プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん1-3

     続きの3です。

     不用意なコメントを避けるために、コメントは入らないようにしました。ただ、もしその方への感想、お問い合わせ、相談したい、などありましたら、メールフォームを使ってください。私が目を通した後、その方にご連絡します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    と思いました。その後、色々な病院を廻りました。
    小さな診療所から、大学病院まで、、、、
    某大学病院では(SSSS)の名を出した途端、
    医師6人に取り囲まれ、
    その症例(SSSS)の疑いはあるけれど
    アトピーの場合も各部からブドウ球菌が多く見つかるため、
    アトピーの増悪と明確な区別が無い、
    その病気と認定すれば然るべく環境に隔離ですので、
    (SSSS)認められず、
    検査も上記理由により行う意味が無いと拒否
    などと、意味の分からない見解で結局のところ
    何の措置も無し、、、、と言うわけで
    日本ではバクテリア由縁の痒みや剥落、炎症を認めているが
    明確な区別が無い割りにアトピーとは切り離している、
    そして(AAJ)に似たような代替治療は行われない、
    と言う結論を得ました
    あるとすればアトピーによる入院、ステロイド投与。

    このように検討を重ねるに従い(AAJ)が
    雲の上の蜃気楼のようなものではなく、

    単にアメリカの科学的治療なのだという事が分かってきました。

    さて、このように患者自らとしての僕は数多くの段階と
    沢山の質疑応答を、自分の中で一つ一つ処理しつつ
    理解を深めていきますが、周りの方々はそういう訳には
    行きません。

    すなわち、妻と義理の両親、義理の妹の理解を得る必要が
    あるのですが、
    義理の妹さんは大学病院の看護師さんで、これまでも
    病院を紹介して貰ったりしており、
    義理の母は健康食品、自然食品などに凝っており様々な
    商品を勧めて下さったり、
    妻は妻なりに考えて、掃除の徹底、添加物の排除
    アトピーに良くないものの除去食、など、
    それぞれの方法で脱ステを応援して下さったものの
    この一見破天荒な海外治療なるものについては
    なかなか理解が得られず、

    日本で他に治療法は無いのか?
    もっと良く周りを探してみれば?
    費用面はどうするの?

    などの意見が出され、
    そんな中、当時オレゴンで治療中の患者さんとmixi上で
    知り合え、貴重な体験談やアドバイスを伺う中で、
    僕自身がきちんと代表者に話を聞いて、
    疑問点や具体的な情報についての答えを得たいと
    思うようになりました。
    結果的には、(AAJ)の代表明石さんの所に
    僕は僕の意図、妻は妻で疑念を持ったまま、二人で出かけ
    それぞれ感じたものを抱え、預けた娘の事もあり実家に行き、
    そこで義理の妹さんとあれやこれやを話し、
    結局はそこから家族へと僕の決意が伝わり
    また、妻や周りの疑念も晴れていきました。
    すこしづつでも前進すれば、何とかなるもんだなぁ~と
    思ったものです。
    それまでは、最悪の場合強行突破しかないのかと思っていました。

    それまでは、延々と出口の見えない真っ暗闇のトンネルの中を
    歩いているような感覚でした、
    絶え間ない痒みとイライラ、眠れずささくれ立った神経、
    そんな気は無いのに、寝起きの無意識に、
    バタバタする子供に向かって「うるさい!!」と怒鳴ってみたり
    家庭の雰囲気が剣呑なものになる事も数多くありました。
    なにかしら毎日をとても神経質に過ごしていました。
    しかし、

    渡米治療に希望を見出してからは、気持ちが軽くなりました。

    どうせ治るのなら、この一時的な痒みなど、どうって事無い、
    とおおらかな気持ちになれました。
    人間っていい加減なものだなぁ~と思いました。

    もちろん日本での治療法で治った方もいらっしゃると思います、
    脱ステで発症させなくなるまで頑張る方もいらっしゃると思います。
    しかし、ネットを見るとmixiの中でさえ、
    アトピー30年めですとか、
    脱ステ8年目です、10年目です、
    などといってる患者さんが居るではないですか?
    亜鉛で良くなると聴き試してみました、
    生薬漢方も煎じて飲んでいました、
    何が効いてるか分からない状況で
    闇雲に手当たり次第試す事にも疲れ、
    とてもじゃないですが、
    僕の場合、数年も働かず闘病生活は出来ないので
    こりゃ早期になんとかしなければ
    と言う思いで闘病生活を送っておりました。

    決意さえ出来てしまえば具体的な行動のみです。

    お金の工面、パスポートなどの手続きなど、
    多岐に渡り準備に忙しくなりました。
    半年近くの間、頑としてステロイドを使わなかったのが
    どうせオレゴンに来たら治ってしまうのだし
    当日、飛行機に乗れない程の酷い顔ではマズイので、
    アレグラを一日二回、そして、酷い箇所のみロコイドを
    パルス的に使用しました。

    そのようにして、今、僕はオレゴンにいます。

    こちらに来て3週間ほどになりますが
    こちらに来てわずか2日で効果を体感でき、
    良い意味でその状態が持続しており、
    リバウンドもなく、鼻や手のひらなどアトピーと無関係に
    思える部分まで良くなり、肺活量や抵抗力が着いたのも
    自分ではっきり実感できます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お知らせ

     ドクターマセソンが来日して、特別勉強会を開いてくださる事になりました。詳細はアトピーアソシエイションのHPをご覧ください。
     治療を検討中の方には、とてもいい機会だと思いますよ。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると励みになります。 
    ↑今回書いてくださった方も、ランキングを気にしてくださってます。是非応援してください。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。