プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    最近の状態

     最近は実は、とても調子がいいのです。
     というか、今までの中でベストの状態でしょう。
     最近涼しくなって、ぐっと調子が良くなり、皮膚が厚くなったんです。

     良くなった大きな原因としては、多分、アレルギー注射かな、と思います。半年から一年で、自分の体調に変化を感じるそうなので、一年ほどたって、突然、アレルギーを出した後の悪化が減りました。赤くなっても皮膚が薄くならず、引く時は赤みが引いて終わるようになりました。皮膚が損傷されないのです。
     この間、夫がマグロのお刺身を買って、ものすご~く油がのった所が二切れ・・・。あまりに垂涎モノだったので、一切れ食べちゃいました!で、案の定、一時間くらいしてブツブツしてきましたが、クラリティンを飲んでしばらくして、引いちゃいました。
     食べる量が少なかったのも大きかったと思いますが、今までアレルギーが出ると赤みとブツブツ、皮膚も掻かなくても薄くなって行っちゃっていたのです。それが皮膚の厚さが保たれるようになったのです。正直、多少掻いても平気なくらい・・・。
     これってアレルギー注射の効果かなぁ、と思いました。

     それとやっぱり汗の影響が大きかったですね。皮膚の二面がくっつく所は、どんなに拭ってもなかなか上手くいかず、赤くなってしまうのです。当然多少、痒みも出ますし。Tacを塗ってもウェットティッシュで拭いたりして、薬も取れてしまうんですよね。外出を控えて家でエアコンをつけても、トイレに行っては汗をかき、洗濯物を干しても汗をかき、という状態だったので、ちょっと大変でした。
     でも、汗をかかなくなったらぐっと良くなりました。

     しつこかった肘の内側もやっと柔らかくなってきました。ほぼ正常化しています。
     でもやっぱり大敵は乾燥で、乾燥するとちょっと引っかいたところがひび割れのように白く傷が入るので、そこが痒くなります。これは帰国する時にドクターに言われた事で、乾燥して掻くとそこがアトピーになっていくから、保湿をしっかりするように、という事です。
     もうさすがにプラスティベースはべたついてきているので、皮膚が不安定な所だけにして、ほとんどローションを付けるようにしました。
     足は付け根から足先まで、完全に正常化しました。しつこい膝裏も完治状態です。なので、ローションも無しにしました。
     入浴は、朝はもう入っていなくて、夜は美容も兼ねて20分浸かるようにしています。これは良くなっても続けるつもりです。

     そういえば前回まで掲載した記事を書いてくださった方は、もうまもなく帰国されますが、滞在中もTacも2回しか使わず、デルタゾン(プレドニン)の飲み薬もなし、汗をだらだらかいても完全に平気(←皮膚の厚みが正常化して、機能も取り戻している証拠)、アトピーはおろか、色素沈着も大半は消えてしまったそうです。
     苦しんだのは一体何だったの・・・?
     といった心境らしい。。。
     私はアメリカ滞在中、そこまで良くならなかったので、これは治るスピードの個人差ですね。男の人の方が、やっぱり早いような気がする。

     まぁ遅ればせながら、私も完治状態に近づいています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    お知らせ

     ドクターマセソンが来日して、特別勉強会を開いてくださる事になりました。詳細はアトピーアソシエイションのHPをご覧ください。
     治療を検討中の方には、とてもいい機会だと思いますよ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 



    スポンサーサイト

    COMMENT

    mimiさん
    丁寧に読み進めてくださっているようで、とても嬉しく思います。
    多くの方が無駄に苦しんでいると思うと、辛いです。私も無駄に苦しみましたが、その苦しみを無駄にするまい、と、ブログを書いています。
    白骨温泉での悪化は、もうすっかり良くなりましたよ!

    ここまで読み進めてきてオカピーさんの文章を読んで、これまでの苦しかったことと、怒りがこみ上げてきました。この治療法を支えていらっしゃる方々への感謝も沸きあがりました。この治療法がこれからもずっとアメリカで、そして可能ならば日本でも継承されるといいのですが。白骨温泉のその後いかがですか。

    おかぴーさんへ
    西洋医学の中ではアトピーの治療にステロイドは欠かせないですが、安心して使える、というのが日本の治療と全く違いますよね。
    ドクターはやっぱりすごいと思います。しかもドクターの治療、進化してるし!
    「浸透型強力ステほいほい処方どんどん祭り」
    のネーミングは笑えました。アトピーの患者さんが脱ステやステロイドを避けるのは当然なんですよね。2次的3次的被害も怖いですし、実際被害者が出ているんですよね。(おかぴーさんもそうですもんね)
    これ、何とかしないといけないと思いますよね。

    yasukoさんへ
    デルタゾンのストック、あった方がいいですよ。ドクターの指示が出たら薬の到着を待たずに開始出来ますから。

    私もドクター指示のステロイドの外用薬、皮が剥けません。日本のって、どんどん剥けて皮膚がうすーくなって行くんですよね。大きな違いだと思います。皮膚が厚くなるのを助けて、間違っても損なわないですもんね。

