさらされて、睡眠もろくに取れず、気力がなくなるのは無理ないと思います。
    特に成人の方は、人に辛さを打ち明けることもなかなか出来ないと思いますので、心の負担が大きいと思います。

    アトピーの程度がどうであれ、ストレスを感じていればそれは後々体と心に悪影響を与えるものだと思います。
    日本のステロイドを使ってコントロールしていても、どれだけ使っているか把握していない医師のもとで、ランクが上がっていく心配もあります。
    将来にわたってコントロール出来る保障はどこにもないですよね。

    私はそれが怖くなって娘のアメリカ治療を決めました。
    医学的根拠に基づいている事がわかり、不安はなくなりました。
    帰国後の生活は比べ物にならないほどです。
    湿疹はたまに出ますが、見た目も痒みも酷くなく、以前のように掻き毟ってしまって大変という事はありません。

    手袋をしなくて寝れるのは11年ぶりです。
    しかも朝までぐっすり眠れます。
    ああ~~、、これが普通の人の生活なんだなぁ~と実感しています。

    アレルギー注射を1年続けた頃が楽しみです♪

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。