プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ステロイドの浸透度1

     ステロイドは強度ばかりが気にされて、浸透度についてはほとんど言及されません。
     今ちょっと吸収についてネットで調べてみても、「血液中に吸収されるのはごく微量」とある位で、後は部位によって吸収率が違う事くらいかな。
     「血液中にごく微量」と、書いてあるのは良いけれど、一つ一つの薬剤については書いていなかったです。
     私は病院に勤めていた時に、リンデロンなどの外用薬の薬剤添付書類を読んだり、医療用の薬の本などを調べてみましたが、吸収量に関するデータや表記は特になく、せいぜい体の部位の吸収率の違いに絡めて書いてあるくらいでした。
     一度薬剤師の方にお伺いしてみたところ、特に薬剤一つ一つの吸収度については資料がない、とお返事を頂きました。
     薬剤師の方も資料がないのに、医師たちはどうやって一つ一つの吸収度を知る事が出来るのだろう・・・?
     確かに、製薬会社に問い合わせてデータをもらう事も可能でしょうし、新薬に関しては宣伝も兼ねて説明会が開かれるので、そこで何かの資料をもらう事もあるかもしれません。
     けれど、ステロイド外用薬に関しては、ずいぶん長く使われている薬もあります。若い医師たちは先輩医師について診察や処方を研修しますが、その時、先輩医師がどんな症状に対してどんな薬を処方するのか習って、それを初めのうちは踏襲していきます。ずいぶん長く処方されているものに関しては、余り疑問を持たない医師の方が多いんじゃないかな、と思うのです。
     それに浸透度に関しては気がついていない医師が多いんじゃないかな、とも思うのです。もし気が付いても、先輩医師に、
    「血中にはごく微量にしか吸収されないよ」
    と言われてば、
    「そうなんですか」
    で、終わってしまいそう・・・。
     つまり、一つ一つのステロイド外用薬に関して、薬の添付所にも書かれていない、薬剤師の方も見る事がない浸透度の資料を、製薬会社に問い合わせて資料を取り寄せて処方をしている、とは、ちょっと思えないのです。

     「血中にはごく微量にしか吸収されない」
     これをあれこれ調べてみるのだけれど、どうやらこれ、バリア機能が正常な人、つまり正常な皮膚の事を指しているらしい。
    http://www.yakujien.com/Pages/hukuyou/c_ste.html#Anchor-30137
     アトピーの人って、バリア機能どころか皮膚がうす~くなってしまっているんですけど。。。
     しかも、大量投与の中止でリバウンドが起こる、という事ばかりがどの資料にも書いてあるけれど、これってすごく教科書的で、ただ教科書をコピーして書いてあるだけ、という気がします。
     血中にはごく微量にしか吸収されないのに、なぜリバウンドが起こるのか、それは誰も研究していない模様・・・。
     アトピーの人がなりやすいとされている白内障って、ステロイドの副作用と教科書的に一致するのに、大量投与でのみなる、という所でみんな止まってしまっているんだな~と思います。
     ちょっと違うけど、参考に資料

     私は何かがおかしい、というのは、医療現場で気が付いていると思うのです。リバウンドも。でも、それを認めてしまっても、その先がないし、患者の怒りも当然やってくる、という所から、
    「血液中にはほとんど吸収されない」
    と、言うしかないのだと思います。
     既に気がついている医師たちも、いろいろ調べたりしているようですが、思ったような資料が得られないのだと思います。
     おそらく眼科の医師もちょっとは、あれ?と思っていると思うのですが、皮膚科をあからさまに非難するわけにも行かないし、アトピー患者が目をこすったり、顔をたたく人が多いのは事実で、その因果関係も否定できない。いくつか考えられる要因の中から、皮膚科のやり方について苦言を呈するよりは、患者の落ち度を先に指摘したほうが、そりゃ無難でしょうからね。

