プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アトピー治療は進歩している

     2チャンネルの掲示板だったかな。10年前にドクターマセソンの治療を受けて、再発した人の話が出ていました。本当かどうか真偽のほどは知りませんが、はて・・・?と思いました。
     まぁ、本当だったとして、どうしてかな~?と、考え、そういえば!と思い出しました。
     アレルギーの治療が始まったのは、たしか5~6年前だったと思うのです。その人は10年前の治療、という事なので、多分アレルギーの治療していないと思うのです。
     明石さんも最初に行った時は、アレルギーの治療はなくて、一年以上たってから再度、アレルギーの治療のために再渡米したという記憶があるのです。
     
     ドクターの治療も進化しています。
     最初はアレルギーの治療は無かったのですが、日本から来る患者さん達の難治化によって、アレルギー治療をドクターベイカーに依頼して始め、最初の頃は、5人治療に行ってもアレルギー治療は一人とか二人だったのが、最近ではアレルギー治療が無い人はほとんどいない、という状況だそうです。やはりアレルギー治療もした方が、早くて確実らしいです。
     また、ドクターベイカーの治療も進化していて、日本から行くアトピー患者の治療に関しては、今もドクターマセソンと話し合いを重ね、アトピー用に薬を工夫していったりしているそうです。
     ドクターベイカーはアレルギー治療のドクターで、外来もやっていますが、普通にかかろうと思うと大変で、数ヶ月待ちです。アトピーアソシエイションを通じていくと、ドクターマセソンの口利きで、特殊扱いですぐに治療をしてくれるようになっていますが、ビルドも本当はもっと時間をかけてやるものらしいのですが、日本からの患者さんは時間がないので、かなり無理してやってくれているらしいのです。
     また、接触性アレルギーが酷い場合は、ドクターストローという接触性アレルギーの世界的権威(世界でも何人かしかいない、だったかな)のドクターのところにかかる事が出来ます。(ドクターマセソンの力ですね)過去、私が知っているところまでですが、2人かかった事があり、ドクターストローに
    「こんなに酷いのは見た事がない」
    と言わしめたほどだそうです。
     こんな風に、アトピーアソシエイションの治療は、一流の医師達が関わり、それぞれの専門分野で最高の技術で治療に当たってくれます。

     時々、5年後、10年後、また再発するのでは・・・?という不安で治療に踏み切れないでいる人がいるようですが、アトピーの治療は日々、進歩しています。5年後、10年後、再発したらまた治療をすればいいのではないでしょうか?
     10年前と比べてドクターたちの治療は進歩しています。今から更に5年後10年後、今よりももっと治療は進歩している事でしょう。
     製薬会社もアトピーの治療薬を日々研究していて、かなりいいのが出来ている、というのをアメリカで治療している間に聞きました。製薬会社からドクターマセソンのところに営業が来るので、よくわかるらしいのです。もちろん営業の人も、ドクターが日本人のアトピー患者を診察・治療しているのは知っています。日本はビッグマーケットですから、(製薬会社の業界でも有名らしい)虎視眈々とそのマーケットを狙っているわけです。
    でも日本に新薬を入れるのは大変らしく(認可・医師の理解の難しさなどの問題)、苦笑しているらしいです。つまり、「話にならないよ・・・」という、発展途上国並、という見方が一般的なようですね。
     だから5年後10年後なら、アトピーの特効薬が存在する望みも十分あるのです。(長年使われているステロイドだけでも今も混乱を極めている日本では、認可されるのは更に先になる、もしくは認可されない可能性は高いですが)

     5年後10年後、元の状態にまで悪くなる事は、ちょっと考えられないのですが、仮にそうなったとしても、もっと進歩した良い治療がその時には存在するでしょうから、問題ないのでは?と思います。
     不安な人は、帰国したらしっかり働いて、アトピー貯金をしておけばいいと思いますよ。(使うこと無いと思いますが)

     今日という日は、人生で一日しかありません。二十歳の夏、25の秋、30の冬、それぞれその年のその季節はその時しかなく、二度とやってくる事はありません。
     今30で、結婚もままならないという人たち、私の経過を見ていてもいいですが、10年たつのを待っていたら、40になっちゃいますよ。30と40では、仕事も結婚も選択肢が全く違いますよ。
     私も5年後10年後の治療成績を、治療前に問い合わせましたが、特にデータは無い、という事でした。残念でしたが、最後は目をつむってやってみるしかないか、と思って行きました。もし良くならなかったら、良くなるまで座り込みでも何でもして、帰ってこなければ良い、と。帰国して悪くなったら、再度渡米して、治してくれるまでドクターにすがり付いてやろう、と思って行きました。そうすれば、治せなかったら、帰らないので、うるさがって治療費も返金してくれるかな~、なんて・・・(苦笑)。
     でも、そんな必要全く無かったです。

     2ちゃんねるを見て不安になった人たち、ちょっとは不安が払拭されたかしら・・・?
     ちなみに私の状態は、この間実家に帰った時に母が
    「あれ?今ステロイド飲んでる?」
    「ん?飲んでないよ。ちょっと保湿のローションつけてるくらい」
    「きれいになっちゃったね~」
    と、言っていました。
     うふふ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    お知らせ

     ドクターマセソンが来日して、特別勉強会を開いてくださる事になりました。詳細はアトピーアソシエイションのHPをご覧ください。
     希望者の方が多いようです。お申し込みは早めにする事をお勧めします。

    スポンサーサイト

    COMMENT

    しんちさんへ
    はじめまして。
    お褒め頂きまして、ありがとうございます!
    アメリカで治療を受ければ、誰もが良くなる、というわけではないようなので、私の記事は、ドクターマセソンの治療、というので、限定させてください。
    今後とも、どうぞよろしくお願いします。

    はじめまして。
    自分もアトピーで悩んでいたのですがアメリカの医療
    がそんなに発達しているとは知りませんでした。
    いい記事読ませていただきました。

    ananさんへ
    覚えていますよ。
    「鶴治療院」の薬、いいんですけど完治を目指すにはドクターの治療の方が向いていますね。
    生活に支障が出るんじゃ、大変ですもんね。
    アメリカでの治療は勇気が要る事ですが、人生でちょっと位思い切った事をするのも、悪くないですよ!

