プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    手湿疹 おさらい

     手湿疹で悩んでいる方が多いようなので、今まで書いてきた事をまとめてみたいと思います。過去に書いてきた事が多いですが、どうぞご容赦ください。

     手湿疹はやっぱりかなり治りにくいそうです。というのも、トリガー(引き金)になる原因物質から遠ざかる事が難しいので、繰り返しやすい、ということらしいです。
     ただ、私の経験からすると、私も手湿疹はありました。私の場合、服に隠れる所の体の部分が最も酷かったのですが、結婚して家事をするようになったら、手も悪化してきてしまい、ゴム手袋などを使っていましたが、かなり難しかったです。夫に水仕事を頼んだ時もありました。
     帰国してからはかなり良くなったものの、他の部位のアトピーが酷くなる時は、やはり手も悪くなりました。治ってくると手も良くなってくるのですが、ショートバーストをしていても、関節のシワの間にしつこく残り、完全に消失するのに一番時間がかかる所でした。。あぁ、手湿疹はしつこいんだな、と体感しました。
     でも、渡米前、渡米後では全く違い、症状がかなり緩和され、また自分なりに工夫をしたりして、今では悩む事はなくなりました。
     
     今(治療後)自分でやっているケアとしては、
    1、タオル交換を頻繁にする。
      タオルってすごい雑菌が繁殖するようです。朝使ったタオルをそのままにしておいて、乾いたからって夕方に使うと必ずすぐにカイカイです。
    2、症状が酷い時は、キッチンペーパーやティッシュペーパーで手を拭いて使い捨てにする。
      一時はエアタオルでも購入しようかと思っちゃいましたよ。でも使ったペーパーでその辺を拭いて捨てれば、罪悪感も軽減します。
    3、手洗いをきちんとする。
      手湿疹の時は乾燥するので、ついつい手を洗うのを控えてしまいますが、私の場合はきちんと洗った方が良かったです。手湿疹が出来やすい所は、関節のシワの部分や指の間などだったので、シワは伸ばして指の間まで丁寧に洗いました。一日2~3回くらい、何かのきっかけを捉えて(外出から帰ってきたら、など)、しっかり洗うようにしました。またそれ以外にも頻繁に洗っています。
      以前は普通の液体ソープを使っていましたが、イソジンウォッシュというイソジンの皮膚洗浄用のを購入したので、それで洗うようにしました。これで一日2~3回洗うと、ちょっとした湿疹なら治ってしまいます。(これはイソジン消毒、と同じ方法ですが、バリア機能がある程度残っている、皮膚の厚みが多少はある人に向いている、と思います。完全に薄くなっている人へは、効果は、むむむ・・だと思います)
      私は手はどちらかというと出るのは遅い方でしたので、手からダメになるような人は、普通の手洗い用のソープは油を落としすぎて頻回に洗うのは向いていないと思います。頻回に洗う人にはセタフィルがやっぱりお勧めですが、なかなか手に入りにくいので、乳液タイプの油を落としにくいものならいいんじゃないかな~、と思います。(セタフィルは乳液タイプ)
      なので、ちょっとお肉を触っちゃった、というような時には油を落とさないようなもので洗って、朝・帰宅時・寝る前などはイソジンウォッシュでしっかり洗う、というのが良いかな、と思います。
      私は頻回に洗う用とイソジンウォッシュと両方用意して使い分けています。
    4、ゴム手袋をはめる時は、木綿の手袋を着用して、その上からにします。木綿の手袋は、一度はめたら二度はめません。そのまま洗濯に回します。かなりの数、ストックがあります。安いものを使っているので、破れたり傷んだりしたら、捨てます。
      また、スポンジやタワシは触れば必ずカイカイです。絶対素手では持たないようにしています。食器洗いに使うタワシは、汚れたら食洗機でお皿と一緒に洗っちゃいます。楽だし、きれいになりますよ。
    5、早めにステロイドを塗る。
      手湿疹の湿疹はかなりしつこいように思います。イソジンウォッシュを使っても良くならない時は、速やかにステロイドを使います。
      手足(首の部分から下)は皮膚が他の部分に比べて厚いので、Tacでは、浸透度が弱くて不向き、という事で(実際使ったけど、効果なしでした)、もう少し浸透度が高いベタメタゾン0.05%というものを使っています。
    6、乾燥に気をつける。
      乾燥すると、そこがひび割れてばい菌が入ってきやすいので、保湿には気をつけています。
    7、こまめに手を拭く。
      調理中は、しょっちゅう手が濡れますが、濡れたままにすると手荒れ→手湿疹になるので、まめにきっちり水分を拭き取ります。調理中に使ったタオルは特に雑菌が繁殖しやすいようなので、頻繁に交換します。
    8、外出時はエアタオルを使う。無ければ、ハンカチやタオルで拭くが、2~3回以上使わないようにする。
    9、家事の機械化。
      食器洗い機は絶対必要、位に思った方が良いと思います。木綿の手袋とゴム手袋でも良いと思いますが、夏場は蒸れますし、手も汗をかきます。
      洗濯乾燥機の購入も検討された方が良いと思います。洗濯物を干すのも濡れたものを手で触る事になり、洗濯物の量が多いとその時間も長くなりますから、わずかな時間と思いますが、意外と良くないです。
      一時期、木綿の手袋+ゴム手袋で干していましたが、やっぱりやり辛いしゴム手袋をはめる時間が長くなるのも、手には良くないと思います。
      洗濯乾燥機の一体型、とまでは言わないですが、乾燥機はお勧めです。濡れたものを手で触る時間を短縮できますから。コストが気になるようでしたら、やはり、ガスが良いようです。
      コストもかかる事ですが、高価なハンドクリームなどを買ったり、皮膚科も3割負担でタダではないです。家事の機械化は手湿疹以外にも、家事が楽になる、時間が出来ると二重三重のメリットがありますから、導入を考えても損はないと思いますよ。
    10、手で触る所は掃除をしっかりする。
      保湿剤を塗った手で触ると油がそこに付き、汚れや雑菌が付きやすくなります。そこに触れば手に雑菌が付きます。なので、掃除や汚れ落としは、拭き掃除をしっかりする必要が出てきます。
    11、同居家族にも清潔を心がけてもらう。
      帰宅したら手を洗ってもらう事はとても大切だと思います。また、抱っこが必要な子供さんがいる場合は、手洗いだけでなく、体全体の清潔も心がけた方が良いと思います。子供は汗をたっぷりかくし(汗→バクテテリアが付着→抱きつく→アナタにも汗とバクテリアが付着)、またいろいろな所に触りますからね。可愛いわが子ですが、愛情とこれとは別問題です。
      そう言えば、かの松居一代さんはお子さんのお友達が家に遊びに来ると、まず手を洗ってもらう、と言っていました(書いていました?)。これはとても大事で良い事だと思います。