    ゆかりさんへ

    娘には帰国時のものは出ませんでしたが、ストックでデルタゾンはいただきました。人によってプレドニンが出たり
    デルタゾンが出たりするんですね~。知らなかったです。

    アメリカ治療で処方されるステロイドに関して、気づいた事がひとつあります。
    あくまで娘に使った感想ですが、
    日本で処方されたステロイドは、アルメタのランクでも
    (もちろん、それ以上のランクでも)炎症が治まる前は
    必ず皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚となるのですが、
    アメリカで処方されたステロイドを塗っても、
    皮が剥けることなく炎症が引いてゆきます。

    他の方がどうなのかはわかりませんし、私は薬に詳しいわけではないのですが、ステロイドでも「何かが違う」という事が明らかにわかった発見だと思っています。



    そうですね、誤解を恐れずに言ってしまうと

    「浸透型強力ステほいほい処方どんどん祭り」
    による人体の副腎皮質ホルモン生産機能への悪影響や同ステにより極限にまで抵抗力、免疫力を奪われた事実に起因する数々の感染症、合併症、内部臓器損耗、組織破壊、癒着など非常に恐ろしいのですが、

    かといって、独自の脱ステ強行によるさらに恐ろしい感染症、合併症、組織破壊、癒着、失明、失聴などの横行は、
    もっと甚大な被害を与え、最早適切な治療でさえどうにもならない傷跡を残す場合があるのがとても悲しいですね。

    僕は脱毛部分は組織破壊されていなくて助かったのですが、
    耳には大きな変形が醜く残り、また、色素が失われ皮膚が白い箇所も点在しています。

    娘にも自己責任で非浸透型ステロイドTACをひどい患部に
    1日使用しましたが、今のところリバウンドは無く、
    痒みも症状も炎症も治まってすやすや眠れるようになりました。
    今までは浸透型を処方されていて、それを使いたくないばかりに、大して効きもしない薬でお茶を濁す結果となり
    娘は痒くて夜中に毎晩起き、泣いてしまう結果となっていました。

    必要な時に必要なものを必要なだけ適正な方法で、
    医師の責任に措いて患者へのダメージは可能な限り小さく抑え、治療の最大限の効果を引き出す為、洗浄、保護、短期抗生物質投与など総合的にコントロールし、
    どんなタイプのステをどの程度使ったかがコントロール可能な錠剤と、非浸透ステの使用により、過去の影響のリバウンドの出る日程、時間さえも予測可能な程の管理体制。

    そういったプロフェッショナルに徹した治療と自己管理、
    セルフケアが学べ患者にもコントロール可能な
    発症させない方法論を身を持って体感する事が出来て、
    マセソン博士の治療を受けることが出来た事を
    とても幸せだと思います。

    この感想は僕個人の主観ですので、ゆかりさんのブログ内での攻撃は控えてくださいね♪
    どうしても言いたいことがあればmixiのおかぴーまでメッセ
    してくださいね。
    ただし、不毛な泥試合には付き合うつもりがありませんよ♪

    おかぴーさんへ
    コメント、ありがとうございます。
    ステロイドに触れると、必ず反発コメントや不愉快なコメントが入るので、先手を打って入らないようにしました。
    ステロイドを頑なに拒否するのって、アトピー患者にとってマイナスだと思います。要は薬の選び方、使い方、なんですよね。

    さすがです♪
    保冷剤戦法は重症の時に患部に当ててました。
    治療後の技として使うなんて、、考えても無かったです。
    また一つ勉強してちょっぴり賢くなっちゃいました♪
     

    本日の日記への書き込みです。
    そうですね。仰るとおりです。
    信じて行動するか、否か、はその人の自己判断で行えばいい。
    否だからといって、我々がこの治療で著しく軽快し、自身の
    突発的な症状の悪化などへの配慮、方法を学び、実証し、
    非浸透方式ステロイドを時には使用しながらもリバウンドの無い、効果的な対応を知っている事、それは紛れも無い事実です。
    僕の場合、アトピ~の写真などはあまり無いですが、治療中の環境や楽しんだ事を時に写真も使い、mixiというサイトで書いてあります。

    yasukoさんへ
    プレドニンはステロイドの内服薬です。デルタゾンも同じです。お嬢さんには出なかったのですね。出す人と出さない人がいるんですね。私は出されなかったですが、以前行かれた方は出された人がいたんですよ。基準は何だろう・・・?喘息とかかな~・・・。

    おかぴーさんへ
    汗コントロールですが、保冷剤を凍らせたのを携帯するといいですよ。職場で冷凍庫があればベストですが、汗をかいたらハンドタオルに保冷剤を包んで、脇など汗をかいている所に当てます。脇や首などアトピーが出来やすい所に動脈が走っている事がなぜか多いので、そこに当てると患部も冷え、ついでに動脈を通して血液が冷えて体を冷やしてくれるので、汗も止まりやすくなりますよ。お試しあれ~!