     ステロイドの副作用を見かねて、脱ステを推進する医師になったとしても、それはそれでかなり怖い事です。リバウンドの症状はすごいし、生命の危機すらありえるのですから、皮膚科医がそれを管理するのは、かなり難しいでしょう。

     いろいろ調べていくと、ドクターマセソンのステロイドの使い方は非常に優れているように思います。
     外用薬は浸透度、吸収度を合わせてベスト、と思われる薬を選び、渡米したばかりのもっとも重い症状の時には、副腎に対する影響を考慮して、ステロイドは点滴でなく、皮下注射で、量も肌の状態や病歴をを見てそれぞれ違った量を使用する、と聞いています。
     ショートバーストにしても、私は最初プレドニンを、一日60mgを3日、40mgを3日、20mgを3日、というスケジュールで飲みましたが、次からは、80mgを2日、60mgを2日、40mgを4日、20mgを4日、と飲みました。
     ドクターのやり方は、しっかり使って短期で切る、という、パルス療法です。
     最初にドカンと使い、しっかり使って完全にアトピーを消失させてしまいます。炎症は全て止まり、睡眠がよく取れるようにするのです。
     でも、決して長期では使いません。
     渡米してリバウンドが出る人もいますが、それをもドクターはステロイドの内服薬を使って、コントロールしてリバウンドを制してしまうようです。そこに患者の苦痛は伴いません。苦痛を取ることは、欧米の医療では大きな目的の一つなのです。
     アメリカは訴訟社会なので、安易な気持ちで処方をすれば、医師の命取りになります。ですからドクターは細心の注意を払って、処方をします。
     また、ドクターは
    「最小限度の薬で最大の効果を発揮する」という処方に関して美学を感じている人みたいです。ですから胃薬一つ、安易な気持ちで処方する事はありません。(医療費の高いアメリカでは、普通の意識かもしれませんが)

     たまに日本の治療でステロイドの内服薬が出るというのを、ネットの掲示板などでたまに見かけますが、処方量を見ると一日5mgとか10mgとか量が少ないのです。そして2ヶ月とか3ヶ月か、長期で処方されているような感じです。私は老婆心ながら、リバウンド、大丈夫かな、と心配になります。(もちろんそうでない人もいるでしょうが)
     この量だと、アトピーも消えきらないでしょうしね。
     アトピーが消えきらないと、なかなか皮膚が厚くならないのです。常に炎症と痒みがある状態では、私達はたいてい掻いてしまいますし、皮膚自身も私達の体も心も休まる事が出来ません。
     またアトピーが残ると、そこからまた広がる可能性がありますし、内服薬の量が少なければ、浸透度の資料を見ての処方とは思えない外用薬も使うわけで、合計の体内に入るステロイド量は、医師は把握できないのではないでしょうか。
     ドクターマセソンが言うには、日本の治療を見ていて問題だと思う事の一つは、医師が患者に入るステロイドの量が把握できていないのでは、という事です。
     医師が患者の体内に入る量がわからなくて、どうやってコントロールするのでしょうか?

     長くなるので、今日はここまでにします。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     今回はステロイドについて書きましたが、ステロイドについて書くと、必ずコメント欄がすごい事になってしまうので、申し訳ありませんが、コメントはクローズとさせて頂きます。 


    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    お知らせ

     ドクターマセソンの特別レクチャーですが、どんな事を話してくださるのか、細かい内容がUPされましたね。アトピーアソシエイションのHPに出ました。
     内容はかなり濃いものになりそうですね。
    http://a-association.bblog.jp/entry/327769/
     ものすごい有意義になりそうです。おそらく皆さんが疑問に思う事がずばり、解決されそうですね。
     申し込みの受付が開始になったようです。

     明石さんがこの間、本を出版されたようです。ドクターの講演はその出版記念講演、という事です。治療がまだの方は、明石さんの本も参考になるのではないかと思います。
     

     
    スポンサーサイト