    ニーさんへ
    何しろ2チャンネルの書き込みですから、まぁ、信憑性は良くわからないですけどね。
    5年後10年後の再発、というのは、私たち自身も無縁の話じゃないですから、再発の理由が知りたいですね。
    医療は人の命が関わる事ですが、同時に多くの利害も絡んでくるので、どの国も何度制度を変えても「これが理想的」という制度は無いように思います。どこも一長一短ですよね。
    私達日本人は、海外での治療の道が残されているのが救いだと思います。

    おかぴーさんへ
    私も同感です。日本で道の治療の事をあーだこーだと言っていても、「百聞は一見にしかず」、というのに集約されるような気がします。
    治らないで、いい加減な事を言う人たちも可哀想だと思うし、それに振り回されてしまう人達も気の毒だな、と思いますが、私達には、いずれもどうしようもないですもんね。
    とにかく、治ったもん勝ちですよね~!!

    こんにちわ、ステキな記事ですね♪
    各方面で批判してるごく少数の方たちの言い分が本当なら
    マセソン先生やメディカルアシスタントに再治療の請求をしたり、裁判を起こせば事足りると思います。
    逆にそのような方たちに対応する為に、AAJの方では弁護士の方もいらっしゃるようですから、きちんと実名で筋の通った批判をしかるべき方法で展開されるのが良いと思います。
    仮に僕が治療者の立場なら無料か格安で、威信に賭けても治すと思いますよ。
    悪い事は言いませんから、掲示板で匿名の批判記事などを
    展開されるより、ご自身の症状に目を向けてみては如何でしょうか?
    また、これは実際に治療を受けた身であるから、知っているのでありますが、日本に措けるステロイドとアメリカでのステロイドの考え方、薬そのものと治療への組み込み方は全然違うので、仮に一時的にでもアメリカで治療されて良くなったのであれば、再発した所で、こまめに火消しすればよいだけで、日本の「ステロイド塗りたくりキャンペーン」に簡単に戻ってしまうという事は、なかなか考えにくい、といいますか、個人的主観ではその危険性を考えるとありえないと言わざるを得ません。
    こんな方たちが地道に批判されているから、渡米治療経験者は少数でも真実を伝えたいという強い想いに駆られて、却って団結を呼び基盤が強固になっている昨今、みなさまいかがお考えでしょうか?
    つまらない批判を展開されている間に、僕はケロッと治っちゃいました♪

    日本の(学会派)医師は、以下の点がドクターの考えと違うようです。
    ①ケナコルト(トリアムシノロン)筋注は危ないという固定観念がある。
    ②ステロイドの皮膚治療効果は副作用を考えると外用剤が絶対的に内服より優れている、
    ③常在菌である黄色ブドウ球菌がアトピーの原因とは考えられない。
    ②についてはホームページに書いている通り、浸透率と管理の難しさの問題ですね。①・③については来月の特別勉強会でのご説明リクエストをしております(個人的に考えられることはありますが、ドクターのご見解と同じかわからないので)

    日本の医療には問題点ももちろん多々あると思いますが、医療保険制度の完成度や医療費に対しての医療サービスのコストパフォーマンスの高さ、それに最悪の場合はお金が無くても治療を受けられる場合もあることなどは決して途上国なみとは言えないと思います。途上国(アメリカもそうかもしれまんが)ではお金・保険の有無が大げさにいえば生死を分ける場合もありますので。ただ、上記で仰っしゃられているように薬に関する日本の規制は厳しすぎると思います。ずいぶん昔に欧米諸国の日本への規制緩和要望の中で新薬の相互承認という話があったと思いますが当時から進歩しているのかどうか。欧米の製薬会社は大型合併を繰り返して規模が大きい分日本より1桁・2桁上の研究開発費をかけられるので競争力が高く、国内製薬会社のことを考えるとおいそれと市場開放できなのかもしれません。
    とはいえ、デルモベート・プロパデルムやキンダベートはグラクソの製品ですし、面倒ではあっても外資系が入れないことは無いはずですが。

    ドクターの治療を受けて再発した場合に、治療に問題があったのかあるいは患者側に問題があったのかは、2ちゃんねるの掲示板の書き込みから判断するのは難しいですね。書き込みの信頼性の判断ができませんので。

    医療も日々進化。
    そうですよね。10年後の日本に期待したいです。

    実は以前に「鶴治療院」のことでメールさせて頂いたことがあります。
    漢方薬でだいぶラクにはなったのですが、やっぱり生活に支障をきたすので、アメリカ治療にチャレンジしようかなーと思ってます。

    また色々教えてくださいね。

    102ndさんへ
    ありがとうございます。
    私も、こんな日が来るなんて想像も出来ませんでしたよ。
    健康な皮膚、なんて、忘れちゃってましたから。

    とっても良い記事でした!
    ゆかりさん、本当に良かったね。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。