    ゆかりさま
    汗をかいたらこまめにウエットティッシュで拭き、
    可能であれば着替える。。。ですね♪♪
    了解であります♪
    いつも為になる助言有難うございます♪

    がびーん。。。写真、致命的なミスですね。
    特別ベンキョ会があってよかった♪
    えっと、ブレドニンなのですが端的に言ってしまうと
    内服ステロイドです、状態はいいと言っていたのに、
    この薬は何?って思ったのですが、確かにエコノミーの
    空間はそれが無ければ喘息になっていたかもしれないですね。僕にとっては飛行機の中はちょっと辛いかもでした。
    行きの機内では全く感じなかったのに、アトピーが軽快してセンシティブになってるんですかね。
    さすが僕の複合的症状、家族構成と軽快の様子を全て把握しておられるマセソン博士の指示ですからね♪
    あとは、急変に備え、やはりブレドニンを持たされています、僕の場合、子供がアトピーと喘息(軽いのですが)ですのでそういった影響も投薬に関係してるのかもしれませんね。もちろん、帰国後の調子も絶好調です。
    横浜自宅から自転車で行ける範囲で何とコストコがあることが判明しましたので今から早速自転車で緊急発進です!!!!

    ゆかりさん、おかぴーさん、
    娘はプレドニンって、出なかったです。何の薬ですか?
    ドクターが個人によって変えているんでしょうね。
    娘は飛行機の中の乾燥も、問題なかったですよ。

    おかぴーさん、
    ドクターとの記念撮影を忘れるなんて~!
    今や我が家の家宝ですよ!
    10月には忘れずにね!!

    おかぴーさんへ
    お帰りなさい~!何だか嬉しいわ。
    最近は帰国時にプレドニンを飲ませるんですね。確かに、機内は乾燥しているし、エコノミーの席は体が辛いですもんね。プレドニンを飲ませて予防するのもうなずけます。
    汗は、気候のせいが大きいです。ちょっと涼しくなりましたもん。
    汗の裏技、といっても特に無いのですが、外出時は、ウェットティッシュでふき取って着替える、というのが一番だと思います。ちょっと遠出をする時は、必ず着替えを持っていくようにしていますよ。おかぴーさんも一日お仕事になるでしょうから、汗、あまりかいていなくても予防的に着替えるのはお勧めです。衣服にもバクテリア、増えますもんね。

    ただいまです♪
    還ってきました。
    おかぴーです。

    僕のほうは昨日帰国しバタンキューしました♪
    今日は嫁と娘とお散歩でした♪

    ゆかりさん、いい具合なんですね~♪
    僕も自分の事の様に嬉しいです☆彡
    Yasukoさんのお嬢さんも良くなりんしゃい~~エイッ♪♪
    帰国前にドクターから初めてブレドニンを念のために貰い
    一応服用しております、もちろん調子は良いのですが
    飛行機の中とか、日本に帰ったばかりのタイミングで
    ちょっとお肌やアレルギーで不安定になる方が
    多いからですかね。
    僕は汗っかきなのでアトピーの症状が酷いときは
    体中全身染みて痒いやら痛いやらでもう大変だったのです
    また、僕も皮膚が触れ合う箇所で双方炎症が出て辛かったです。しかし今では
    「でんしゃい、でんしゃい、好きなだけでんしゃい」
    という具合で身体のどの部分も全く問題ない状態です。
    ゆかりさんの日記のなかで、汗をかかなくなったら、
    良くなった、という風にかかれておりますが、
    これは過ごしやすい天候になったということでしょうか?
    または、汗をかかない何らかの工夫をされたということでしょうか?僕はめちゃめちゃ汗っかきなので、もし裏技をご存知なら教えてくださいませ♪ くだらないことを聞いてしまってごめんなさい。
    ゆかりさんの好調がいつまでも上昇しますように♪
    P,S
    yasukoさんドクターと写真撮られたんですか?
    しまったぁ~  僕撮るの忘れた~~
    10月のベンキョ会で撮っていただきます~♪

    yasukoさんへ
    悪化は落ち込みますね。私も最初はものすご~く焦りました。でも、落ち着いて考えると、HPにも一年、と書いてあるし、すぐにドクターに頼る事も出来ますからね。
    大きく引き伸ばされたドクターかぁ・・・。素敵かも!

    ゆかりさ~ん!

    とってもいい状態になってよかったですねー♪
    遅ればせながら治療している私たちには、
    とっても励みになるお知らせです^^
    ちょっと悪化すると落ち込みそうになってしまうのですが、
    まずはあせらず1年・・と気持ちを切り替えるようにしてみます。
    アメリカでお世話になった皆さんと一緒に撮った写真を
    いつも見える所に飾ろうと思います。
    もちろん、ドクターの写真は大きく引き伸ばしてね^o^

    EDIT COMMENT

    非公開コメント