     これ位でしょうか・・・。
     初めは慣れないと面倒に感じると思いますが、アトピーになる人は「超敏感肌」です。どんなに忙しくても肌は事情を理解してくれませんので、良くしよう、と思ったら、ケアはしないといけないんですよね。。。

     ドクターマセソンの治療ですが、渡米前と渡米後では手湿疹もかなり楽になりましたし、アレルギー治療が効いてきたのかな、と変化を感じた8月辺りから手湿疹の出方も減りました。という事は、アレルギーもかなり関与していたのかな、と思います。
     湿疹は手だけなの~、という人も、ドクターマセソンの治療を検討しても良いと思います。顔だけ、性器だけ、というように、面積が小さいとどうしても治療に躊躇しますが、面積が小さくても苦痛はものすごく大きいですし、日本の治療ではなかなか効果が上がらないのも現実です。
     手湿疹は治りにくいですが、渡米治療、帰国後は、空気中のもののアレルギーはアレルギー治療が効いてくれば良くなるので、残りは接触性のアレルギーだけが問題になります。徹底して上記の事をやったり、何を触ったか書き出す、など努力すればコントロールは十分可能、と思います。

     仕事でどうしても手が荒れてしまう、という人は、やはり転職を考えるのも一つ、と思います。簡単にはいかないのが実情、と思いますが・・・・・・。

     手湿疹、といっても乾燥が主だったり、水泡が出来たり、リンパ液が出ていたり、感染していたり、と症状が様々です。症状が重い人は、私がやっている事を同じようにやっても、改善はなかなか難しいかもしれませんが、軽~中程度の人ならコストも余りかかりませんし(乾燥機の購入、などは除いて)、やる価値はあるかもしれません。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    お知らせ

     ドクターマセソンの特別レクチャーですが、どんな事を話してくださるのか、細かい内容がUPされましたね。アトピーアソシエイションのHPに出ました。
     申し込みの受付が開始になったようですよ。
     明石さんがこの間、本を出版されたようです。ドクターの講演はその出版記念講演、という事です。治療がまだの方は、明石さんの本も参考になるのではないかと思います。
     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    はるさんへ
    手湿疹も、全体の状態に影響されたりしますね。
    体も酷くなると、手湿疹も出来やすくなります。
    でも、手の状態が不安定な時、スポンジやタオルは、見事にすぐに痒くなりますね。
    アトピーは「超敏感肌」なので、些細な事で面倒ですが一つ一つ、丁寧にクリアしていく必要がありそうです。

    台所のスポンジやタオルの記事、参考になりました。
    盲点ですね。早速食器洗浄機にポイしてみました。
    手湿疹は、ほんとうにいつまでたっても治らず。きれいにと思ってまめに洗うのも、なぜか痒い。水がいけないのか・・・なんて考えると洗うのも辛くなったりして。
    清潔一番ですね。

    ananさんへ
    10月に参加を決められたのにこの記事では、申し訳なく思います。
    でも!アレルギー治療が効いてくると、状況はかなり違ったものになると思いますよ。
    たとえお金が原因だったとしても、シールドできて滑らないようなハンドクリームなどを使えば、かなり防げるかもしれませんし、少なくとも原因がはっきりしてくるので、自衛策を考える事が出来る筈です。
    今はまだ原因もはっきりしていないし、治療していないので不安も大きいと思いますが、治療すればいろいろ整理されるし、完治状態になるので、完治体験は多くの事を教えてくれます。帰国後はスーパーバイザーも一緒に対策などを考えてくれますから、今の状態とはまた違ってくると思いますよ。
    まずはいったん、治す事、だと思いますよ!

    手湿疹。
    私も手、特に指がとっても酷く、全部の指に絆創膏やガーゼを巻いてる状態です。
    10月の治療に参加することに決めたのですが、やっぱり帰国してからも、かなりの努力が必要なんですね。
    私も家では、綿手袋+ゴム手袋で家事をしていますが、仕事中は手袋はできず...。
    お金を扱うので、原因はやっぱり黴菌(バクテリア)かも。
    やっぱり、なるべく手に負担をかけない生活がいいんですよね。
    転職は無理だし、悩むところです。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。